志村けんさんの死

志村けんさんは、徳が高いですね。

このタイミング、その影響力、非常に「よい人」を亡くしました、だと思いました。

自身の死が、これほど悼まれ、惜しまれ、人の心を動かす。彼は、選ばれた人で、きちんと生を全うしたのでしょう。

延命に全力を尽くしたみなさま、ご家族、お身内、お仕事関係のみなさま、お心、お体が安まりますように。

動物たちも、優しい園長さんとまた会えますように。会いに行かれている気もしますが。

志村けんさんじゃなきゃダメで、志村けんさんにしか出来なかったこと。

こんな素晴らしい旅立ち、なかなかない。徳が高い。

だから、私は涙は出なくて、ただただ、見事だな、と尊敬します。時代に一石を投じる生き方、素晴らしいですね。

2020年3月31日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

最近あったこと。

また、うちの鍵をなくしてしまいました。
おそらく、うちの中にあると思うのですが。
ちょっとショックなことがありまして。
喜んだ分、失望も大きいというのかなー?
壁がありまして、この壁を破るには何が足らないのだろうと、
いつも悩むのですが、
まあ、もう一皮剥けないとね、ってことなのでしょう。

で、悲しいなあ、がっかりだなあと思って帰ってきて、
ドアを開けるために、鍵を手にしていたのは覚えているのですが、
うちの中に入って緩んで、あるいは、猫がだっこをせがんだとか、
そういうことかもしれないのですが、意識が飛んで、
今日見たら、「あれ、鍵がない!」という惨事に。
外ではないと思います。うちのどこか。

最近、ちゃんと休んでいないんですよね。
今月は、友人宅に行ったのと、月曜日に時間が空きすぎて、
ラクーアに行ったくらいでしょうか? ああ、鼻鍼も一度行けましたね。

映画は、頑張っていこうと思っていたのですが、
「待てよ、私が保菌者ならば、軽いテロでは?」と気づき、
世間が解禁になるまで、我慢かなあと気持ちが変わりました。
Fukushima50は見たいんですよ。見なきゃいけないと思っています。
あと、スキャンダルも見たいんだけど。

ハンマースホイは、見ないうちに帰っちゃうかなー?
禁止が続くと、エンタメ、見たくなりますねー。
早く、日常が戻ってきますように。

ただ、なんか、きょうは、「終わった」気がしてならないんですよね。
アビガンが効くのかなー? 効くといいですね。


2020年3月28日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

チャム、女の子でした。

おかげさまで、チャムの不妊手術が無事に終わりました。

「ふつーにメスでした。ビデオも用意していたのに!」

おとぼけ先生、さすがです。でも、よかった、よかった。

まあ、顔や行動は、完全に男の子なんですよね。
だから、よくわかります。

チャムを病院に預けている間、ずっと家の掃除をしました。

もうクタクタ、うち、汚すぎます。

でも、まあ、無事に終わりました。あとは、先住猫の目だけ。
処方された目薬が合わないので、あとで変えてもらいにいきます。
猫で、一日のほとんど終わります。まあ、そんなもんですな。

2020年3月25日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画14『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

月曜日、めっちゃ時間が空いてしまったので、

打ち合わせ、ラクーア、映画、易という、

非国民ツアーをひとりで開催しました。映画をレイトショーにする手もあったのですが、火曜日にチャムの不妊手術を予定していて、早く帰ってあげたくて、お風呂を切り上げました。まあ、3時間あれば、十分に「整い」ますね。

ただ、ハーレイ・クインは、肩透かしでした。

なにがいけないのかなー?

1.女の子チームの中では、映えない

キャラ的にはちゃめちゃで、でも、人がいいみたいな設定ですから、
女子チームの中では、魅力が映えません。

だって、女子に人気って、ボーイッシュ、さばさば系が鉄板だと思うんですよね。ハーレイって、群れる感じもしないしね。

2.プリンちゃん命が、かわいかった

いわゆるイカれているいい女ですよ。でも、男から見た時に、やれそうで、やれないっていうのが、よかったはず。だって、ジョーカーの女なんだもん。

そこ、とっぱらっちゃうと。

うん、いまさら、ジョーカーをハーレイ・クインで動かすのは難しいってわかるけれど。そこをなくしちゃうと、魅力が半減しますね。

3.ストーリー、設定が雑過ぎた

ジョーカーの女でなくなった途端、自由気ままにやれなくなった……って
ただのクソビッチですよねえ?

DCの世界をそんなに知らない私ですが、もし、私なら。

「プリンちゃんと別れた、どう生きていこう?」に主眼を置くかなー?
一般人として暮らしてみようとして、「やっぱ、無理」が導入部、
で、あっさり犯罪に巻き込まれる、常套パターンですが。

スーザン・スクワットで、超凶悪犯扱い、ファム・ファタル扱いでしたよね?
あれ、どこやっちゃった??? 二重の檻が必要だったのに、
野放しで、テキトーな男にやられそうになっているって、変だから!

つまり、覚醒していないんだよねえ。
マーゴット・ロビーも、26歳、ずっとこの役は出来ないでしょうから、
今回、ぐたぐただったのは、本当にもったいない!
予告は面白そうでしたし、今の世界のウツウツをぶっとばすパワーありそうでしたが。

なかった。残念。


1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル12.ジュディ 虹の彼方に13.ジョン・F・ドノヴァンの死と生14.ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
 

2020年3月25日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

緑色のワンピース

ちょいと入り用があり、服を買いました。

用途を売り場のお姉さんに話し、「モノトーンなしで」で探したところ、グリーンに落ち着きました。

あとから言われました。

「グリーン、お持ちですよね」

着慣れているのは、わかるそうです。へー!

わあ、面白い。あるんですね、そういうこと。

団子も、50本買いました。こちらも、売り子さんにお礼を言われました。わはは、50本! なかなか買わないですよね。わはは!

2020年3月19日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

くたくた

昨日は、お子様がいるおうちにうかがいました。

帰宅するころには、くたくたに。

なのに、朝からジジとチャムで動物病院、夕方も、くーで動物病院へ。これはもう破綻します。

早くこのターンが終わりますように。くたくた。

2020年3月15日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画13『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

期待と違うという前評判は、読んでいました。外す予感はしていました。

が、チラシがかっこよかったので、見に行きました。入りはガラガラでしたが、ポイントは使えず。でも、時間がよかったので、TOHOシネマズで。Fukushima50でも良かったのですが。

予告を見比べると、ミニシアターよりTOHOシネマズが圧勝でした。が、いざ、見てみたら、スクリーンがデカ過ぎでした。これは、ミニシアターで見るべき作品でした。

で、まー、長い。

丁寧だけど、まだ、そこ? いつ、話が動くの?で、何度も座り直しました。欠伸をしました。

なんで、こんなに丁寧なのさ?

同性愛には、なぜ?が必要なのかな? 

ラストはかわいかったし、みなさん素敵なんですが、長かったという印象です。長かった。

1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル12.ジュディ 虹の彼方に13.ジョン・F・ドノヴァンの死と生

2020年3月13日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画12『ジュディ 虹の彼方に』

本日、三本勝負の中、一番見やすい作り。

スターの栄光と絶望、孤独が描かれています。涙ぐみました。

ただ、作りが本当に昔風で。ジュディ・ガーランドをなぜ、今、蘇らせるのかは、わからなかったです。この辺りは、好み。私は、タランティーノ監督のように、昔の話を今作りましたが、好きみたいですよ。

で、最近流行りの映画の演劇的演出は、あまり好きではないです。映像には映像の力があり、舞台には舞台の力があり、似て非なるものだと感じるからです。ミッドサマーは成功してますが、あー、エチュードですねと思っちゃうからなー。難しいね。

ジュディは、うるっときましたが、作りは、非常にベタでした。きょうは、つーか、今年ナンバー1は、レ・ミゼラブルです。が、人を選びますね。万人受けはしないと思います。私は、好きです。

1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル12.ジュディ 虹の彼方に

2020年3月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画11『レ・ミゼラブル』

ジョージア映画のすぐ後に、フランス映画。非常に洗練されていました。すまん、丁寧より、説明不足くらいが好きなのよ。

ヴィクトル・ユーゴーの作品の舞台となった街は今、犯罪の巣窟に。新米警官が、事件に、いや、街の闇に巻きこまれていきます。

日本じゃありえない展開ですが、もしかしたら、近未来、こっちに寄ってしまうかもしれず。

誰も責任を取らない怖さ、怒りを描いた作品といえばいいのかな?

存在のない子供たちに近い、フィクションなのに、とにかくリアル。これは、じわじわ来る、非常に残る映画です。私は、小演劇みたいな結末のパラサイトより、こっちが好き。ラストシーン、いいところで切るんだよな、ここで終わったらかっこいい、で、ちゃんと終わります。すごい。


1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った11.レ・ミゼラブル

2020年3月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画10『ダンサー そして、私たちは踊った』

非常に丁寧に描かれた作品。ただ、ジョージア作品なので、価値観がちょい昔過ぎて、懐かしい話を聞かされているような、不思議なスリップ感があります。

子犬、捨てられたチビ犬メンタルの主人公。

これは、自宅で見たら、早送りしちゃうかも。中国映画の芳華のまどろっこしさに似て。このあたりは、ハリウッドのスピード感に慣らされ過ぎかもしれません。

切なさ、愛しさ、後ろめたさ。そんな映画でした。

1.ジョジョ・ラビット2.パラサイト 半地下の家族3.CATS4.フォード&フェラーリ5.ティーンスピリッド6.盗まれたカラヴァッジ7.1917 命がけの伝令8.9人の翻訳家囚われたベストセラー9.ミッドサマー10.ダンサー そして、私たちは踊った

2020年3月10日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃