二日続けて夢を見て。

すっかり、ご無沙汰してしまい、すみません。
体調がなかなか戻らず、猫の具合も一進一退で。
なんだか疲れてしまって、閉じることにしました。

風邪は、なんでしょうねえ、抜けきらないんですよ。
よくなったかなー?と思っても、熱っぽい、咳が出る、
うーん、困ったね!
とりあえず、騙し騙しやっております。

夢を見ました。
昨日は、夢の中でダイスを振っていました。

きょうは、美しい占い師にビブリオマンシーをやってもらっていました。
もう妖精のような美しさでねえ、幸せな気分になりました。

が、やっと神託という段になって、ピンポーン!宅配に起こされました。

むーん。それでも、フレーズは拾ったので、それを指針にしようと思います。

パワーのある漫画と出会いました。というか、漫画と小説をいっぱい読みました。インプットなのかもしれませんね。

明日、明後日は、久しぶりに街に出ますよ。

エゴン・シーレのこと。

発熱したり、ひいたりしています。

きょうは、母がやってきて、ちょこっとご飯を食べました。

昨日、夕飯を作る気力がなくて出来合いのカツでカツどんを作ったら、体が負けて、夜中に吐きました。この不調なんだけど、普通にやろうと思えば出来ちゃう変な感じ、一番困りますね。

一体、どこで風邪をもらったのかといえば、おそらく、『新聞記者』の映画館です。いやー、お客様の平均年齢が高くてねえ。後ろの人が咳をかぶせてくるし、席を蹴られまくるし、もうやれやれでしたよ。

で、映画も、うーんなんですよねえ。

現政府への批判が根底にあるから、悪対正義みたいな図が、なんかもう子供っぽいわけ。

で、揶揄もあるんだけど、そのフィルターの掛け方が幼くてさー。

「いや、それはないでしょ?」な世界で。

全体に、なんだこれ?でした。

で、どこかでレビューを読んで、「ああああ!!! そっか!」って思ったんだけど、それは、「『バイス』が出来たことは、日本では出来ない」ってこと。

副大統領による印象操作で、戦争が起きちゃう!

そのダメージを、未だに引きづっているアメリカ。なのに、またもやトランプ政権が、好戦的な国、強いアメリカのために、なんかやっている……!

このヤバさが、しょうもない現実が、映画という手法で、他国にも公開されている現実があって。

『ブラック・クラウンズマン』なんて、後半、あふれんばかりの怒りが、よくわからないドキュメンタリー映像の補足としてつけたされて、作品性をぶっ壊しているけれど、それが強いメッセージとなって残っていきます。

だから、うまくいえないんだけど。もっと、「これはフィクションです」をぶんぶん、ぶっ飛ばしてつくって、やりたいなら、間に現政府のアイコン、バンバン突っ込んで、で、「いや、フィクションです」を繰り返せばいいわけですよ。

それくらい、ひねって、それくらい観客を信用してつくらないと、今の映画といえないでしょ?

が、まあ、ヒットしているし、いいのかなー?

私は、これで、「安倍政権けしからん」とか言い出す人、仲良く出来そうにないけれど。

「バイス」を見た後に一番に思ったのは、「自分で調べなきゃ」でしたよ。

そういうきっかけでいいわけ。

とにかく、ベタ。

とにかく、昭和! 平成ですらない!!!

やりようがなかった、そうするしかなかった、いろいろあると思うんだけど。

で、主演女優、捕まらなかったのかな? 本当にそうなのかな?

そういうのも、よくわかんないですね。

さて、エゴン・シーレですよ!

美しいものを見たい私は、苦手な画家でした。

でも、この前、新美術館で《ひまわり》を見て、本当に心が動いたんですよね。

クリムトよりも、ひまわりなの! ゴッホではなく、シーレ!

そして、この映画で、わかりました。

人の醜さ、絶望、怒り、涙を描いているから、矮小さを引き出しているから、
目をそむけたくなるのだと。つまり、作品としての力は、完全です。パーフェクト!

そして、映画の中でさえ、取り上げられてしまう「妹との関係」。ぞくぞくしますね。

どれほどのタブー、でも、描かずにはいられないわけで。
秘密にとどめるのではなく描き出してしまう。
当時の評価は、ポルノ画家で。
師匠クリムトは、公の建物を飾り、自分の作品は、闇取引をされる……。
モデルたちに苦痛を強いる、あいつ、頭おかしい、あいつ、ヤバい。殺されるかもしれない……。

クリムトのデッサンの中に、自慰の一部始終があったというのも、ハッとさせられました。そりゃそうだ、それくらいやらないと、あの辺出てこない。

そりゃそうだ!

アート系のドキュメンタリー、面白いんですよ。
私は、『新聞記者』よりも、『クリムト』を推します。いいんだ、マイナーは百も承知さ!

ウィーンのサロン、私もお邪魔したいです。
が、占いと心理テストじゃ、入れないだろうなあ。
なんか考えないと! 

あ、フロイトも出てきますよ。あの時代お好きな方、一見の価値がある映画だと思います。吹き替えじゃなければ、もっとよかったなあ。なんか声優さんたちが張り切り過ぎていて、いまひとつしっくりこなかったの。若い女優さんパートは、演技部分、棒読みだったしさー。なんで他は感情たっぷり、セリフパート、棒なんだろう??? ようわからん。脳学者さんのキャラが最高でした。やっぱり、パンフレット、買うべきだったかなー? なかなかいい映画なのですよ。
『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』

映画18『新聞記者』

んー、なんか昭和なんだよね、構成も、切り口も。

すまん、何を言いたいのか、よくわからない。

現政権を全否定すればいいの?

正義ってなに?

ちょっと仕掛けが古臭すぎて、いまの話として、入ってきませんでした。

1.名探偵ピカチュウ2.東映まんがまつり3.憶えてる?4.RBG 最強の85才5.初恋 お父さん、チビがいなくなりました6.ホワイト・クロウ7.コレット8.僕たちは希望という名の列車に乗った9.パラレルワールド・ラブストーリー10.アラジン11.ガルヴェストン12.誰もがそれを知っている13.旅のおわり世界のはじまり14.クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅15.メモリーズ・オブ・サマー16.Diner ダイナー17.クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代18.新聞記者

2019年7月8日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画17『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』

いや、かっこいいんですよ。

なんだ、この作り。うまいなー。

が、声優さんたちが、張り切りすぎ!すまん、字幕で見たかった!

ウィーンは、未だに舞踏会のくだりが、よくわかんなかったけど。エゴン・シーレを好きになりますよね。改めて、ちゃんと見たい気がします。新美術館、まだ、やってたかな?

クリムトは、ウィーンに行かないと!だな。

1.名探偵ピカチュウ2.東映まんがまつり3.憶えてる?4.RBG 最強の85才5.初恋 お父さん、チビがいなくなりました6.ホワイト・クロウ7.コレット8.僕たちは希望という名の列車に乗った9.パラレルワールド・ラブストーリー10.アラジン11.ガルヴェストン12.誰もがそれを知っている13.旅のおわり世界のはじまり14.クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅15.メモリーズ・オブ・サマー16.Diner ダイナー17.クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

2019年7月8日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

心の穴

最近、「うん、三十代!ダネ!」って思うことが多いです。

私も通った道です。

30代の若さ、プライド……。

ああ、こうだったよねえって。

30代のころは、必死でしたねえ。

比べると、世慣れたし、割り切ったし、動じなくなりました。

動じなくなっていますが、どうも心に穴が空いていて。
(あ、ここから話が変わります)
ただ、この穴、埋めたいかといえば、別にどうでもいい。
ああ、簡単に穴が空くんだなあ、もう信じられないなあが本音です。

で、最近、うすぼんやり思っていることがありまして。

穴が空かないと、先に行けないんだなってこと。
穴が空く前の私は、満たされていて、何かを信じていたのですが、
今の信じられなくなっている自分っていうのも、結構大事なんだなってこと。

ポッカリ空いたものが、まあ、去年から兆候があったんですけれどね、
違う何かで埋まった時に、次が見えてくると思います。

ので!
それを楽しみしようと存じます。

で、蜷川実花さんのダイナーが妙に沁みたのは、
「ああ、蜷川さんも、あの時代が好きだったんだね!」ってわかったことでしょうか。
真矢みきさんにアレをやらせるってのは、あの頃に思い入れがあるからに違いなく、真琴つばささんのキープ具合には、舌を巻きましたよ!
わかんなかった! あとから、「えええええ!」みたいな!
てっきり、いまどきの若手だと思ってました(全力褒めています)。

あ、出ているから見たわけじゃないの。

予告で、「見たいなあ」になっただけ。そしたら、イカれた感じでいっぱい人が出てきて、悪夢みたいだなって思いながら見ていたのですが、だんだん、何が言いたいのか、何がしたいのか、わかってきて。

蜷川幸雄さんがお父さんっていうのは、いったい、どういうことなのか。

この前、横尾忠則さんのお嬢様の作品を拝見して、「うん、屈折していないいい二世!」って思ったのですが。蜷川実花さんも、そうなのかなー? よくわかんないけれど。もうビックネームすぎて、どうしていいかわからないですよね。

うまくいえないけれど、「わかったよ!」って感じ。

うん、いっぱい、残してもらったね! だから、進もうね!

前へススム、前へ!

過去は、足場。前へ! 

なんかもう霧がかかっているし
人恋しいような、人間不信のような変な感じですが。

でも、この霧を抜けたら!

たぶん、そこは、美しい世界、間違いない!





2019年7月6日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画16「Diner ダイナー」

大当たりか、大外しか、ふたつにひとつだと思うのです。

で、なんと、どっちでもない!

とにかく、美しいです。

色彩、じゃなく。

うん、ちょっとくどい。で、それは、蜷川実花さんもわかっているんでしょうね、だんだん、色が抜けていきます。

何が美しいって、人!

あちこちにオマージュ!

出ている人、お好きなら見たほうがいい。

いや、かわいいし、かっこいいし、懐かしい、だんだん、笑えてきます。ヲタ心をくすぐるつーか、うん、気になるなら、見て!

太宰も、楽しみ!

1.名探偵ピカチュウ2.東映まんがまつり3.憶えてる?4.RBG 最強の85才5.初恋 お父さん、チビがいなくなりました6.ホワイト・クロウ7.コレット8.僕たちは希望という名の列車に乗った9.パラレルワールド・ラブストーリー10.アラジン11.ガルヴェストン12.誰もがそれを知っている13.旅のおわり世界のはじまり14.クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅15.メモリーズ・オブ・サマー16.Diner ダイナー

2019年7月5日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

つまり、そういうこと。

きょうは、太陽と月の魔女様たちのトークイベントなので、
その前に映画を見ようと思っていました。

いろいろ後回しにしているため、溜まっています。

あれもこれも見たい! そして、見たいところに、別のも被ってきます。

文化村に行きたいけれど、見たい2本の時間が合わぬ!!!

ならば、またの機会にまとめてみよう!

で、ぼんやりしていたら、「あと30分前に気づいて、支度していれば、
きょう、2本見れたのにねえ」になりました。

くっ、やっちまったぜ。と思った次の瞬間、
だからつらいんじゃん!と自分をたしなめましたよ。

無茶すんな、いいよ、一本見れば!

というわけで、きょうは、一本だけ見ます。で、トークショー聞いて、
たぶんカレー食べて帰ります。現場でお目にかかれるみなさま、
よろしくお願いいたします。

2019年7月5日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

贅沢な仕事

昨日から、贅沢タイムです。

いやー、時間と締切を気にせずに仕事が出来るというのが、とにかく、贅沢で!
嬉しくて、嬉しくて。

珍しく、ブログも目一杯書きました。

順位上げが大事と言われまして、きょうも頑張るべきなのかしら?

どうなのかしら? しのごの言ってないで、書けばいいのかしら?

All Aboutのコラムを書きました。少し先になると思いますが、公開されたら、ぜひ、ご覧下さいませ。私のお気に入りのものばかり、紹介させていただいております。

昨日は、お仕事の話の流れから、昔、高級飲食店でバイトをしていたんだよって話を披露してしまいました。もう20年も前のことでしょうか?

押しかけバイトで(!)、なかなか馴染めず……、
もう占いの仕事もしていましたが、ゴーストライターで。
このままではいけないと思い、正社員の話をいただいたのをきっかけに、
やめたのですが……。

辞める時になって、「あなた、天才と呼ばれていたのに!」と言われました。

天才、意味わかんないでしょう?
種明かしをすれば、職歴には出てこないのですが、私、サービス業はめっちゃやっているんですよ。アルバイトで。普通のウェイトレスから、パーティーコンパニオンまで、あ、痩せてました!(一応書いとく!)

パーティーコンパニオンのチーフには、「あなたにピッタリなのは、旅館の女将、なんなら探してあげるよ? 嫁ぎ先」と言われていました。

だから、経験豊富だったのに、職歴に出てこないから、
「なんで、このコ、飲食初めてなのに、動けるの?」
「なんで、お客様と臆せずに話せるの?」みたいな波紋があったようです。

知らなかった!!!

もっと早く「あなた、天才ね」って言ってくれていたら、今頃、高級店の一軒や二軒任せられていたかもしれません。

ずっと忘れていたけれど、そんなこともありましたねえ。

きっと、私が鑑定が好きで、鑑定だけやりゃいいのに、なぜか木曜会っぽくなっちゃうのは、この辺りにルーツがあるんだと思います。おもてなしの心! 忘れてないですよ。あのとき、私を採ってくれたOさん! 募集してないのに、雇ってくださいと押しかけてごめんなさい(けったいなコ。若気の至り、時効ですね)。

2019年7月4日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

念願のおうちライフ

きょうは、うちにいます!

やっと、自宅にいられます。

つまり、やっと集中して書けます。

もうキツくて、キツくて。締切は山、なのに、時間が細分化されているのです。
キャンセルしたくない、できないものばかり。
一体、どうやって間に合わせたのか。自分でもナゾです。

最近のトラブル続きは、まあ、誰かがなんか念飛ばしてますね?もありましたが、んなの、人の念に負ける自分が悪いわけで。

そもそも、余裕がなく、守りが足らず、時間が絶望的にないのに、
なんとか意地を通したというだけの話で。

でも、夏至のイベントはやってよかったし、なぜか最近、鑑定も地味にやっていて。やっぱり、私は、鑑定は嫌いじゃないんですよ。楽しいの。

昨日は、打ち合わせをして、自分の中の譲れないものが見えてきました。

ので、それは、アメブロのほうに書きます。

おっし! グラグラだった足元、固まりましたよ。

いってはいけない道、用事がない場所、人もわかったし。

ああ、落ち着いて書けるって、最高! 幸せです。

2019年7月3日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画15『メモリーズ・オブ・サマー』

やっと見れました。

意外に、月曜日の吉祥寺アップリンクは、使えます。次の予定にうまくハマります。うちから、遠いんですが。

少年の成長映画、かなり寂しく、切なく、ヒリヒリします。恋かなー?と予想しましたが、ちょっと違いました。映画な仕掛けがあちこちに。

28日は、講談社さまの懸賞に当たり、ディズニーシーに行きました。が、珍しく、旦那参戦で、パラパラした結果に。久しぶりすぎて、いろいろ忘れてました。

夏至から死ぬほど働きまして。

締切綱渡りは、もうイヤだと思いました。いい章月になります。頑張ります!

1.名探偵ピカチュウ2.東映まんがまつり3.憶えてる?4.RBG 最強の85才5.初恋 お父さん、チビがいなくなりました6.ホワイト・クロウ7.コレット8.僕たちは希望という名の列車に乗った9.パラレルワールド・ラブストーリー10.アラジン11.ガルヴェストン12.誰もがそれを知っている13.旅のおわり世界のはじまり14.クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅15.メモリーズ・オブ・サマー

2019年7月1日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃