日々のこと

章月綾乃の日々のこと。

ブログ一覧

映画3『ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年』

Bunkamuraで見るつもりでしたが、意外にも地元でやっていたので、
見に行きました。

映画鑑賞中に体が痛くなることが多いので、出来るだけ、
最後列、どセンターを取るようにしているのですが、
きょうは、先客がいたので、その一列前で、2席離して
席を取りました。

ら、2人で上映でした。
ぎゃあ、すまん。せめて、あと数列前に行くべきでした。

ルーブル美術館で開催されたダ・ヴィンチ展を夜間撮影した
ドキュメンタリー。
ダ・ヴィンチ担当のキュレーター2人のガイドつきで、
期待以上の面白さでした。
4部構成で、天才の軌跡を追っていきます。

絵画に命を吹き込む、感情や人物の魂を描く。
みなさまご存じのように、科学的なアプローチをし、
解剖や天文など幅広く知識を蓄えていく。
命の揺らめき、一瞬、現れる本質を捉えるためのたくさんの線、
そして、輪郭の消滅、未完という選択。
ラスボスのように、モナリザが現れます。

モナリザのモデルは諸説あるで情報が止まっていましたが、
もう確定されていて、過去に謎だったものは、だいぶ解明されていたのですね。
わー、科学ってすごい。というか、美術の研究って、もう異次元ですね。
下絵が読み取れてしまう時代、本当にすごい。

そして、一体どれほどの研究者が携わっているのか。
没後500年経っても、解けない謎、ルネサンスの天才。

繰り返し、「錯覚」という言葉が使われ、ユダは塩をこぼし、
マリアの母アンナの名前を初めて知りました。

面白かったです。
そして、来日したモナリザは見てますよ。全然、覚えてないけれど、
見たということだけ、覚えております。
1974年、6歳かー。そりゃ、覚えてないよ(笑)

2021年映画1.約束のネバーランド2.ジョゼと虎と魚たち3.ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年

ライブ・ビューイング・ジャパン : ルーブル美術館の夜 ― ダ・ヴィンチ没後500年展 (liveviewing.jp)

2021年1月18日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

落ちました。

ホリプロのミュージカルクリエイタープロジェクト事務局からのメールが来て、
さくっと落ちました。

連絡がないのが落ちたということ、察して!みたいな最初の告知を思うと、
ちゃんと連絡をくれたのはありがたいですね。

出したのが、9月。
今は1月半ば。この時間の中で、私もいろいろ考えました。
わあ、いろいろ錆びついているな―も思ったし、
出した後に別のものを書きたいと思ったけれど、
まったく時間がないことも痛感したし。

でも、また書きます。
そういういいきっかけだったと思います。
ご報告。

2021年1月15日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

春のように

おおらかで、ふんわりと。
春のような人でいたい。

占いを書きながら、そう思いました。
もう、仕事量が限界に近く、お正月で3日休んだだけで、
調子が狂ってしまって。
それでも、一週間、ジタバタやって、
ようやくカンが戻ってきたかなってところ。

で、気づいたのですが、全然、休めてないです。
年末に友人と会った、姪たちのプレゼントを買いに行った、
元旦に親に会っただけ。
ひょー!!!

年が明けてからは、6日のお能とネイルのオフ、
7日の鍼だけ。あとは、基本お仕事です。
これって、普通の人の週休2日のペースですよね。
で、自分のために何かした感じがない!

少し受注を減らせばいいのでしょうけれど、
このご時世、何かどうなるか、さっぱり読めませんからねー。
いただけるチャンスは出来るだけ、つなげて。
一番のお取引先様も、毎年、入れ替わるんですよー。怖いでしょー。

まあ、でも、占いは好きですよ。
ちょっと、違う次元でモノを考えられるから。

ただ、さすがに、占い書きも27年目になってきますとねー、
相当インプットしないと、アウトプットが出来なくなっていますね。

映画見て、漫画見て、本を読んで。
動画やTVは、作り手が決めた時間だけ使わないとキャッチできないから
ちょっと苦手。波長が合えばいいけれど、合わないと引き延ばされている感じがして、それがダメで、連ドラとか、気楽に脱落します。

ま、でも、ちょっと荒れていましたが、だいぶ戻ってきました。
春のような人でいたいです。そよそよ、ふわふわ、と。

2021年1月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

父の命日

母から「命日だからお墓参りに行きました」と
メールが来ました。

こういうところが、みずがめ座だなと思うのです。
報告するなら、誘えと思うのですが。
「お父さんの命日だね、お墓参りに行こうよ」的な
展開を待っているのでしょう。

が、そのホームドラマには、乗れません。

思えば、父が死んだ日、私は別の方のお葬式に参列していました。
父が死んだから、参列出来たのです。
危篤状態だったら、無理でした。

思えば、薄情ですよねえ。
つれあいを亡くした母に寄り添わなかった。

働かない父、怒鳴る父、凄む父、暴れる父。
子供のころは、母が被害者だと思い込んでいましたが、
自分の感情だけで動いている同類だったと気づきました。

DVな父で、何度も殴られましたし、物も飛んできましたが、
それでも、かわいがられていたことはわかっています。
私は父に似ています。
それを母が憎々しく口にします。
「お前は、お父さんそっくり」

今は、もっと凄惨なDV家庭があるとわかっているから、
アレですけれど、うちも、まあ、なかなかでしたよ。

そういう一連の流れ、すっぽり抜けた感じで、
「お父さんの命日だから」とか、心底どうでもよくて。

そうね、「9日が命日よ」って言われていたら、
「じゃあ、お墓参りに行こうよ」って言っていたと思います。

私は、生まれ変わりはあると思っている人間ですが、
父は、また、生まれ変わるんだろうなあ。
次は、もうちょっと徳を積める生き方がいいね、
不機嫌まき散らすような生き方じゃないといいね。
家族を殴らず、萎縮させず、男の腕一本で食べさせる甲斐性があるといいね。

「すぐ」が出来ないと、怒り出す人でした。
だから、私の体内時計は、相当早回しです。
でも、そんなに「すぐ」じゃなくてもいいと大人になってから気づいて。
なかなか解けませんね。

たまに、くーが、父の生まれ変わりじゃないかって気もするんですよね。
人間ルートをやめて、猫ルートになって、
ただただ、かわいがられる、ただただ、優しくつながる関係を選んだんじゃないかと。

でも、気高い猫族、それはないかなー。
ま、こじれていますね。
父も相当子供だったと思うのですが、敗戦後の5人兄弟、唯一の男子じゃ、
仕方なかったかもしれないなって思ったりします。
敗戦、復興の中、大人になった両親、そこに育てられた私。
よく思ったなー。なんで弟が必要だったの?って。
弟がいるから、大学は諦めてと子供のころから言われ続け……。
適当に選んでいるから、荒れた学校に通わされて。

一番古い友達は、小学校一年の時のご縁で、
切れたり、つながったり、不思議な関係なのですが、
彼女としみじみ、「たいがいな環境だったよね」と言い合っています。

たいがいな環境だったと言い合える友達がいてよかった。

父の役目はなんだったのかなー?
好き放題やって、自分で自分の体を攻撃する病に倒れて、
父に似合う病気だったなと思ったりするのです。
とはいえ、それほど、闘病に巻き込まれていないのが、母の防波堤かもしれず、
ま、巻き込まれそうになったら、全力で逃げますが。
それくらいの自由はあるでしょう。あの地獄のような子供時代を生き延びたのだから。

父はもういない。
父と過ごす時間が、終わってよかった。
ありがとうもないわけじゃないけれど、まあ、ホント、たいがいでしたよ。

それでも、「命日よ」って言われたら、行きますよ。
「墓参りに行きました」の報告はいらない。暴力と怒声の記憶しか残ってない。

2021年1月9日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

見事なまでの正月ボケ

ぼんやりと中旬くらいだったよなーな、お仕事のメールを開いたら、
「7日までに」とあるではありませんか!!!
わああ、昨日だー!!!

いや、ヤル気はありました。
たまに進めてました。
が、一気にやらなかったのです。なんか疲れていて。

というわけで、きょうは青くなって、締切のつじつま合わせでございます。
年またぎのお仕事がいくつかあって、
まだ、ほぼ手つかずと言う恐ろしさ!

昨日、鍼の予約を人に合わせたら、
「コロナで行くのを見合わせます」となり、
自分的にはなんのニーズもないタイミングで行くハメに。

最近、体力がなさすぎて鍼の後に寄り道したり、おしゃべりしたりすると、
くたくたになるので。日時以外は、一人でよかったかもです。

鍼灸院では、「先生、もう本当にくたくたで、あちこち痛みが動くし、
肩が上がらないし!」と訴えて、肩を揉んでいただいて、少し回復しました。
が、今朝も、起きられない!!! 最近、猫も私に失望している気がします。

お正月に、少し緩めたんですよね。気を張り過ぎだったので。
で、緩めると、蓄積している疲れが出るわけ!

「先生、緩めたら、ここぞとばかりに疲れが出ます」とまた、訴えたら、
「無理が効くタイプだからねえ。そのうち、ポキッと行きますよ」
んなん、知ってます。気力でイケちゃうタイプです。
たまに、死を思います。メメントモリ。
「僕も、あなたが限界だと知ってます」
で、あはははと二人で空笑いをしました。

とりあえず、寝てください。休んでください。
緩めるのは、悪くないとのこと。
結果、締切をコロッと忘れてしまっても、まあ、しゃあない。
いや、よくない、よくないんですが。でも、私も人間なのでね。

今、章月に発注なさっているみなさま、
いつもよりも危ないので、「うちの原稿、大丈夫?」とおしりをたたいてくださいね。ちょっと頭が寝ているし、体もぼーっとしております。
たぶん、数か月休めるといいんだろうなあ(遠い目)

最近媽祖様にもなかなか行けないので、6ヶ月分、旗の代金を入れて、
キリよく寄付もいれてきました。
帰りに、気になったお店で500円ランチを食べたら、これが全然ダメ、
味が薄くて、失敗したと思いました。
つーか、お気に入りのお店、木曜定休だから、木曜日の中華街はないんですよねえ。やっぱり、もう自分のペースで行くぞっと。

横浜のシェルの中にあるトムキャットベーカリーで出会った
プレスリーが愛したというエルビスサンドを買いました。
これがなかなかのしろもの。
ベーコン、OK! バナナ、え? ピーナッツバターという組み合わせ。
トムキャットでは、バインミーみたいに、バタープレスしてます。

が、なんかおいしかったんですよねー。
強風で電車が止まってしまって、グリーンに乗り換えて、のんびりと食べました。電車ガラスキだったから、普通車両でよかったんだけど、隣に人がいるのが耐えられず、途中でグリーン車にしました。

あと、心のままに、パティスリー ア・ラ・カンパーニュの
バゲットとかも買って、こちらは、夕飯前に食べました。
クラシカルなパンは好きですが、それほど個性は感じられず。
トムキャットの明るいテイストがちょっといいような気がしますねー。
いいなあ、横浜の人。おいしいパン屋さん、一杯で。

昨日は、疲れ切って、崎陽軒のシュウマイとか、国技館の焼き鳥とかも
適当に買って、手抜きご飯にしました。脈略ないなー。我ながら。
で、きょうは、なんか食べるものがなく、残り物カレーを作っております。
まあ、それも幸せか。

どこかで立て直したい。そのためには、原稿をたんまり書かねば!
先が長いです。頑張ります。

2021年1月8日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃