集中と弛緩。

昨日、ちょっと頑張ったら、今日はもうパワーがありません。

明後日の確認電話を受け、ちみちみ支度を始めました。

土曜まで予定がみっしりで、これをクリアしないと落ちつきません。

ひとつずつ、やっていくしかありませんね。

そうそう、20年近く使っていた愛用の鍋が壊れました。ベコベコ、黒々な悲しい仕様でしたが、使い勝手が良かったんですよ。強くこすったら、取っ手が取れてしまいました。

確か500円でした。ワゴンの中で見つけ、買いました。

間に合わせのつもりが、大活躍!は、よくありますよね。肌寒くて買ったストールが重宝したり、靴擦れで買った靴が定番化したり。買い物の不思議ですねー!

樋上公実子さん個展「はじめての香り」×新美術館「ピエール・ボナール展」

本日は、打ち合わせスタート。これがもう全然ダメダメ、やれやれ、しかし、和気あいあいという不思議な仕上がりでした。

ダメダメポイント1、ビルを間違え、遅刻した!

ダメダメポイント2、担当者様の名前を勝手に作った!

ダメダメポイント3、入館証をなくした!

この3つ目、かなり笑えて、気づいたら、ストラップしかなかったの! どこ行った? 入館証!

が、意外な共通点があり、先日入手したはいいけれど、行き場がなかった品物を嫁に出せて、めでたし、めでたしでした。

初編集部、初打ち合わせで、なかなかない仕上がりとなりました。お仕事も、頑張ります。

その後、小学館さんの一階にあるミカドカフェへ行き、新刊の『夢探偵フロイト てるてる坊主殺人事件』をいただきました。

相変わらず、乗りやすい性格なので、お供は、美的カフェオレです。

樋上公実子さんの個展にうかがう前に、ちょいと日本橋へ。

きょうは、三越前側から渡りましたが、ちゃんと、阿吽になってますね!

カレーの街からわざわざ高島屋さんへカレーを食べに行きました。

いや、新館オープンの日に見かけたカレーが気になって気になって! HATONOMORIカレー、美味しかったです。

また、お手軽価格の全国初発売のサブレも見つけました。樋上さん、新作、人魚モチーフでしたから、貝の形のサブレにしました。

途中、神保町姉川書店さんで猫本を、日本橋滋賀アンテナショップで、猫缶お茶を買いました。缶、迷っていたら、落としちゃいまして。体を張って、「私を連れて行って」だったので、素直に買いました。

猫本は、池田書店さんの『猫に言いたいたくさんのこと』です。もうおかしくて、おかしくて! 非常によい本!

姉川書店さんは、パワーアップしていて、猫だらけ!やばいですよ。手ぶらで出れませんぜ?

で、表参道ピンポイントギャラリーへ。

予期せぬ再会もあり、なんとなくひとつは、ギャラリーさんかなー?な品は、再会した方に押し付けました(笑)。

そこで、恋に落ちる私!

新作《絶滅したパピー》に、落ちました。かわいい!

過去にないですね、好き好き、うるせー! 大興奮!

いや、かわいい。また、会期中、会いに行っちゃうかも! パピー! 好きだー!

贅沢な解説つきの鑑賞とパピーとの出会いで、かなりテンションが上がってしまい、クールダウンのつもりで、新美術館に行きました。

が、まず、二種類あるチケットが、猫バージョンでした。やばい!

ボナール、さほど好きじゃなく、それは、タッチが重いのと構図が小学生の絵画みたいだからなんですが、犬猫だらけのモフモフ天国! テンション下がるどころか、上がりっぱなしでした。大興奮2!

Wファイルは買うわ、猫イラスト茶は、買うわ、現金ロッカーじゃなきゃ(3000円だけ裸で持っていきました)布バックやコースターも買ってたかも?

やばい。犬猫、遺作のアーモンドの木、あと大きな庭がツボりまくりました。ボナール、たいして好きじゃないと思ってましたが、20代のころ気に入って持っていたポストカードが、ボナールのグラフィックと知り、いやはや、たまげたのなんの!

興奮したまま、易へ行き、今、燃え尽きています。いや、充実しました。もらったはいいけど、猫に小判だった品も、嫁に出せてよかった!  あとは、働け、私!

パピー、また会いに行けたら行くわ! 私がメロメロになったパピー、表参道ピンポイントギャラリーにいます!

ボナール、間違いなく、いい人! 小学生画風と思っていて、ごめんよう。

追記

やらかした一日らしく、好きになった絵のタイトルも間違えてました。

×絶滅したバビー

○絶滅したパピー

大変大変失礼しました。

が、薔薇は名前を変えても、芳しい香りに変わりはない。パピーのかわいさも、ジュリエットみたいなものよ!

パピー!

かわいいから、みなさま、見て!

角が、新国立劇場バレエ団の不思議の国のアリスの白うさぎみたいなんですよ! パピパピパピー!

新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』

執念で、再訪。

セカンドキャストのアリス、カエルがいも虫になるのを楽しみに!

しかし、「あ、ですよねー」な結果に。

小野絢子さんのアリスは、正統派。優美な少女の夢でした。

米沢唯さんのアリスは、毒があり、病んでいて、Twitterで見かけた「電波な感じ」が本当によく出ているわけ。

だから、ぴょんぴょん待ちしてしまい〜。

見る順番が違えば、たぶん、米沢アリスに違和感を持ったんじゃないかなー?

赤の女王は、三幕が秀逸。が、そこ終わったら、疲れが出てしまい、うとうとして、はっとし、を何回もやりました。もったいなーい! 仕方なーい!

映画『ういらぶ。』→バーレスク

anan、Sho-Comiと二方向から重なって来たため、『ういらぶ。』を見に行きました。前日に予約を入れた段階では、席は選び放題でしたが、上映時間には、かなり混んでいました。

隣の席の大学生くらいの子が面白く、予告でBTSが出たら、「きょう、今が一番アガッた、カワイイ、カワイイ」と盛り上がってました。わかった、私も公開されたら、観てみるよ!と思いました。

さて、『ういらぶ。』は、星森ゆきも先生の人気漫画が原作。まさに、漫画から抜け出したような〜で、かわいかったです。こじらせからの脱出、大変よね。最初に平野さん×文鳥さんぬいぐるみのシーンで笑いがおきてました。私は、まるで誰かの代理で来た父兄参観で、みんな、楽しんでる? ときめいている?な視点でしたねー。もはやこんな同級生がいたら!みたいな、青春擬似体験は出来やしない! 年齢的に、擬似体験してたら、危ないですが。スペイン国立バレエ団観ても、ああ、お母様は、さぞや自慢の息子だろう、愛しているだろうとどうも視点がおかしいわけで。キャーキャー言う若さは、失われております。押忍!

あと、玉城ティナちゃんが、某編集部のIさんに見えて仕方なく、Iさん、若かったころ、このキラキラだっただろうなーと、ずっと考えながら、観てました。美少女、かわいい、かわいい。

私も、ラストのクレジットの中に仲良しの編集さんの名前を見つけてアガりました。単行本が出て初めて、あー、この先生の担当さん、あの人なんだ〜とわかる世界です。知ってる名前を見つけて、嬉しくなりました(遠縁、または、たんなる同級生な心境)。

で、ネイルをかえていただき、春先からずっと行く行く詐欺していた歌舞伎町バーレスクへ。

ひょんなきっかけで知り合ったバーレスクダンサーさんがいまして、お店に行く行く、ずっと言っていて、やっと行けました。

こんな怪しい扉を開けるんですよ。

お店のママのひとり、ナナさん、来店きっかけのオレーヌさん、ゲストの手廻しオルガニストの一寸さんに姫乃さんが、昨日のショーキャスト。

私のお声掛けなので、フードは負担し、意識してピッチを上げて飲み、常連客さんたちと打ち解けてみましたら、ナナさんに「きょうは、ホームパーティーみたい」、「章月さん、毎日来て。あなたがいれば、お客さんの財布は空っぽになるわ」、と、お褒めの言葉?をいただきました。

また、自分の中に、水商売属性があるのがわかるわけ。昔、遊び方がキレイなおじさま、おばさまがいらして、背中を見ているため、「ここは、割り勘じゃないな」とか、「私がサービス受けるより、チップは払って、サービスは、常連客に回そう」とか、ね。目配り、気配りが、素人じゃないわけ。あー、「よく見てるわね」も言われました。うん、昔、パーティーコンパニオンのバイトで、自分のテーブルの他に、チーフのテーブルも担当してたせいですね。チーフは全体を見るから、実質ひとつ手が回らないわけ。2テーブル任されることが多かったですね。美貌ではなく(笑)、気配りで時給が上がっていくわけ。わはは。

まー、そんなこんなで、場が整えば、発動しちゃうと気づきました。自分でも、ちょっと笑ってしまいましたが。ナナさんの声も、遠くで話してるのに、キャッチしてるしねー。歌舞伎町でもまだ、イケると言われたので(いや、いけまい)、いよいよ困ったら、どこかの場末で、遣り手ばばあみたいに頑張ろうかと存じます。占いができる遣り手ばばあ、いっそ、キャッチーでいいかも? どうかな?

手廻しオルガンの音は、かわいかったです。ノスタルジック!

非常に良心的で安全なお店ですが、ダンサーさんの数だけ、チップが必要なので、身の丈にあった遊びではなく、やはり男性のフィールドですから、もう十分、よい体験をしましたな夜でした。遣り手ばばあへの道も見えたのが、昨日の収穫です!

『豊穣の海』続き

三島の美学、憂国。

平成が終わる今、これを取り上げる心意気にまず、感服する。

演出は、マックス・ウェブスター。バランス、手際がよい。が、外国人演出家にありがちなのは、舞台は美しく印象的だけど、日本語のニュアンスが死ぬこと。

ヒロインは、華やかに登場。が、口を開いた途端、たどたどしく、落差にくらくらしたし、いろいろ届かなくて苦しかった。一方、私の目当ては、さすがに無謀な挑戦だったのでは?な仕上がり。身体能力高いと、言葉いらないよね。無理もない。

が、ヒロインは、ラストで反転する。観劇きっかけになった彼は、彼にしか出来ない一枚の絵を作る。

これ、どっちかなー?

その人にしか出来ないシーン?

台詞を正しく届ける力?

お二人の台詞回しが気にかかる、耳に障るのは、共演者が上手すぎるせい。プロの中にアマチュアが紛れ込んだような違和感でザラザラする。全体のレベルが高い。あるいは、ハマっているから、稚拙なセリフ回しが足を引っ張り、没頭しきれない。

まー、難関、難役すぎるよね。ストレートプレイをやりつくしても務まるかどうか。台詞に喰われてしまうのも、無理はない。

でも、大人の事情もあるからなーと、呑みこもうとしたとき、いきなり反転したから驚いた。あのザラザラ、不協和音も、全部計算だったんじゃないかと思わせる大反転。狙ってた? 偶然? 計算? 怪我の功名? ねえ、どっち?

だから、Twitterで、夢落ち扱いされていて、ギョッとした。夢落ちかあ? 私は、違うと思うけど?

夢落ちのもう一段深いところに、真意があるような?

とにかく、脚本、演出がよい。ヒロインの落差も、後味がよい。もし、狙っているなら、演出やコーディネーターは、呆れるくらいの鬼才。まー、出番も台詞も多いヒロインを稚拙に仕上げる必要はないから、単に実力不足なんだろうけど、これは、数年後には、バケるかもしれないよね。伸びしろがあるということ。登場シーンのスペシャル感、ラストシーンの温かさは、出そうと思って出せるものじゃない。華、という言葉に置き換えてもいい。

首藤さんは、やっぱりセリフは厳しい。中年期パートだけキャラがブレる、クオリティが落ちる。が、まあ、あれだけ、美しい絵になるなら。んー、でもなー、青年期、老年期の完成度が高い分、台詞でつないで欲しい。台詞、削れない役だしなー。これは、もう何を取るかだなー。中年期、美しく魅せる必然ない気がするしね。

美醜の対比があってこそ、独尊と恋慕の図も成り立つわけだし。美しい一枚の絵、あれ、いるかな? どうかな? いる? 高潔とされる社会的地位を持ちながら、劣情を隠し持つ醜さが、ブレないか?

美化すべきは、紗幕の中。葡萄じゃないよなー。惜しむらくはそこ。美しい一枚の絵だけれど、なんでいれたかわからない。首藤康之を使いたかっただけ? 松枝清顕チームにするには、年をくいすきているから? うむ。ま、観客サービス、息抜きみたいなもん?

卑下するものは徹底的に貶め、踏みつけ、歪め、毀し、惨めさの底に沈め、その屈辱、汚濁の中からなお、浮上してくる純粋さ、神聖さ、汚れなく清らかな魂を発見するのが、あのころの美学の定石ではなかったか? なぜ、見上げる役を美化するのか、私にはわからない。

市村さんのニジンスキー的な処理に逃げないのは、すごいけどさ。

美醜の対比と棲み分け、シビアにやらないと、大事な部分がぼやける気がする。ま、私も、リアルタイムで知っているわけじゃない。かつて、葬いの刻をチラ見しただけだけど。

美は、呪い。美は、残酷。美は、絶対。美は、宿命。

整形手術では、入れない聖域。狂気と熱情。

千秋楽、どう変わっているか、楽しみ。

 

『豊穣の海』

新宿サザンシアターへ。

建物自体久しぶりすぎて、いろいろ戸惑いました。劇場のカフェをアテにしてましたが、なんか胸騒ぎがして、駅ナカでおにぎりを買いました。セーフ! ドリンク自販機しかありませんでした。びっくり! 私の知らない世界!

チケット取りに張り切りすぎて、これ、もう一枚持ってるんですよ。ストレートプレイ二回は、厳しいなーと思ってましたが、あら、びっくり!

めっちゃ、素敵でした!

演出も、脚本も、出演者も素敵!

三島美学ですから想定される美は、きっと若き日の美輪明宏さんで、東出昌大さんは少しジャンル違いなのでしょうが、高慢さがよくお似合いで、いや、異次元でしたね。あー、あの異次元っぷりに、普通のヒロイン芝居じゃ安くなるから、あのキャスティングなのかもしれません。宮家っぽいというか。

ヒロイン、登場シーンとラストシーンが秀逸で! すごいね、持って生まれた何かがないと成立しません。

久しぶりに、セリフでちゃんと落ちる芝居を見ました。脚本、センスありますね。妬ましいくらい(最大級の褒め言葉です)。

いや、上質! 素敵でした。うっかりグリーンのツーピース買っちゃいそう! (笑)

上質な時間でした。あ、トイレの行列は、むごいので、高島屋さんや駅で済ませてくるのが正解です。しゃれにならん。

 

 

そういう風に出来ている!

いやー、昨日ですね、an・anの発売日でして。
ぼんやりTwitterを追いかけていたら、結構面白くて。

特集が❝心理テストでわかるあなたの愛しい男。❞で、表紙が平野紫耀さんなんですが、みなさまのつぶやきが、「心理テストをやらなくても、愛しい男はわかっている」で、ひとりで笑ってました。
ですよね~、もっともだ、そりゃそうだ!と思いました。

で、私がいかにボサッと生きているかがバレバレなんですが、
「ういらぶ。」の主演も、平野紫耀さんなんですね。あら、二方向からきたぞ!
原作は、Sho-Comiの連載なんですよね。星森ゆきも先生。
Sho-Comiで、星占いを連載しています。

というか、予告、見ているよね? Sho-Comiのサマフェスで。

俗に、間に3人入れると、誰にでもつながると言いますが、おそらく、間に1人挟むだけで、そこに平野紫耀さんはいらっしゃいますね。いや、会えないですよ? 会えないけれど、人のつながりって、すごいなあですよねえ。

前はコレ、「ウソだー」って思っていましたが、ある時、「わ、2人挟んだら、そこに天皇陛下!」ということがあり、相当驚愕しました。本当に世界はつながっているし、狭いのです。

ただ、そこに、次元の壁みたいなのは、ありますね。
生きているフィールドが違うわけ。
いくら2人辿れば、陛下だとしても、隔たりは大きく、当然、お正月に皇居に旗持って行くしかありません。一生かかっても、園遊会におよばれすることは‥‥、でしょうし。いかん、自分で可能性を狭めては! 相当がんばって、相当運と知恵を使わないと、園遊会におよばれすることは‥‥、でしょうし、にしておきましょうか。

で、ここで、微妙なすり替えが起こるわけですよ。
園遊会におよばれするぞー!を人生の目標にすると、おそらく、未来は、ガタガタになります。

それは、過程であり、偶然の産物なんですよね。
ひとつの指針であり、それ以上ではない。

だけど、どなたかに憧れ過ぎると、どうもブレてしまいます。
これ、幼少期の教育、教養が関係していると思うのですが、民度の違いというか。
いいとこのコは、ココは、ブレないんですよね。逆に、身の程を叩きこまれるから、最初から決められた階級に属してしまうわけで。乱数を持った人間と、ある程度以上の階級に生まれた人間の違いがあるなあとよく思います。
価値観の違いであり、生き方の違いであり、役割の違い。

私は、もう間違いなく、乱数なので。
〇〇におよばれするぞ!をうっかり、人生の目標にしちゃったりするわけですよ。
あ、違った、それは、ただの指針だったと気づいたのは、だいぶ経ってからでしたねえ。やれやれ。

次元の違い、これ、昨日のビジネスのスケールの大きさにも、関係してくるのですが、ここを抜けられるかどうかですよね。どこに身を置くか。

上を目指せばいいってわけではないけれど、今に不満があるなら、現状を抜ける努力はしてもいいかもしれませんよね。

まわりが偉く見えて、自分だけがダメで、ちっぽけで‥‥みたいな気分、誰にでもあると思うのですが、私の2018年の裏テーマだったような気もするのですが、1年かけて抜けたというか、「どうでもいいや」って、今は、カラッとしております。

んな、嫉妬とか、僻みとか、自虐とか、うっとうしいわ。
ウジウジしている自分がイヤだよ。

パイの取り合い、足の引っ張り合い、抜け駆けをやらなければいけないとしたら、それは、場が間違っているのです。そこにいたら、ダメ。そこで勝負しても、何にもならない。

ステージを変える、これは、射手座に入った木星がもたらす幸運のひとつです。
というわけで、木星移動の11月8日、元気よくいきましょー!

 

ビジネスの規模

昨日は、ビジネスの規模について考える機会を得ました。

なんかもう、人が偉く見えます。実際、偉いのですが(笑)。

己を振り返ると、いやもう、考えることが小せええ、小せええ!
イヤんなるくらい。

でも、まあ、ここで比較が出来て、内省が出来て、軌道修正も出来そうなので、よしとしますか。

スケールを広げる、意識を高める。

おい、射手座まんまやん!!!

というわけで、章月、しっかり星の流れに乗ってますよ。自分で、びっくり!

ただ、気持ちが上へ上へと向かうと、足元がグラつくでしょ?
イカロスやパエトーンのように、憧れに身を焦がし、墜落するパターンもあります。

イカロスは、太陽に焦がれ、翼を蝋でつけ、近づこうとしますが、太陽の熱で溶けて墜落します。
パエトーンは、太陽神の馬車に憧れ、借りられたはよいのですが、制御出来ず、軌道から外れ、ゼウスの雷で墜落していきます。

でもなー、私は、イカロスやパエトーンを笑いたくないですよ。すごいね、頑張ったね。人が出来ないことをやったね。届かなかったけれど、近づいたねって。
愚かな!と突き放したり、バカにしたりしたくない。

焦がれながらも、何もせずに死ぬ、そんな生き方、どうなのさ?
もっとも、もう私の場合、10代、20代の若さと勢いはないため、「ん? 蝋が解けてきたぞ。やべー、ダメだ、地上に戻ろう」するでしょうし、「ああ、いいです、いいです。横に乗せてください。あるいは、止まっているときに、手綱持たせてください。わああ、すごーい」で終わっちゃう可能性もありますが。

むーん、だから、スケールが小せええってことなんですが。

さて、蠍座の木星も残すところ、あと少しです。
ある方から「星読みを教えて」と頼まれました。「あ、やりましょう」って気になりました。ただ、12星座にはコレがあってね、こういうシステムで、こうなって……みたいなのは、ちょっとつまんないよね。腐るほどあるし!

もっと、感覚的につかめるように、何か仕掛けを考えてみたいなって思います。

では、心にイカロスとパエトーンを。パエトーンは、ルーベンス展で会えますよ!

新橋演舞場『るろうに剣心』

本日は、演舞場へ。

 

ここまでは、よし。が!

あれ?

アレレ〜?

御庭番衆、剣心の影、男性群舞、主要キャスト紹介と、一幕は、スピーディー。かっこいいです。

二幕は、かなり宝塚でした。座長は、実力派。全体の歌のレベルが高く、気持ちよく聞けます。が、処理が宝塚だから、フィナーレ待ちしちゃいます。

あと、御庭番衆、影をもっと見たい、見せろな気分になりますね。なんなら、芝居パートなしで、くらいに(笑)。

本末転倒!

かっこよく、美味しかったです!

 

 

 

2018年11月6日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

黒猫さんの恋

昨夜、寝しなに冷凍枝豆ペペロンチーノを作り、嬉しく食べたら、まんまと胃もたれ、覚醒しまして、2時間半くらいでハネ起きました。

黒猫さんに嬉しげに見つかり、音にしますと「ニャ!」、夜のパトロールに出かけました。

すると、野良の偽グルさま(グル似のブチ)がゴミ捨て場から現れました。わあ、ご飯探してるのかな? 胸が痛いぞ?

帰宅したら、黒猫さん、ご飯置き場に行きます。なんか食べるの? で、私にちゅーるのアペティートを持たせ、また、パトロールに誘います。手に猫おやつべったりなんですが???

で、探してるんですよ、偽グルさまを。近くにはいるのかも。アコーディオンみたいに伸びるので。しかし、私には見えず〜。

ご近所猫好き奥様に会い、挨拶がてら近所の猫譲歩を集め、「近くのタイ人の飼い猫らしい」と黒猫さんにも伝えました。白ちゃん、はっちゃんの仲間です。白ちゃん、はっちゃん、まったく見かけないんですが。「あら、見かけるわよ?」とも聞き、安心しました。

そんなこんなで、3、4回夜のパトロールに誘われまして、やっとジジが起きてきて、お相手バトンタッチです。いま、なんか夜の運動会が始まってます。

朝5時、ようやく眠れそうです。ゴミ出ししてから寝ようかなー?

寝しなのペペロンチーノ、ダメ絶対。

しかし、「あの子におやつあげて」には、打たれました。うちの子、優しいでしょ? 黒猫さんの恋。偽グルさま、BLかもしれんけど(笑)

2018年11月6日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃