映画62『オードリー・ヘプバーン』

これは、稀に見る駄ドキュメンタリー。

前半はかわいいです。60年代の映画を見直したくなります。

が、後半は、なんだこれ?

美談のパッチワークで、何も得られない。

ミューズだし、大スター、わかるよ。しかし、なんのために作った、これ? ユニセフPR? 

ありえんけど、たとえば、お父さんのインタビューを取ってくるとかね、なんかね、隠しタマがないとね。成り立たないよね。壮大なプロモーション映画でした。

彼女は守られていますね。それを学ぶ作品かな?

2022.05.23追記
たわむれにwikiを開いてみたら……。
え??? wikiのほうが詳しくない???
動画や挿絵のように写真が挟まるので、そこを堪能する感じでしょうか。


要は後半は、ユニセフの活動をするまでは、隠遁生活だったってことですよね。オスカースタートのキャリアの構築は、相当大変だったと思うのです。
戦争タイミングでの誕生、母親が貴族だった、父に捨てられた……は、映画を見て初めて知ったのですが、でも、そういうのは、調べればすぐにわかるから。
昔の映画のプロモーション映画ってことですかね?

しかし、本当にファッショナブルで。時代のアイコンというよりも、美のアイコン。映画ベースのミュージカルも、彼女のコスチュームを踏襲し、衣装も込みで、「マイフェアレディ」とか、「ローマの休日」とか、そういうのがスゴイですよね。マイフェアレディが吹き替えだったというのも初めて知りました。
確かに、地声よりも……。あ、コレも収穫か!


2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド57.死刑にいたる病58.SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE 59.流浪の月60.シン・ウルトラマン61.バブル62.オードリー・ヘプバーン

2022年5月22日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

『ロビー・ヒーロー』

友人の勧めで観ました。

ん?

なんだ、この吹き替え映画みたいな翻訳セリフ。

中村蒼さんの役はなんなの?

なんであんなにフラフラしてるの?

コミュ障による多弁、会話に飢えているのはわかる。ドーンとの距離の詰め方もかわいい。

しかし、多動性の発達障害なのか、疑いながら見ちゃったよ。いや、今どきなら、そういう設定もアリじゃん? 

しかし、ラストはそんな感じじゃないから単に無駄な動きが多い人ってことかもね。狙いがわからん。

セリフが上滑りして、キャラに落ちてない。

全体に芝居のタッチが古臭い。わざと? なんのために? どう落とすのか、興味深かったが、うーむ。

信頼が破られるタイミングが早く、その後が長い、長い、長い。父親回帰はよかった。あと、装置はいい。萌えた。

2022年5月22日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」&「宝石 地球がうみだすキセキ」

昨日は、昼過ぎまで易だったので。
帰りに

1.映画「オードリー・ヘップバーン」を見る
2.中華街で鍼を受ける
3.美術展に行く
4.さっさと帰って原稿を書く

で、悩みまして。やりたいのは、上から順なのですが。
映画の時間がイマイチで、2時間空いてしまうわけ。
で、「映画見て帰宅して夕方というのは心によくない」と思って。
「映画見て帰宅して昼下がり」ならいいんですよ。でも、夕方だともうすぐに夜なので。
ならば、混んでいるというし、平日に宝石展をこなすか……と思いました。
鍼はまあ、そのうちにどっかで行くでしょう。きっと。

が、まー、ありえない大間違いで。
宝石展は牛歩で、動かん。
なぜかといえば、「写真撮影OK」だから。

バカなの?

前半が宝石についてのウンチクコーナー、後半が王家のジュエリーで
当然、後半のほうが「じっくり見る」なわけですが、
そっちは写真撮れないから、さくさく進むわけ。

もう本当に、考え直した方がいいよ。主催。
で、初めてアートスコープが役に立ちました。

細かい細工が良く見えます。
というかねー、これ、拡大鏡をつけてあげなさいよ。
あるだろう、国立の博物館なら。

6倍だか、8倍だか(どっちだったか忘れた)のアートスコープで見えるんだから、ちょこっとつけてあげればいいじゃん。
全部じゃなくてもさ。

写真なんて撮らせないでさ、で、さくさく人を流そうよ。

ただ、後半がサクサクで、さらに、私にはアートスコープがあるので、
大変楽しく充実しました。願わくば、前半もアートスコープで心行くまで堪能したかったよ。ちぇ。

面白かったのは、ひとつすごく気に入ったティアラがあって。
「ああ、コレを所有できる身分だったら、そりゃ、庶民が飢えていても気にせんわ」と思ったこと。
古代ローマの建築を頭にのっけるみたいなデザインなんですけれどね。
好きです。すごく。

戯れに検索かけたら、公式が取り上げてました。
「ロシアン クラウン ジ ココシュニックスタイルュエルズ
コッホ作 アクアマリンとダイヤモンドのティアラ」というやつ。

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」国立科学博物館 (abc0120.net)

「ブシュロン作 アール・ヌーヴォー プリカジュール・エナメル インセクト・ブローチ」
こちらも、もう穴が空く程みちゃった。ものすごく繊細。
エナメルを溶かしいれたというのが、もう意味がわからない。

スコットランド国立美術館は、まあ、普通。
目玉の《ヴォルドグレイブ家の貴婦人たち》は、迫力がありましたが、「昔の髪型、暑いな」というよくわからない感想となりました。1780年くらいの作品。
そのはす向かいのトマス・ゲインズバラ《ノーマンコートのセリーナ・シスルスウェイトの肖像 》1778年。この当時の貴族たちは大変ですね。
ラファエロなんてあった???って思ったら、習作だったんですね。
そりゃ、さらっと見ちゃうよ。

マクベスは、今年冒頭に観た映画を思い出し……。
レンブランドとルーベンスがあっても、個人的にわりとさらっと見てしまいました。コローの絵もよかったなー。51歳の頃かーといろいろ考えながら見ちゃった。
ミレイの絵「古来比類なき甘美な瞳」は、何回か目で、毎回貸していただいているのですね。これ、どうしてもお腹に目が行ってしまって。妊娠しているように見えてならなくて(同じように見ている人がネットにいらしてホッとしました)。
でも、ラストのナイアガラの滝に全部持っていかれちゃうからなー。
いや、かっこいい。すごい。
つい「うわ、かっこい」って言っちゃったもん。

でもなー、唐突過ぎて(笑)
他が全部飛びますね。ポーンと。

私は一体いつ、行かれるのでしょう? ヘップバーンの映画。
5/6公開で、あっというまに3週間経っちゃう。タイミングって難しいね。

2022年5月19日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画61『バブル』

非常に座りが悪い。なんだ、これ? キャラが立たないくせに既視感のあるやりとり。売りであろう、映像美も、なんかお腹いっぱいになってしまい…

いちいち人魚姫を出したあたりで見切りをつけました。いや、初めてですよ、途中で捨てたの。

ネッフリで気が向いたら続きを見る、かな? わからん。カウントしちゃいけない気がしつつ……。

これ、作っている人もきつかったんじゃないかな?

話とキャラに求心力がない。海底の電車はかわいかったけど、なにも生きてこない、つながらない。うーむ。人魚姫ださなきゃ、たぶん、付き合ったけど、わざわざ言うな、ボケ!とがっかりしちゃいまして。

続き見たら、書きます。が、興味がわからないな。彼らどうなっても、どうでもいい。と、思ってしまいました。


2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド57.死刑にいたる病58.SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE 59.流浪の月60.シン・ウルトラマン61.バブル

2022年5月16日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画60『シン・ウルトラマン』

昭和ののどかさまで見事に再現されていて。ゆるっ。
よいオマージュになっていました。
ちょっと、「え? ケンジとジルベールは?」と思っちゃうあたりも、きっと計算済に違いない。
かつて少年だった大人が少年の夢を形にしたという作品ですよね。

問題はさ、流浪の月と同じ日の公開日ってことよ。で、予告挟んだだけで続けてみた私が悪いのよ。もう脳内でバグが起こってどうにもならん。

あと、「大怪獣のあとしまつ」が惜しくて惜しくて。
変な逃げ方しなきゃ、アレ、やっぱり名作になったんじゃないかって気がしてならなくて。わりといいところ突いていると思うんですよね。大怪獣も。

時間と体力と締切りの問題で、『バブル』はまた今度に。しかし、混ぜちゃダメです。シン・ウルトラマンと流浪の月。それぞれ、もったいないからね!

2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド57.死刑にいたる病58.SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE 59.流浪の月60.シン・ウルトラマン

2022年5月13日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画59『流浪の月』

絶妙な拒絶の表情、無邪気にはしゃぐ表情の落差で魅せる広瀬すずさん、
奇妙なリアリティ、そして、清潔感を出せる松坂桃李さんの2人のすごさ。
ここはまあ、当然として。当然なんて言葉で片づけちゃいけないけれど。

今回、胸に迫るのは、横浜流星さんの「もがき」です。
だって、スカしたイケメンやっていたっていいんですよ。
あのルックスなら。
でも、それじゃダメだから、彼は変わろうとしている。
それがものすごくよくわかる。伝わってくる。
だって、見たことないよ。あのレベルのイケメンが指濡らす姿。
やれって言われても、やるかな?
本当に偉いと思いましたよ。どこ視点の偉いなんだかわかんないけれど。
覚悟が伝わってきて。ちょっと熱演に涙が出そうになりました。

いい。細部まで神経が行き届いていて。
あー、一か所だけ「え? 憶測で動くか???」があったけれど、
持ち直しましたね。すごいね。

そしてまた、音がいい。笙の音色は個人的に「うっ」となりましたが、
本当に絶妙。

エンドロールのスピード感もすごい。素晴らしいね。

これ、「見ようかな?」なら、ご覧になってください。
いいです。説明はいらない。いいです。 150分の長さが逆に
「え? あと、何を語るの?」とワクワクします。

神経の行き届いた作品。すごく繊細で、センスがいい。


2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド57.死刑にいたる病58.SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE 59.流浪の月

2022年5月13日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画58『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』

よく知らないので、教養として。

なんかもどかしさを感じる人たちだなー。このもどかしさが推し活には絶妙に後を引くんだろうな。

あと2回見たら、見分けられる気がする。

2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド57.死刑にいたる病58.SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE

2022年5月13日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画57『死刑にいたる病』

よくわからなかった。

美学が消え、執着になるまではまあ、ギリ。

母絡みのターンは秀逸。しかし、山からがダレまくり。

ラストも、一貫性がないように感じる。ただの怖がらせみたいな。原作は破綻してないのかも。ラスト30分で時計見た。

2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド57.死刑にいたる病

2022年5月13日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画56『マイスモールランド』

とうとう邦画(笑)

しかし、私もなかなか。19本、洋画を続けてたね!

サーリャ役の嵐莉菜さんの美貌が、迷いを払った。美人さん。しかし、物語のように、ビザがないとしたら、簡単に転落してしまうだろう。

クルド人同士の結婚は、国を追われた民としては、順当な選択肢で、シングルマザーのすねをかじり、美大に行きたい日本の男の子では、解決しきれない何かがあるよね。

東京クルドも見たかったなー。また、かからないかなー。

さわやか、静かで雄弁。が、フィクションだとよくわかる。不思議。なんとかならないのかな? なんとかしてあげたいし、しないといけないよね。

2022年映画
<1月>1.マクベス2.ヴォイス・オブ・ラブ3.決戦は日曜日4.明け方の若者たち5.ジャネット6.ジャンヌ7.エル プラネタ8.真夜中乙女戦争9.コーダ あいのうた10.劇場版 呪術廻戦 0、フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊11.ハウス・オブ・グッチ12.キングスマン:ファースト・エージェント<2月>13.大怪獣のあとしまつ14.355 15.【NTL】『ロミオとジュリエット』16.アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行! 17.ウエスト・サイド・ストーリー18.鹿の王 ユナと約束の旅19.ザ・ビートルズ Get Back:ルーフトップ・コンサート20.ちょっと思い出しただけ21.ライダース・オブ・ジャスティス22.ミラクルシティコザ 23.オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―24.選ばなかったみち25.ライフ・ウィズ・ミュージック26.チェチェンへようこそーゲイの粛清ー<3月>27.ゴーストバスターズ アフターライフ28.国境の夜想曲29.ゴヤの名画と優しい泥棒30.シラノ31.THE BATMAN ザ・バットマン32.王女メディア33.林檎とポラロイド34.ナイル殺人事件35.ブラックボックス 音声分析捜査36.余命10年37.ナイトメア・アリー38.ベルファスト39.ガンパウダー・ミルクシェイク40.パワー・オブ・ザ・ドッグ41.ニトラム/NITRAM42.MEMORIA メモリア43.オートクチュール〈4月〉44.アネット45.英雄の証明46.TITANE/チタン47.スパークス・ブラザーズ48.アンビュランス49.ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密50.サタデー・ナイト・フィーバー51.パリ13区52.カモン カモン〈5月〉53.フラッシュダンス54.マリー・ミー55.マイ・ニューヨーク・ダイアリー56.マイスモールランド

2022年5月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

上野リチ展

開催前に美術館で先行発売されいていたノートは買いました。
「かわいい」と思って。

でも、いざ、始まってみると、なかなか行かれず……。
「いかん、終わってしまう」で、小泉茉莉花先生からいただいた招待券を握りしめて行ってきました。

タイミング的なことなのでしょうか?
それほど、響かず。

私には珍しく、開館前に列に並んだせいもあって、「すごく待たされた」印象でスタート。開館前に10分、開館後も10分、合計20分待ってやっと入れて。

で、どの企画展でもそうですが、最初の部屋が混む。みんな、見逃すまいと必死だから。で、「どうしてもなら、二巡すればいい」と割り切って、そこを超えてざくざく歩いたら、2階以降は、貸し切りに。
もう不安になるほどですよー。

で、かわいいけれど、グッとこない。先行販売で買ったノートのテキスタイルが一番好きなんだなと思いました。あと、途中で「1929」という文字があって、
「そうかー、ロストジェネレーションか」で一人でぐっときてました。まあ、ウィーンなわけですが。

……くらい、かな?
あれー??? おかしいなあ。
人がいないぞ。

あれー??? おかしいなあ、なんか響かないぞ。

とはいえ、デザイン画よりも商品化されるほうが魅力が増すのが面白く、
プロなんだなーとしみじみ思いました。
で、外に出たら、20分しか経っていなくて。あはは、まあ、あるある。美術館素通りパターンw 振り返ると、版画が一番心に残ったかなー? でも、版画は味わいが深すぎてちょっと苦手。土着、人の念みたいなのがべったりくっついてくるイメージがあって。

次は上野に行きたいけれど、いつ行かれるかなー?
GWの混雑で行こうとは思わないです。映画もペースが落ちているでしょ? 人嫌いなんだと思う。ま、平日行かれるのはフリーの特権ですね。そこくらいしか、いいとこないぜ。フリーランス(上野リチ展は連休前の繁忙期でどうにもならなかったからGW中、開館前に並ぶという異例のパターンに)。 

2022年5月8日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃