日々のこと

章月綾乃の日々のこと。

ブログ一覧

印刷博物館「天文学と印刷」展

去年の暮れから訪問を計画しては、流れ続け、いよいよ今週末で終わりなので、気合い入れて、タクシー飛ばして行きました。打ち合わせ終わりに雑談してしまい、17:30までの入館が危うかったのです。

17:10くらいに乗ったタクシーの運転手さんは、かなり若く、イケメンでした。「お若いですよね?」と聞いたら、23歳だって!

若い! が、新卒のタクシードライバーさんは、増えているそうです。そうなんだ!

運転手さんのいて座パワーのおかげで、間に合いました。やったあ! ありがとう、若人!

が、焦りすぎて、10分くらいで回ってしまいました。ありゃー? いや、じっくり見たい内容で、じっくりには、絶望的に時間が足りませんから、まあ、こんなものかもしれません。

西洋から東洋へ。天体から暦へ。なかなかかわいく、貴重な展示でした。

お昼をちゃんと食べられなかったため、飯田橋でへぎそば屋さんに吸い込まれました。ひとり宴会状態に! 幸せでした。

凸版印刷さん、初めてうかがいました。お世話になっています!

図録は買ったので、ゆっくり見ます!

戦利品

映画13-14/100「日日是好日」「葡萄畑へ帰ろう」

映画のスケジュール調整、時間のパズルをやっていたら、月イチの易のクラスをすっ飛ばしてしまいました。あああ!

リカバリー、できるかなー? わからんなー。もう仕方ありません。

さて、「日日是好日」は、黒木華さんと樹木希林さんの往復書簡のような世界でした。いやー、ついさっきまで、あなた、ぼぎわんと戦ってましたよね???

静かな世界、和の世界。笙に戻りなさい、言われたような。美しい世界。

見て思ったのは、茶の道へ進むのは、キャパ的に無理だから、私は、樹木希林さんのように、大人になろうと思いました。が、その矢先、易をすっ飛ばしたことを知り、無理かも、と思い直しました。

「葡萄畑へ帰ろう」は、かつてソビエトに属していたジョージア映画。なかなかポカーン作品でしたが、ま、自然は美しかった、女性も美しかった、です。

肖像画、アレでよいの?だけが、気がかり。

さて、14本。なかなか飛ばしてます。が、易、やばーい! いかに時間のパズルに悩まされているか、伝わります?

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋7.シュガーラッシュオンライン8.くるみ割り人形と秘密の王国9.緊急検証! THE Movie ネッシーVSノストラダムスVSユリゲラー10.来る11.アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング12.迫り来る嵐13.日日是好日14.葡萄畑へ帰ろう

『ぼぎわんが、来る』

映画「来る」の原作を読みました。

映画「来る」は、あまりに荒唐無稽な祓いに、壮大なギャグ判定で終わりましたが、ハッピーエンドに見せかけて底辺に流れている価値観がヤバい「アイ フィール プリティ」、2時間以上、陰鬱な雨が降っている「迫り来る嵐」を見た結果、アリになりました(笑)。

で、友人が「原作はいい」というので、怖いのヤなんだけど、頑張って読みました。最初にぼぎわんが、来た瞬間に黒猫さんが鳴きまして、きゃああ、しゃれにならん!と思いましたが、そこがハイライトで、あとは、さほどでもなく。

まず、伏線がわかりやすい。誰が魔を呼びこんだかは、すぐにわかります。だから、後半の災いも、てっきり、最初のきっかけを同じ立場の別の人物が呪いをトレースしていくのかと予想したら、全然違いました。たぶん、そっちのほうが怖いと思うんだけど。まあ、それも、ありふれた手と言ったら、ありふれているかもしれません。

また、映画で、「あ、ここから別ルートだな」は、当たってました。映画はちょっと強引で、荒いんですよね。

民俗学アプローチは、わりと馴染みがあるため、さらさら流れていきますし、困ったことに、私、意外に耐性がありますね、ホラー小説に。あら、これ、サスペリアも、イケるかしら? どうかしら?

「アイ フィール プリティ」は、ただし美女に限る、な暗黙メッセージが心底ヤバいと思います。たぶん、良心的に作ったら、ヒロインは、あんな毒のあるキャラじゃないはずで。ビッチとセクシーの区別がつかないとか、ないですから。

不安定なリリーの手の使い方は、美しかったです。

また、ヒロインより太っている私が言うのもなんですが、「しのごの言わず、走って痩せろ」とまず思いました。わあ、天から唾が降ってきたあ!

「シュガーラッシュ オンライン」といい、「アイ フィール プリティ」といい、アメリカの発信、ちょっと狂っている気がしますね。狂いを止める人も内部にはいるはずなんだけど、作品に反映出来ないんでしょ?

しかし、映画には、サービス精神が必要だと思いました。伝える努力、というのかな? 数見ると、いろんな視点が持てますね!


映画12/100「迫り来る嵐」

灰色。どしゃぶり。

しかし、寒波落とし? えー? もう何がなんだか?

雰囲気映画の揶揄も、ごもっとも。二本連続で、ハズすとつらい。

失意もわかるし、足掻きもわかるけれど。ヒロインは、懐かしい感じの色気があり、露出も抑えられ、悪くはなかった。

が、死姦を連想し、何で見たんだっけ?で記憶をたどると、それは、amazonプライムで見たネオン・デーモン。ネオン・デーモン、なんか強い。

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋7.シュガーラッシュオンライン8.くるみ割り人形と秘密の王国9.緊急検証! THE Movie ネッシーVSノストラダムスVSユリゲラー10.来る11.アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング12.迫り来る嵐

映画11/100「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」

うむ。思ったような話じゃなかったよー!

明るく、カラッとしたやつが、見たくなり、無理やり詰めたけど、「あれ???」でした。

ヒロインが、かわいくない。どうしたらいいの?

性格、悪いよね? いや、全然、すっきりしないよ、気持ち悪いよー。ただのナイスバディな美女になったら、やりたいこと、だけじゃない?

一応、筋は通っているし、リリーは魅力的だけど、なんかもう、スッキリしない。もっとかわいく作れるんじゃないかなー?

美醜にこだわらず、自分の価値は自分で決める、といいながら、レッドカーペットを歩く選ばれた人たち至上主義の価値観。うむ、なにももらえない、生かせない。

で、これ、惹かれたのは、要はウエストサイドストーリーなんだよね。毎日少しずつ見ている「ララランド」も、女の子四人にぐっときていて。

どうも、そこに鍵があるみたい。ま、焦らず、じみじみ、やりますよ!

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋7.シュガーラッシュオンライン8.くるみ割り人形と秘密の王国9.緊急検証! THE Movie ネッシーVSノストラダムスVSユリゲラー10.来る11.アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング