一天地六

一天地六? いってんちろく、と読みます。

あたまに?が飛び交うでしょ?

サイコロのことです。

一の目が天を仰ぐと、地は、六。だから、一天地六。

「一天地六占い」

なにがなんだか(笑)

が、このケムに巻いた感じがなかなかよさげので、いつか使います。

「乾坤一擲 けんこんいってき」の大勝負も、サイコロのイメージ、乾は天、今回は地。

しかし、サイコロは、あと四面しかありません。八卦は、あと六残っています。

兌離震巽坎艮は、どうなるの? ハミ出すよ?

まてまて、方位で考えれば!

雌サイコロは、東は震で5、南は離で3、西は兌で2、北は坎で4。

雄サイコロは、東は震で5、南は離で4、西は兌で2、北は坎で3。

んん?

後天八卦「乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤」

先天八卦「乾・坤・震・巽・坎・離・艮・兌」

なんかこれ、見えない仕掛けがありますね。もう少し考えたらわかりそう! 外れるのは、巽と艮かあ。うーむ。天地の目の合計が7になるのも、呪術かかっていますし、なかなか楽しい!

サイコロ

ぼんやりハートサイコロを眺めていたら、「正逆がある」と気づきました。普通のサイコロも、3を手がかりにしたらわかる気がしますね。

サイコロに、雄雌にちょっと気をつけて。

3は、右上がりが正しく、2は、ハートサイコロは、左上がりですが、右上がりもあるみたい。

左が過去、右が未来にも、2左上がり、3右上がりなら、感覚的に合ってますよね。数字のパワーとして。

正逆にも取ったら、だいぶリーディングに深みが出ますよ! 楽しみ!