映画10/100「来る」

うまいよね、みなさん、上手。空虚さ、逃避、孤高、うまい。冒頭の地方の閉塞感も、よく出ていて。本当に旦那の実家は、「いて」だから。うまい。

たださ、後半ギャグだよね? もう、声を出して笑ってしまったよ。昨日の湖の仲間だよ。

友人が「あざとい」という表現をしてましたが、そんな生温い言葉では、追いつかないと思います。んな、神道やら、仏教やら、ユタやら、イタコやら、てんこもりで祓うなんて、ないでしょ? どんな化け物で、どんな異界だよ? んな、やばさ、個人を狙わないよ!

いやいやいや、渾身のギャグだよね、これ。逆に、冒頭の繊細さのまま、日本の闇を描いてくれたら、たぶん、素晴らしい名作になったはず。いい役者、恵まれた資金力があるのに、なぜ、こうなった? ギャグにしないとやばいもん、呼び覚ましたから?

もったいない!

信頼できるクズ、いい言葉。かわいかったです。

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋7.シュガーラッシュオンライン8.くるみ割り人形と秘密の王国9.緊急検証! THE Movie ネッシーVSノストラダムスVSユリゲラー10.来る

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です