映画65『東京自転車節』

最近は、出来るだけミニシアター作品を見るようにしています。
シネコンにかかる作品のほうがお金がかかっていて、完成度が高いのですが、洗練される分、昇華されちゃっている気がして。

その前段階のまだ精製されていない何かに触れたい気がするのです。
というか、心に残るのって、ミニシアター作品なんですよね。

月曜日は、夜に易の授業があるので、その前に一本映画を見るようにしていて。今、見ておこうかな?は、『ライトハウス』なのですが、ちょいと重い。
『片袖の魚』は、朝しかやっておらん。

時間も場所もちょうどよく、『東京アベンチャーズ』に(見る順番で)勝ったのが『東京自転車節』です。

出稼ぎウーバーイーツのドキュメンタリー。
私が知らない、知りようがない世界が広がっていました。

未消化です。でも、たぶん、これは、忘れないな。ずっと心に引っかかって残りそう。

作品としてはねー。うーん、ムダも多いよね。
お友達がたくさん出てきて、「映画作るから出てよ」みたいなやりとりもわかるし、そこもリアルなんだけど、すべて風景処理で回収が出来ていない。イージーでもったいない。
走行中の自転車にカメラをつけるという必然性で、すごく酔う。
後半だいぶ解消されてきますが、前半の気持ち悪さが消えない。これは、私の年齢もあるかも。

あと、アメブロにも書いたけれど、「焼野原」はちょっと違うだろうと思う。
同様に、言葉がまったく残らないんですよね。これは、面白い経験でした。

映画を見ている時、私はメモを取れるようにしています。
いい言葉があったら、書き留めます。たとえば、竜そばなら、
「私を導いて」とかね。

話が進むと忘れちゃうから、メモは取ります。でも、言葉は残らなかった。
で、「焼野原」は違うよ、それは、私たち、見てないよ、体験してないよって思いました。そんな風に、イージーに重ねちゃだめだよ。

今の言葉、今の時代、今の感覚で。生き抜くステージが違う。

それはそれとして、私の知らない今の日本、2020年から2021年のこととして、
心に残る作品です。

どんどん追い詰められて、どんどん怖くなっていって、でも、舞台挨拶では、感じ良さ、人の良さみたいなところに戻って行って、それも、大変興味深かったです。昔、大好きだった友達がアメリカに留学して、戻ってきたら、「こうしたい」「これを食べたい」ってハッキリ意見が言えるようになっていて、わー、すごく素敵になったと思ったのに、わずか数ヶ月でもとの「なんでもいいよ」に戻ってガッカリしたのを思い出しました。

追い詰められて、変容したのに、また、何事もなかったように元に戻っていく。それが、今の日本なのかも。ふふ、年取ると、ヘンなところが気になりますね。この辺り、へえならば、東中野ポレポレへ。監督の挨拶つきで、大事に、丁寧に上映されています。

2021年映画1.約束のネバーランド2.ジョゼと虎と魚たち3.ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年4.100日間のシンプルライフ5.さんかく窓の外は夜6.天国に違いない7.名も無き世界のエンドロール8.アート・オン・スクリーン/天才画家ダ・ヴィンチのすべて9.アート・オン・スクリーン/ピカソがピカソになるまで10.劇場版「名探偵コナン 緋色の弾丸」11.マーメイド・イン・パリ12.聖なる犯罪者13.天外者14.ライアー×ライアー15.ファーストラブ16.すばらしき世界17.あの頃。18.MISS ミス・フランスになりたい!19.あの子は貴族20.ラーヤと龍の王国 21.太陽は動かない22.花束みたいな恋をした23.ターコイズの空の下で24.ステージ・マザー25.藁にもすがる獣たち26.ヤクザと家族 The Family27.野球少女28.シティーコップ 余命30日?!のヒーロー29.ブレイブ-群青戦記-30.すくってごらん31.シン・エヴァンゲリオン劇場版32.ベイビーティース33.水を抱く女34.SLEEP マックス・リヒターからの招待状35.ノマドランド36.まともじゃないのは君も一緒37.ドリームランド38.アンモナイトの目覚め39.21ブリッジ40.SNS-少女たちの10日間-41.パーム・スプリングス42.ビーチ・バム まじめに不真面目43.砕け散るところを見せてあげる44.くれなずめ45.ジェントルメン46.ファーザー47.ブックセラーズ48.クルエラ49.5月の花嫁学校50.アメリカン・ユートピア51.トゥルーノース52.ベル・エポックでもう一度53.スーパーノヴァ54.グリード ファストファッション55.ザ・ファブル 殺さない殺し屋56.Mr.ノーバディ57.夏への扉-キミのいる未来へ-58.ブラック・ウィドウ59.竜とそばかすの姫60.ファイナル・プラン61.17歳の瞳に映る世界62.83歳のやさしいスパイ63.シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち64.プロミシング・ヤング・ウーマン65.東京自転車節

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年7月27日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃