日々のこと

章月綾乃の日々のこと。

ブログ一覧

空亡、のようなもの。

faniconにも書いたのですが、こちらにも。

歌舞伎座で歌舞伎を見るつもりで行ったら、和太鼓ベースの能もどきが展開されていて、苦笑い、という図は、すでに、私の中に約束事がインプットされているから起こるわけです。

お約束をしていない人は、「わあ、こんなのもあるんだ!」で素直に受け入れられます。約束と違うじゃないか!は、そこで、おしまい。

どちらが正しいのか。どちらが楽しいのか。

んなことではなく、ひたすら、コレジャナイ!なんだけど。老舗料亭に行ったら、創作和食が出てきたみたいな。ここで魚食べるなら、オレンジとオリーブオイルじゃなく、塩でいいんだけど!なわけですが。

良くも悪くも、制約がない空亡みたいな状態なんですね、今の梨園。たまにしか行かない私、たいして見ていない立場でも、よくわかりました。

空亡、いわゆる天中殺は、シフトチェンジのチャンス。ガチガチのしきたりをぶっ飛ばして、新システムが作られていくのでしょう。

今回、玉三郎さんは、ご自身の最大の武器である美を捨てます。美が消えると、彼である必要がなくなるわけなんですが、それもまた、なにかを象徴している気がします。たぶん、古典の世界でやったら、捨てても、なお、美しく、なお、もの狂おしく、胸に迫り、切なかったはず。しかし、ご自身が慈しみ、育て、満を持してぶち込んだ鼓動ワールドは、ものの哀れみたいな要素とすこぶる相性が悪いのです。そこにもまた、玉三郎個人ではなく、作品を評価して欲しいという切なるものを感じるんですが。こういう強引さしかなかったの?と冷静に処理をしつつ、また、だから、新作でならやるけれど、古典では頑なに拒む、みたいな、才ある人の美学、美意識もあるのでしょうと忖度したりして、玉さまを止めて、いや、止まらんねと諦めました。

ご自身のショーでやればよろしいものを歌舞伎座にぶっこんでくる、それを許しちゃう松竹さんがいて。

私自身は、今はノーサンキュー、失せにけり待ちだけど、これ、定番化したら、慣れちゃうかもしれないし、すでに、日本のカルチャーは、かつての聖域を二次元化して消化し、クールジャパンとして再構成しているし、そういう混沌と境の喪失、再設定の時代に生まれた私たちもいるわけで。

ま、何があっても、江戸から明治ほどのぶっ壊れ感、なんじゃそりゃは、ないわけで。歌舞伎見に行ったら、和太鼓大フューチャー、能もどきだったくらいで、わさわさオタオタしてては、いけませんね。

しかし、松竹さん、叱られているでしょうね。ご贔屓筋に。また、よいよい、好きにおやりと鷹揚に受け入れる方もいらっしゃるでしょう。

つまり、これ、今が空亡みたいなもの、ということ。歌舞伎は現の写し、私たちの世界が変動していく、している証なのでしょう。

猿之助歌舞伎のときは、どうだったのかしら? あのころは、私はまだ若く、古典も新作もわかってなかったですから。

蜷川さんも、浅利さんもいないんだよなーと、連想は広がりつつ〜。

今秋は、やたら舞台を見ます。また、書きます。

歌舞伎座へ。

歌舞伎座九月は、渋い。坂東玉三郎さんは、至高の美。

私の中の絶対法則。ずっと。

気持ちは、わかります。大人の事情もわかります。

が、玉さまを見たい!な私が、「能だ、能! 能楽堂に行きたい!」になるのは、いかがなものでしょうか?

うん、ゴムゴムもあるよね、アマテラスの昔からこれが、ゴールだったよね、うん、わかるよ、気持ちは。

昨今、ありえない長さの登場時間も、かわいいかわいい鼓動のため。かわいいかわいいかわいいから、白拍子だけど、朱を着ちゃう!

能楽の幽玄は、やはり鼓。和太鼓じゃない。能管は、もっと響く。魂に届く。

歌舞伎座じゃなきゃ、まだなんとか、かな?

秀山祭、これから、コレなの?

能は、鎮魂。今宵の私にも、必要みたいです。

大昔に見た山本寛斎さんの和太鼓×滝を思い出しました。あれ、和太鼓叩いて、滝出したかっただけやん!な仕上がりでした。あまりに贅沢で、忘れられませんが。

きょうのも、鼓動出したかっただけやん!な仕上がり。玉さまも、きっといろいろあるのよね。

しかし、「失せにけり」待ちしたの、初めてだからね!

辛気臭くてニガテだった俊寛は、ちょっとうるっときました。やっぱ、加齢ね!(笑)

大事なことはみんな猫に……

おはようございます。

易の先輩に「あなた、人間、5時間寝ればなんとかなるのよ」と熱く説かれ、
そうか、そういうものかと気を付けている毎日です。

が!!!

5時間って、難しい!

もともと、私は、ロングスリーパーだったのですが、猫にナーナーいわれるうちに
ショートスリープを覚えたらしく、体が3、4時間で起きてしまうようになりました。

寝ようと思っても、5時間ぶっ続けが出来なくなっているのです。

なんだこれ?

さて、今朝、ひらめいたことを2つほど。

1つめ。
毎朝、グルさまに挨拶をしております。
ずっと「私がしてしまった間違いについて。ごめんなさい」と話しかけていました。
ありがとね、も言っているけれど、ごめんなさい、子供たちと引き離して、は、わりと欠かさずに。

でも、今朝は、自然に「あなたも、あの時間が気に入ってくれていたら、また、いつか会いにきてね」って言えて、似たようなことは、ずっと言っているのですが、前提が違うというか。

そしたら、合わせている手の内側がふわっと暖かくなって。
ああ、グルさまは、私に会いに来たがっていたのだと、やっとわかったのです。

メロドラマみたいだけど、会えたら、きっとわかります。ああ、グルだ、グルが帰ってきたって!

小さな、かわいいグル。しげみのなかで、どこにいるか、すぐにわかったグル。
遠くにいても、呼びかけると、ひょこっと顔を出してくれたグル。
海が似合う猫。

私の大親友。

もうひとつは、好奇心と認知について。
この前、白ちゃんのケリケリで気づいたのですが、黒猫さんは大人になっていて、
旦那が不在の夜は、それほど、ワガママを言わなくなりました。気を使ってくれているのがわかります。

今朝も、朝4時近くに、ふと目覚めてしまって、「あーあ、5時間に届かなかった」って思ったのですが、トイレに行って、また寝直すために、長袖長ズボンに着がえたのですね。安眠を狙って、すると、するっと黒猫さんがやってきました。

「おはよー」で、きっと外に行くって言うだろうなあと思っていたら、何も言わずにベランダに出ていきました。ので、とりあえず、ベッドに入ったら、静かなんですよ。あれー?

でも、「あー、コレ、二度寝できないやー」って気づいて、ベッドから出たら、また、「ニャー」になって。でも、外に行く前に、猫トイレ掃除して、待機しているジジのごはんを出して……、ああ、きょうは不燃ごみの日だから、絶対に出さないと!でゴミをまとめていると、「行くの?」って玄関までついてくるので、「うん、ゴミだしたらね」で戻ってきて、すると、うにゃうにゃ逃げるので、「まてー」って乘ってあげて。

行きたいくせに行かないって感じになるから、無理やり抱いて、外を見ていたら、くしゃみと鼻水が止まらず、「すまぬー」で一回戻ってきて、そしたら、「もういい」って感じで去って行ったんですね。

すると、今度は最近、玄関の前のスペースがお気に入りのジジちゃんが
「アタシの番よね?」みたいになって、ジジは遠くにはいかないので、玄関だけあけてあげて、いつ黒猫さんが「なんだ、フリータイムか?」って来ても、すぐに抱けるように体制を整えて、ちょっと外気浴みたいにさせているのですが。

すると、上の階から早出のおじさんが「おはようございます」で降りてきて、ジジが「有事、有事!」みたいな感じですっ飛んで戻ってくるので、「おはようございます」してから、玄関を閉めて、ようやく、今朝の行事は終わったのでした。ア、テーブルの上の猫フード、取り換え忘れているけど、これ書き終わったら、やりましょうっと。

ダラダラ書いておりますが、要は、黒猫さんが落ち着いているという話なんですよね。

クシャミ、ハナミズで一回家に戻って、「うん、もういい」になるなんて!
前だったら、「行く、行く、ハナ、かんだでしょ? 僕、行く」だったのに!
外みて、「ふーん」って思って、「OK」になったんでしょうねえ。

好奇心の強さは、若さに関係があり、「知っているもの」になった途端、興味は失われます。

知らない!
何々?
面白そう!

これって、若さが原動力で、年齢と経験で落ち着いていきます。
黒猫さんの認知は、ラクはラクですが、ちょっと寂しい気もして。

というわけで、今朝は、「悔恨と謝罪ではなく、感謝と愛」、
「好奇心が大事」かな? 猫ねこネコライフ。おっと、ジジが来たので、この辺で。
まだ、朝行事が終わってませんでした、約15分膝にジジをのせるのです。頑張ります!

あー、そうそう、黒猫さん抱っこで思ったこと。
この季節になって、「わあ、猫ってあったかい」と。で、このあたたかさが、生体エネルギーなんですよねえ。あったかい。私も、暖かい人間になりたいです。ほわーん、ずっしり、猫。

白ちゃんケリケリ

一昨日、「わあ、うちの黒猫さん、もう4歳だった!」と気づいて、相当びっくりしたのです。

なんとなく、まだ、3歳だと思っていました。
どうも、その間違いが黒猫さんのプライドを傷つけたらしく、ちょっとギクシャクしております。

2015年9月、黒猫さんは我が家に来ました。
2016年11月、グル様を保護し、
2017年2月、グル様が旅立ってしまいました。
その二日後、黒猫さんの様子がおかしい、旦那がメソメソメソメソしているので、
シェルターから、黒猫さんと同い年のジジをもらってきました。

黒猫さんも、ジジも4歳です。去勢していますので、やっぱり子猫風味なのです。

が、昨日、正確には、今朝、あくまでも「風味」であることに気づきました。

それは、ご近所猫の白ちゃんが「かまって、かまって、僕カワイイでしょ?」で
ゴロンゴロンしたときに、わかりました。

黒猫さん、ちょっと世間知らずなので、猫を見ると、「おい、尻のニオイかがせろや」をするんですよね。偉そうなわけ。
猫のマナーとして、まず、鼻チョン、それから、尻確認だと思うのですが、最初の鼻チョンを気楽に破ります。

で、これまでは、白ちゃんも、はっちゃんもチビっこだったので、黙って嗅がれていましたが、最近は彼らも大きくなって自我も発達し、「やなこった」をするわけですね。
黒猫さん、自分が無礼なくせに、「シャー」言ってます。
あんた、それじゃ、モテない男だよ……。

仕方ないので、最初に私が、ご近所猫をあやして、スキを見て尻嗅ぎに持ち込む姑息な手を使っているのですが。まあ、成功率は30%くらいです。そもそも、黒猫さん、私に抱かれてますしねえ。そう簡単には参りません。

で、ここが本題なのですが、昨日、白ちゃんをあやしていたら、じゃれながら、私にケリケリをかましてきたんですよ。

ケリケリ!!!!

ついぞ、見てないぞ、そんなの!!!

もう懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

ケリケリ!!!

子猫っぽさが抜けないなーと感じていましたが、黒猫さんも、ジジも、人間に換算したら、もう30代、それなりに落ち着いているんですねえ。

まもなく、黒猫さんと暮らす4年目に入ります。
ジジちゃんは、2年目。

ずっと一緒にいられるといいのですが。睡眠2時間、3時間で起こされても、
旅行に行けなくても、猫との暮らしを選びます。相当、削られていますが、もらえるものも大きいです。

猫は猫に生まれ変わる、は、本当なのでしょうか???
ずっと猫のまま、まあ、人間になるなんてまっぴらさ!って思っていそうですが。

ベローチェのふちねこ、欲しかった箒に乘ったベビーを手に入れました。
今回は、そんなに萌えません。だって、うちの黒猫たち、コスプレなんてしないもの。裸で勝負! まあ、キャンペーン中は、見つけたら入りそうですが。ベローチェやシャノアールに。わざわざ遠回りしても好んで入ります。とんだ猫バカですね。あはは。

 

ちえの樹「小泉茉莉花先生の『ルネーション占星術』」講座

昨日は、久しぶりに早稲田へ行きました。
あまりに久しぶりで、「前に来たのはいつだっけ?」と考えるほど。

ほんの数年前までは、MistyやMyBirthdayの企画記事のために、毎月のように足を運んでいたのに、遠ざかったものです。進行中のお仕事もありますが、以前ほどの頻度、つながりはないですね。寂しいけれど、これも時の流れ、時流、人の縁の動き、仕方がないのだと思っています。

さて、目的は小泉茉莉花先生の『ルネーション占星術』の講座です。
三回企画の第一回になります。

三回は、ちょっと時間的、予算的に厳しいので、とりあえず、一回だけ参加しました。昨日は、『自分のことを知る』がテーマです。

カギになるのは、月齢。私は、新月から一週間以内、月齢5あたりで生まれています。

1、ニュームーン……………………いわゆる新月。月齢0~月齢3
2、クレセントムーン………………イメージは、三日月。月齢4~6。
3、ファーストクォーター…………三日月から半月、上弦の月。月齢7~10。
4、ギバウスムーン…………………上弦の月から満月直前。月齢11~14。
5、フルムーン………………………満月。月齢15~18。
6、ディセミイティングムーン……満月の後から半月へ。月齢19-22。
7、サードクォーター………………半月、下弦の月から二十六日月へ。月齢23~25。
8、バルサミックムーン……………二十六日月から新月へ。月齢26~29。

ざっくり、こんな分け方だそうです。
ルミネーション、いろいろな先生が提唱なさっていて、それぞれ
呼び名が違ったりするそうですよ。

月の満ち欠けを8つの段階にわけて、それぞれの性格のお話をうかがいました。
次回は、運勢の流れ。運気の活かし方だそうです。

この講座によい刺激を受けて、私もイメージが膨らみました。

8つではなく、4つの段階。
新月、満ちる月、満月、欠ける月。

これを太陽の星座と月の星座にフォーカスして読んでいくのです。

また、月の満ち欠けは、光と闇の捉え方で考えると、かなりわかりやすくなります。
闇から光へ。
光から闇へ。

楽しい講座でした。
連続講座ですが、途中参加も可能ですし、茉莉花先生は優しい方ですから、
「一回目、来てなくて」でも、「あなたの月宮はこれ、性格はこちら」から説明してくださいます。間違いない!

なので、「へえ、そんなのがあったのかー。行きたかった。知りたいよ、自分のこと。運勢のこと」ならば、二回目からの参加も大丈夫ですし、三回目だけ行くもアリです。

月の満ち欠けは、神秘的で興味深いですね!