ポコッと抜ける

いきなり、心が軽くなりました。

あれー? なんだ、これ。

あっけらからんとした気分が戻ってきました。

きっかけは、キャメレオン竹田さんの『神さまとの直通電話 運がよくなる《波動》の法則』をパラ読みしたことです。

春くらいから続いているクヨクヨ、分析しますと、3月、5月、8月とダンダンダンと立て続けにイヤな思いをし、やさぐれていまして。まだ、どれも解決してないですが(笑)。

書店で、「キャメレオンさん、一冊も読んだことないなー」と思い、手にとってみたら、「そこが醍醐味!と言えたら、九割解決」が飛び込んできまして。

醍醐味、この言葉、忘れていたなー。なんか必要な気がするから、買おう!で、買いました。

基本、軽い。いい、この軽さ!

しかし、「マジ?」もあります。某神社で、ご眷属拝借くのご祈祷とか! んな、気軽に勧めたらいかんでしょ!

ま、みんながみんな、やらないかな? ドキドキします。

縁の変わり目。

私は、何を怖れているのでしょうか。もう、わかっているのに。わかっていたのに。

楽しかったし、大好きでした。助かったし、ありがたかったです。でも、滞ります。ものすごく、重い。持ち重りし、バランスを取るのに苦労します。

なんのために、キープするの?

なぜ、留まろうとするの?

「嫌な人と我慢してつきあい、陰で悪口を言う」

いまどきは、悪口は、タブー。ぐっとこらえて、なんでもないフリをするわけですが。

うん、そもそも、厳選すればいいのよね。

よし、ちょっと頑張りますぞ。私らしさ、取り戻さなくては!

 

 

蹴られ猫

昨日、暗闇で旦那が黒猫さんを蹴っ飛ばしてしまったようです。
猫あるあるですが。

いつもはうるさいくらいのアピールなのに、すっかり静かになってしまって。
物足らないほど。

朝になってやっと出てきて、「大丈夫?」したら、ゴロゴロしてました。
んー、心配だけど、まあ、大丈夫なのかな???

昔、グルさまを蹴っ飛ばしてしまったこともありました。
猫は予想外にくっついていたりしますから。気をつけないと。気をつけようがないもあるんですけれど。

ずっとおでんが食べたくて。
昨日、打ち合わせがさらっと終わったので、どこにも立ち寄らずにまっすぐに帰宅して、おでんの準備をしたら、旦那も用意していて、「え?」になりました。
私が食べたい、食べたい言っていたから、作ってやるかって思ったらしいです。
が、超貧乏おでんなわけ!!!
まあ、あれこれ買うと、めっちゃ高くなりますからねえ。おでんってやつは。

大根に牛スジ、たまごだけ。深夜食堂だと笑ってましたが。
すかさず、ハンペンとちくわぶ、がんも、ソーセージを投入しました。こんにゃく、忘れました!
オフシーズンだから、おでん具材コーナー、縮小されていて。あとで、ジャガイモも入れるつもりです。育てないと!

旦那が作ってくれたのですが、おでんのモトでやるから、めっちゃ味が濃いんですよ。ダシを取って、後追いで入れてますが、うむ、自分で作ればよかったかも。

こういう余裕ですよねえ。大事なのは。
表面的には、凪。焦りがないわけではないのですが、充実していて、幸せです。

手相と夢

晴れやかな空、本日は、お打ち合わせへ。

本題はさくっと終わり、手相を見せていただきました。

もっとも、手相本を手がけたこともある方ですから、非常にゆるい確認となりました。手相は、今を知る手がかりだなあと、再認識をして。

話題が“夢”に移り、「人生に無駄はない!」と痛感しました。わあ、同じ時代に生き、同じ船に乗ってますねー!

先日、聞きかじった情報が、ダイレクトに役立ちます。

楽しい!

手相は、七割くらいは、イケると思います。ちょっと面白い企画も思いついたので、ご興味とご縁のある方、ぜひ、お付き合いくださいませ。そのうち、まとめます!

ディジャブと予知夢

昨日の朝、知人からメールをもらいました。リアルにお返事を書き、出しました。それから、仮眠しました。夢を見ました。夢の中で、また、お返事をしていました。目覚めて、「あれ?」と思い、軽く20年前の話だなあと、不思議な気持ちになりました。

メールをくれた方は、まだ、数ヶ月の関係です。さすが夢、少しズレたところに着地します。

夜になり、また、眠り、夜中にふと目覚めたら、今度は、リアルな世界で、夢の中のお返事を裏打ちする話が進んでいました。びっくりしました! わあ、これか! 予知夢みたい、あるいは、ディジャブかしら?

過日の夢の講座の中で、夢の大半は、現実のリハーサルという話を伺いましたが、これもまた、その一部なのでしょうか。

お話変わって、昨日ようやく、最近の不機嫌の理由を自覚したのですが、わかったからといって、すぐにご機嫌になれるはずもありません。ビブリオマンシーの力を借りて、手かがりを探しましたところ、このところ、おなじみのキーワードが浮かびます。

それは、炎。

また、来たね、君。まあ、ゆっくりしたまえよ。メラメラ、チラチラ燃えています。

雄ジカに、タカ、いくつかの耳慣れない植物、また、マクベスのイメージも浮かびます。シェイクスピアにも、引っ張られますね。

初めての前世療法で、イメージで作った小川を渡る際、川の先にオフェーリアが浮かんでいました。美しいオフェーリア、まるっとミレイでしたが。

いつのまにか定着してしまったストーリーキューブス、なんの気なしに書いていたのは、三人の魔女の「キレイはキタナイ、キタナイはキレイ」。

また、ハムレットも、チラチラ浮かびます。なんじゃろな、これ。

この世とあの世、隔りが必要ですが、なんだか境が曖昧で。あるいは、リアルが無意識のサインの連続なのかもしれません。

曖昧な拒絶、無意識の悪意、確信犯のいけず、滲み出る嫉妬、蔑み、あるいは、値踏み。いやはや、いろんなものをキャッチしているものです。

ピュアな好意、信頼、善意、優しさ、慈しみ、理解と需要、癒し。願わくば、そっちでいきたいものですが。

早くマウンティングとエネミーのターンを超えられるといいですね。鋭い人が今この世界で何が起こっているかを指摘し、感能力が高い方が支持し、認識が広がります。

ファッションのモードと似て、おばちゃんたちまで流行が落ちれば、それは、古い概念になり、廃れます。

パワハラ、セクハラ、ブラックな働き方は、消えないけれど、少し前ほどの脅威ではなくなりました。マウンティングあたりは、そろそろ無力化してよいと思うのですが、なかなかしぶといですよね。もう少し遡れば、マインドコントロールとか、ね。私が言わんとすること、ぼんやり伝わります?

仕事柄、また、身に降りかかった事件から、私は、感覚的な生き方を容認し、もう委ねてしまっているのですが、長く付き合ってきた方は、その変容に気づいていないんだなーと理解しました。パターンが出来ていて、イメージが完成していて、びくともしないわけ。

もちろん、私の外見、行動パターンは、たいして変化やいため、いちいち、見直したりしないのでしょうが。

それに、私が自分の資質を自覚したのも、ごく最近ですしね。あれ? スピリチュアルなアンテナ、持っていたんだなー!的に。

最近、目に飛び込んできたのは、「お金のステージが変わると、付き合う相手も、自然に変わる」でした。それかも、しれませんねー。

収入が下がろうが、上がろうが、たぶん、私は、食べて行かれるだろうし、どうやら私が好きなものは、王室、あるいは、貴族趣味の異端に近い気がしますし。まず、正統があり、それをたっぷり享受した結果、そのアンチテーゼみたいに生み出されたものに惹かれるみたいですね。王が好むものではなく、王位を逃した王弟が耽溺する世界、みたいな。

屈折、ひねり、はぐらかし、脅威にはなり得ないです、正統は欲しくありません、勝手にやりますね的なアピール(笑)。

立ち位置、目指す場所が、どうもそっちです。滅びゆくもの、亜流に転ずるものが、愛おしくて仕方ないのです。

「邪魔」

もしかしたら、ずっと、これをキャッチしていたのかも。目障り、イラつく、キライ、大嫌い、ダサい、悔しい、妬ましい、消えて、うんざり、ズルイ、うっとおしい、憎い、全部もっていかれちゃう、あいつさえいなければ、あーあ、またやってるよ、勘違いしている、悪目立ち、死ねばいいのに……、いい気味、清々した、すっきり、いないと平和

「邪魔」

負けんぞ、んな、くだらない感情に。

超越するには、集中ですよね。意識が外に向かっている限り、人の目を気にしている限り、反感は増幅してしまいます。

納得に転化させればいい。あるいは、パイを増やす。古い価値観に受け入れられなかったら、新しい理解者を呼びこめばいい。天海祐希さんなんかは、それができた人なんですよねー。今しかご存知なければ、彼女が猛反発の中から上がっていったなんてわからないものね。

オールドファンに言われましたよ、私。綾乃ちゃんのことは好きだけど、天海を好きな綾乃ちゃんは嫌いと。意味わかんなくない? 舞台で、早変わりの衣装が出なかったのも、見たことがあります。わあ、やられてる、怖いと思いました。もう30年近く前の話だけど、見ていてゾクっとした感じ、忘れられないですよ。

彼女を特別視して伝説化するのも悪くはないんですが、同じ時代に生まれたわけですから、強さを見習うを選びたい気がします。彼女は、受け皿を広げた人がなんですよね。閉じられた世界に、新しい風を吹きこみ、パイを広げていく。もちろん、そこに、追い風は、吹かないといけないんだけど。バブル、才能の結集、ミラクルが起こる要素がいくつか重なっていくわけ。

これ、他のジャンルでもありますよね。圧倒的な強さを誇るアスリート、棋士、華やかな御曹司、起業家、いくらでも浮かびます。みなさん、いろいろ振り切ってますよね。

「邪魔」は、かなわない、勝てない、認めざるえないということ。言い換えれば、手のひら返しの絶対支持者になる可能性もあります。悔しいけど、負けたわ! 戦えて楽しかった。この私を打ち負かすなんて! また、やりましょう的に、敵が味方になるパターンを目指せばいいのかもしれません。

難癖は、聞き流す。本質にフォーカスしていく。蠍座の木星期、終盤の課題は、これかもしれませんね。

今朝の気づき

今朝、大事なことに気づきました。
「あれ? 昨日、私、大前提を話してない気がする!」と。

❝こういうことがあって❞の部分をすっとばして、
❝こうしたんだよねー❞だけ、話してました!

意味不明だっただろうなあ。
でも、「なぜ?」は来なかったのです。
いつも意味不明だから?

友人から見ると、私は、よくわからない自信があるそうです。
「間に合うよ」とか、「大丈夫だよ」とか。
自信というより、確信に近いでしょうか?
あるいは、気合い?

このところ続いているモヤモヤの遠因もわかった気がします。
某月からこっち、陰が落ちていますねー。心が晴れん!

あと、昨日、「あれ、なんか時間が止まっている!」と感じた理由も
わかりました。意図的に、仕事を止めたのです。
休む、というか。
充電。1日半くらいだけど。
あはは、ずっと働きづくめ、ずっと勉強し続けで、ちょっとおかしくなっているみたいですよ。いや出かけたり、いろいろしていますけれど、自由時間は、あまりないのです。

最近は、諦めるも覚えました。
ピカチュウ大行進、ホントは、すごく行きたいのですが、
うっかり鍼を開催前日にしちゃったんですよねー。
あれ、一日ズラしていれば行けたのに!
まあ、仕方がない。ピカチュウごときで? うん、でも、見たい、やりたいと思ったら、万難を排してやるタイプなので。諦める、我慢する、見送るを覚えたのは、結構すごいことです。

去年、入院で見れなかったから。
今年は、無理をすると、倒れるから。

養生ですよね。じっくりと養う。
ヤンソンさんの誘惑は作りました。
ブロッコリーとソーセージのガザレッチャも作りました。
力を溜めていこうと思います。

 

 

 

徳川将軍珈琲

徳川将軍珈琲

品川エキュートの中、徳川将軍珈琲をいただきました。カフェオレ推奨らしいですが、ブラックにしちゃいました。

去年は、入院で行けなかった大田区花火!

キレイでした。

 

5年

過日やってきた弟は、5歳下です。

5年の差を痛感しました。若くないわ、私!

この暑さの中、あちこち行き、仕上げがディズニーシーで、翌日義妹は即仕事復帰! 考えるだけで、めまいがしてきます。

偉すぎ、若すぎ!

最近、余裕がないんですよ。

なんでかなーと考えたら、易なわけです。慣れないのよね、世界観に。

うまく言えないんですが、OK!が少ないわけ。そのままで、大丈夫ですよ、があまりない。なんかしら、条件がつきます。中庸がよしとされていますから。

よく、浅草寺のおみくじ、凶が多いと聞くでしょ? きっと似たシステムね。勢いが強いときに、諌めます。うおぅ、ここOKじゃないの?がたくさんあります。

西洋は、足し算。あるいは、掛け算。運がよけりゃ、GO! More!

東洋は、塩梅。勢いづかない、潜伏する。

処世術の方向性の違いがありますよね。サクセスイメージの違い。実力だけではのしあがれない、日本は、嫉妬の国だから。湿気、見えない格差、最近は、わかりやすく出ますが、今持っている人がいつまでも持ち続けけるかと言ったら、そうではない気がしますが。

この世界、リアルに有効なのは、東洋かもしれないのですが、これ、背景にガッツリ組まれた社会の上下関係がある気がしますね。

君子のためのノウハウ。あちこちに戒めが。さらに、ちょいちょい、「だから、女はダメなんだ」な古典的なパワハラが挟まります。女性は陰で、陰は邪で。さぞ、男性には心地よい世界観でしょう。みんな、その陰から生まれたわけですが。

このあたり、素直に受け取れるようになれば、器が広がったということ。もう一年、されど、まだ一年。易は十年といいますから、まあ、気長にやりますか。

あー、あとね! サビアンを丸暗記するような苦しさがあるわけ。サビアンには、「おい、それ、どっから来た?」フレーズがあるでしょ? 12星座キーワードで話が進まず、細かいイメージが有効になったりします。

64卦×6爻だから、384! ま、それほどでもないか。

結局、占いは、同じものを違う表現で捉えようとしているだけとよく思います。宗教も、芸術も、きっと同じ。ただ、オペラと民謡で味わいが変わるように、表れ方、目指すもの、受け取れるものは、違いますよね。

どこに焦点を合わせるか、何を心地よく感じるか、気持ちよく使えるのは何か、模索しております。

いろいろな文化が融合し、モードがバンバン変わる飽きっぽい国民性がね、案外、よいと思うんですよ。日本って、変な国ですよね。試作品って気がしなくもない。

試作品の国で使える占い、なかなか複雑怪奇ですが。精度を高めて参ります。

手相。

弟夫婦と甥っ子くんがやってきて、お土産をくれました。

弟夫婦の夏休みのスケジュール、話を聞くだけで、気が遠くなりそう!!!
鎌倉に、箱根に成田にディズニーシー。間に親孝行が挟まります!
なんて偉いんだ、立派なんだ!!!

別れ際に、手の写真を撮らせてもらいました。
甥っこと弟の手相、ベースが似ています。

「小きいパパと大きい息子、どっちがいい?」とママに聞いたら、
「うーん、どっちも」だって。あはは、だね!

親子のベースは、似ているんだけど、運命線みたいな後天的なものは、
出てないですね。小学校5年生だと。
また、甥っこくんは、手の開き方が、超子供!!! 面白ーい!!!

予想としては、ママと姪っこちゃんは手が似ているんじゃないかな?と思っています。

まだ、ちゃんと読めないんだけど、みなさま、とりあえず、会ったら、手を見せてください。手相、マスターするぜ!!! おー!

 

黒猫さんと占い

猫

昨日、自宅で占いをしてみたところ……。

いきなり、妨害されました。えーん、占いスペースを猫に取られました。

いっそ、しっぽで指し示し、占ってくれてもいいのですが、それはイヤみたいでした。

うーん、自宅で占うのは、やっぱり難しいかなー? うーん。

ビブリオマンシー、なかなか示唆に富んで面白いのですが、
断片的な情報での占いだと、ちょっと的を絞り切れない一面がありますね。
対面で、一緒に深めていくスタイルがいいのでしょう。
そして、比較的簡単なわりに、時間がかかります。

文字を拾うというの作業は、カード占いやジオマンシーのようなイメージで進めるものと違い、
昔でいう右脳を使うような世界で、悪くないのですけれど。

ネット上に上がっている「ビブリオマンシー占い」、また、書籍になっている「書物占い」はつまんないですね。似て非なるもの。
何言われても、うるさいよ!って感じ。

解読に味が出る、差がつく。まあ、占いは、何事もそうなんだけど。

私が大好きな人たちと共有したかった情報は、書籍にありました。
タイミングをズラして、「ほらよっ!」って感じでやってきました。
もちろん、うのみにするわけにはいかないので、検証して消化し、自分のものにします。

数日前は、「あの日をやり直したい」と願っていたのですが、そんなこと、出来るわけもなく、意味もなく……。

まあ、いい。私は、抜けました。
左の足を家具にぶつけて痛めたから、もう仕返しは済んだはず。スピリチュアル世界、ホント、大変ね。

音の会

国立劇場小劇場へ。

中村京蔵さん目当てに、行ってきました。

行くまでよくわかってませんでしたが、要は、研究所出身のみなさまによる発表会なのですね。助演を迎えながらみなさま、緊張と誉れが伝わってくるよい空間でした。

鳴り物と義太夫、長唄、歌舞伎。

寿式三番叟は、能のイメージが強く、勝手に脳内で準備していたらしく、相当びっくりしました。なんじゃこりゃ!

武士文化から町人文化。なるほど、わかりやすい!

長唄は、詞章が配られていまして、これにより、俄然楽しくなりました。「矢の根」では、七福神がデスられます。マジか?

いわく、「恵比寿は身持ちが薄ぎたねえ!」

いわく、「波乗り船の銭儲け」

マジか?

すごいな、江戸文化! 罰当たりな!と脊髄反射する現代のほうが、迷信深い!

これ、長唄習いたくなりますね。すかさず言いたい。

「兜頭巾な、用心過ぎて鬱陶しい」 くー、ここぞで、言いたい!

長唄に歌われている宝船のまじない、いまは、知る人ぞ知るですが、昔は、もう一般常識、庶民のたしなみだったんでしょうね。隔世の感がありますが、そこをブリッジするのが、伝統芸能なんですね。そりゃ、人間国宝にもなりますな。

歌舞伎の傾城反魂香は、数少ない見たことがあるぜ!演目でした。一幕見の天井桟敷から、ゆるっと見たときは、苗字帯刀嬉しいなダンスしか残りませんでしたが、きょうは、夫婦の情愛、無念と誉が伝わり、新鮮な気持ちで鑑賞できました。

見終わり、なんだかかき氷の気分で新宿を目指したら、とんでもなくて。小田急の上まで上がっても、人、人、人で気が狂いそうになり、やむなく、墨絵バルに避難しました。

サングリア

サングリア、濃かったです。

あー! 半蔵門の大田姫様にご挨拶するの、わすれたあ!

姫さま、また、今度! 申し訳ない。