日々のこと

章月綾乃の日々のこと。

ブログ一覧

『コインロッカー・ベイビーズ』

きょうは、ACTシアターへ。

遠方に住む友人がROLLYさんファンなので、よいチケットがきたら、譲りますよと申し込みました。あいにく、入れますよ、だけの席だったので、私が行きました。

10代の終わりの頃、原作が発表されました。

エグかったですよね。

バブル絶頂期に、こんな狂った世界がメジャーになり、私の世界観は、完全に歪みました。この作品で、歪んだと、今回よくわかりました。村上龍さん、天才だな!

また、頭がおかしい人も、いっぱいいました。

まわりにゴロゴロ。だから、あの世界は、リアルで。

今回は再演ですが、若い出演者さんたちがどう受け止め、処理しているか、心配になりました。いまどきの狂い、闇は、これとは、異質ですから。

私が若かったころ、世界は、学生運動の痛みを引きずっていました。過去、なんだけど、終わっているんだけど!まだ、しつこく、くどく残っていました。

当時の私が、学生運動の芝居をやっても、「違う」と言われてしまうでしょう。だって、わかんないんだもん。知らないもん!

今回の作品、ナンバーとして残ったのは、一曲だけ。アネモネが歌う「沈む、沈む」。

そう。あのころ、頭おかしいキレイなコが、よくわけわかんないこと、言ってました。1999の前だったしね。

Wキャストは、たぶん、きょうと逆がハマるんじゃないかなあ? なんとなく。アンサンブルのレベルが高く、つい、パンフレットも買いました。まるで自担のように、ROLLYさんもしっかり見ました。ゴールドビキニが眩しかったです。ひとり、異界の人。いま、ロッキーホラーショー、見たいなあと思いました。

眼福は、アネモネ、山下リオさん。なんだ、あのファニーフェイスに、すっきりスタイル。ものすごく、キレイな子ですね。たぶん、昭和では、ありえないバランス!

メールして、とか、ガラケーとか、変に今に寄せないといいのに。意味わかんなかったなー。テレビがいまより、絶対だった時代のダーク・ファンタジー。リアルな悪夢、コインロッカー・ベイビーズ。

なんとなく、蜷川幸雄さんの演出で見たかった気がします。もう戻らない、昭和の空気。

 

うちの旦那の実力

ブルカラーな旦那、最近、パソコン教室に通うようになりました。
「13段階の2段階って言われた。まず、シャットダウンとかやらされる」と言うので、
それは、さすがにないだろうと思い、彼がもらってきたテキストの後ろにある問題を
出してみました。

「ディスプレイ、スキャナー、プリンター、印刷するときに使うのは?」

「スキャナー?」

!!!!!

パソコン教室の先生、うちのまるでダメ夫くんをよろしくお願いいたします。

!!!!!

朝3:33

ナーナー、起こされました。

待て、黒猫よ、私は昨日寝たのは、1時近くだぞ?

月曜は、大抵くたくたなので。

何故に、睡眠時間3時間で起こされなければならないのだ!

根負けして、なんとか体を起こし、外に出てみたら、細く美しい月が昇っていました。空気は、清らか。何か変わった感じがします。

夏の始まり、でしょうか?

ルドンカラーネイル

ルドン

 

 

 

 

 

 

 

 

ネイルを変えてもらいました。

なんだか懐かしい、何かすごく好き〜、その理由は、あとからわかりました。

こちらは、ポーラ美術館所蔵のルドンです。

色彩が、そっくりではないですか?

すごいですね、ネイリストさんの感性。素晴らしい。

ネイルのつけかえで、ずっとついていたので、久しぶりにTVを見ました。今回の大雨の被害の大きさに胸が潰れる思いがしました。

立ち上がれるだろうか、私が同じ立場なら?

立ち向かえるでしょうか? こんな未曾有な破壊力を持った自然に。どれほどの痛み、不安、犠牲があり、何を試されているのでしょう?

晴れますように。

一日も早く水が引きますように。

すべてが健やかに、正しく収まりますように。たくさんの救いと喜びがありますように。

 

気のせい?

この世界は、何層にもなっていると感じます。

常識だけで判断して、気が付いているのに気がつかないフリをするのは、おそろしいし、もったいないことだと感じます。

違和感、大事。

私は、占いを生業にしてますから、サインに敏感でありたいです。

いいんだ!

へんな人と思われても!

ま、普通じゃないし!

へんな人いないと、この世界、息苦しいでしょ?

自分の感覚に正直に、心が示す正しさを求めて進みたいと存じます。