宝塚版『天は赤い河のほとり』

頼んでいたチケット、「ごめん、取れなかった」の憂き目にあいながらも、なんとか頑張って行ってきました。頑張ったのは、主に私のお財布ですが。

で、うまいですね!

演出のセンスがいい。どなただろうと確かめたら、小柳先生でした。ちょうど大劇場を手がけるあたりで、私が宝塚を見なくなったので、初めてかもしれません。たいへん新鮮に感じました。たくさんの生徒さんを出してあげようという愛を感じました。

ショーは、『シトラスの風』。宙組20年ですって。懐かしいですが、ほどよく忘れていました。が、冒頭は、さすがにきます。ちょっと泣きました。

で、探しますね。好きだったコを。あのあたりにいたよな〜みたいに(笑)。20年経っても、体が覚えています。好きって、すごい感覚です。たぶん、『シトラスの風』は、二回しか見てないはずなんですが。それでも、「ここは、下手から出だったな」とか覚えているわけ! ヤバすぎます(笑)。

舞台をざくっと見渡しても、好きを更新するには至らず、それは幸いでしたが、こんな死都ブリュージュみたいなのはいけません。心臓によくありません。

すごく好きは、業ですよねー。呪いとも言えるかも。未だ解けず(笑)。

ともあれ、面白かったです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です