日々のこと

章月綾乃の日々のこと。

ブログ一覧

くたくた

昨日は、お子様がいるおうちにうかがいました。

帰宅するころには、くたくたに。

なのに、朝からジジとチャムで動物病院、夕方も、くーで動物病院へ。これはもう破綻します。

早くこのターンが終わりますように。くたくた。

2020年3月15日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画13『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

期待と違うという前評判は、読んでいました。外す予感はしていました。

が、チラシがかっこよかったので、見に行きました。入りはガラガラでしたが、ポイントは使えず。でも、時間がよかったので、TOHOシネマズで。Fukushima50でも良かったのですが。

予告を見比べると、ミニシアターよりTOHOシネマズが圧勝でした。が、いざ、見てみたら、スクリーンがデカ過ぎでした。これは、ミニシアターで見るべき作品でした。

で、まー、長い。

丁寧だけど、まだ、そこ? いつ、話が動くの?で、何度も座り直しました。欠伸をしました。

なんで、こんなに丁寧なのさ?

同性愛には、なぜ?が必要なのかな? 

ラストはかわいかったし、みなさん素敵なんですが、長かったという印象です。長かった。

1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル12.ジュディ 虹の彼方に13.ジョン・F・ドノヴァンの死と生

2020年3月13日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画12『ジュディ 虹の彼方に』

本日、三本勝負の中、一番見やすい作り。

スターの栄光と絶望、孤独が描かれています。涙ぐみました。

ただ、作りが本当に昔風で。ジュディ・ガーランドをなぜ、今、蘇らせるのかは、わからなかったです。この辺りは、好み。私は、タランティーノ監督のように、昔の話を今作りましたが、好きみたいですよ。

で、最近流行りの映画の演劇的演出は、あまり好きではないです。映像には映像の力があり、舞台には舞台の力があり、似て非なるものだと感じるからです。ミッドサマーは成功してますが、あー、エチュードですねと思っちゃうからなー。難しいね。

ジュディは、うるっときましたが、作りは、非常にベタでした。きょうは、つーか、今年ナンバー1は、レ・ミゼラブルです。が、人を選びますね。万人受けはしないと思います。私は、好きです。

1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル12.ジュディ 虹の彼方に

2020年3月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画11『レ・ミゼラブル』

ジョージア映画のすぐ後に、フランス映画。非常に洗練されていました。すまん、丁寧より、説明不足くらいが好きなのよ。

ヴィクトル・ユーゴーの作品の舞台となった街は今、犯罪の巣窟に。新米警官が、事件に、いや、街の闇に巻きこまれていきます。

日本じゃありえない展開ですが、もしかしたら、近未来、こっちに寄ってしまうかもしれず。

誰も責任を取らない怖さ、怒りを描いた作品といえばいいのかな?

存在のない子供たちに近い、フィクションなのに、とにかくリアル。これは、じわじわ来る、非常に残る映画です。私は、小演劇みたいな結末のパラサイトより、こっちが好き。ラストシーン、いいところで切るんだよな、ここで終わったらかっこいい、で、ちゃんと終わります。すごい。


1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル

2020年3月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画10『ダンサー そして、私たちは踊った』

非常に丁寧に描かれた作品。ただ、ジョージア作品なので、価値観がちょい昔過ぎて、懐かしい話を聞かされているような、不思議なスリップ感があります。

子犬、捨てられたチビ犬メンタルの主人公。

これは、自宅で見たら、早送りしちゃうかも。中国映画の芳華のまどろっこしさに似て。このあたりは、ハリウッドのスピード感に慣らされ過ぎかもしれません。

切なさ、愛しさ、後ろめたさ。そんな映画でした。

1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った

2020年3月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃