章月綾乃のホームページ

 占い、心理テスト、開運メソッドの研究、執筆など。

  お仕事のご依頼、お問い合わせは、こちらへ shouzuki.ayano@gmail.com

星占い後半6星座
天秤座さんのこと。

天秤座は、愛と美の星・金星を守護星に持ちます。
バランス感覚に優れ、争いごとを嫌います。
欠点としては、優柔不断で迷いやすいといわれています。

が、毎度の体感なんですけれど、天秤座の人は、対極にある牡羊座を連想させます。
柔らかいけれど、強いのです。

明けの明星は、ラテン語でルシファー。
西洋教会においては、サタンとなります。

キリスト教以前の神は、悪魔とされていた名残ですが、このあたりにひとつ秘密があるのかもしれません。

個人的に面白いと感じるのは、このエピソード、同じ金星を守護星に持つ牡牛座では連想しないことです。

ここに、私は、天秤座の特徴を強く感じるのです。
バランスを取ろうとするからこそ、アンバランスが際立つというか。
何かひとつあるような気がいたします。
非常にこぎれいにまとめる分、意外に苦しいんじゃないかなって感じるのです。
でも、見た目がキレイなら、案外OKなんですよね。天秤座さんは。
美しくあろう、生きようとする意識が強くて、そこが存在意義になります。
え?って思う天秤座さん、もしも、みっともないことするくらいなら???
それなら、やらないほうがマシって思うでしょう?

美しく、正しくあるために、戦っている人。
それが私が考える天秤座さんです

蠍座さんのこと。

蠍座さんは、面白いんですよね。
自分を異端だと思っていらっしゃるフシがあります。
人と違うような気がする、だから、いつも普通を探っているような気配というか。
その結果、物静かな空気を身にまといます。

また、暴走というキーワードもありそうです。
ガーッと行っちゃう感じ。誰にも止められません。
おそらく、ご本人にも。

淡泊か、執着かといえば、確かに執着なのですけれど、一周回って勢い余って、淡泊になっちゃうケースもあるというか、達観というか。

プロだなとも思います。
そして、そのプロ意識は、本質にしか向かいません。
たとえば、アーティストの作品作りです。作品を作ることだけが、人生の最優先事項であり、それ以外は、案外どうでもいいというか。
これが、天秤座さんなら、「いかにもアーティストな自分」をイメージして売り込みますし、射手座さんなら、認知フィールドの開拓も視野に入れるでしょう。海外進出をもくろむというか。
蠍座さんは、もっと純粋、もっと不器用、作品を作れれば、それでいい的なところがあります。

いいものが出来たとき、手放すかどうかという話でもありますね。
一番いいものは、置いておくのはないかと。
集中と執着、この2つのキーワードは、確かに蠍座さんの一面を表します。

死と再生にも関わると考えられています。
死と再生、いきなり重いテーマです。
こんなの、生まれながらにして背負わされてしまうわけですよ。
でも、重荷を背負っている割には、非常に軽やかですよね。軸が決まっているからではないかと思うのです。自分の軸はココ、そう思うからこそ、自立することが出来ます。

意識のベクトルは、過去。
これも、面白いところです。かつてあったものを大事にします。
既知というのが、ひとつの指針になります。

やはり、燃える星の生まれなのだと思いますよ。水の象意ではありますが。
イメージとしては、深み。底から湧き上がるエネルギー。

お子様向きの占いを書くとしたら、「あなたは、奇跡を起こせる人」って書きます。ハイ。