映画8/100「くるみ割り人形と秘密の王国」

過日の「マチルダ 禁断の恋」のマチルダ役、最初は、キーラ・ナイトレイだったと知り、彼女目当てでいきました。

が、ディズニー風味で、さっぱりわからず。いや、シュガープラムだとは、わかるんだけどさ、わかるけど、わかんないよ!

冒頭は、クリスマスカラー満載、うっとり。しかし、秘密の王国以降は、「?」に。なにがしたいのか、よくわからない。わからない私がアホですか?

ベーシックな物語を崩す、壊す。それは、いいけど、崩し、壊す意味がわからないんだよねー。なんで崩すのかなー? また、シュガーラッシュといい、小さいものが集まってうじゃうじゃ、ディズニーのトレンドなのかしら? 公開時期のかぶり、気にしないのかな? 最新技術だから、誇示したいのかなー? わかんないなー。

追記。

ベーシックなくるみ割り人形の設定に対し、作品内では、善悪の入れ替えが起こります。味方の裏切り、悪役の善意。

ひっくり返したわりには、取り戻した世界は、たいして素敵ではないわけ。秘密の王国の中で、戦いにより荒廃したおもちゃの国は再建されないまま、新女王であるヒロインは、元の世界へ戻ります。当たり前のように、摂政が仕切っていて。

ヒロインの内面的な成長により、現実は前進するから、そこは、救いだけど。

秘密の王国に行くには、ヒロイン大人すぎるよね?

ヒロイン特化しすぎて、姉と弟空気だし。秘密の王国がお母様作ならば、夢落ち原作とは、意味、変わっちゃうよね。うむむ。

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋7.シュガーラッシュオンライン8.くるみ割り人形と秘密の王国

映画7/100「シュガーラッシュ オンライン」

テーマはいいけど、対象年齢と合わなくない?

シンデレラ、ガラスの靴! まじか?

追記。

ゲームキャラクターであるヴァネロペとラルフ。お菓子の国のレーサーであるヴァネロペは、現状に退屈しています。一方、ラルフはかつて一世を風靡したゲームの悪役。ヴァネロペとの出会いで、孤独から解放され、今の暮らしを大事に考えています。

刺激を求めるヴァネロペのために、ラルフが楽しみを用意します。が、それは、ヴァネロペが住む世界、お菓子の国のレーシングゲームを停止させる結果に終わります。

ヴァネロペは、レーシングゲームの世界を取り返すために、インターネットへ飛び出します。

というのが、ストーリーの骨子。

インターネットの世界を視覚化し、最初は便利さ、楽しさを謳い、怖さ、危なさにつなげていく手法は、素晴らしい。

インターネットの流れで、ディズニーワールドにスライドさせ、さながらディズニーランドにいるかのように、スターウォーズやら、マーベラスやら、ディズニープリンセスやらを登場させるあたりも、お見事!

しかし、ストーリーが展開する過程において、プリンセスたちは、自虐に走り、プリンセスをプリンセスにしたらしめているアイテムさえ、自ら叩き割ります。

やがて、アンダーグラウンドなレースゲームのラスボス、シャンクが現れ、見かけの怖さ、悪っぽさの裏にある仲間への愛、プロ意識がリスペクトされる仕掛けに移ります。

で、ヴァネロペってば、このアンダーグラウンドのなんでもありに、魅せられてしまうわけ。

あげく、お菓子の国のレースを捨てます。私がいなくても、誰も気づかない、と。

前半は、「危ない」「危険」とされたアンダーグランドなレースフィールドも、やがて、「コードを書いてもらったから」、再起動が可能になります。

もういろいろ、「はあ?」で。

ラルフは、大親友ヴァネロペのために、お菓子の国のレースを取り戻すべく、体を張り、見事に目的を達成します。が、せっかく世界を取り戻し、ゲームセンターに帰れると思ったら、ヴァネロペの心は、新しい世界に向いていました。彼女を魅了する新しい世界をスローダウンさせ、興味を失わせようとしますが、やり過ぎてしまい、インターネット全体を揺るがすトラブルを引き起こします。

親友でも、道が分かれる時が来る。そのときは、送ってあげて。離れても、親友だから。

テーマは、ね、素晴らしい。

が、責任が皆無なんですよね。

シュガーラッシュという世界の中での役割を自分勝手に放棄し、アンダーグラウンドなレースに転身していくヴァネロペ。自由と刺激、コードがない前半は、ミスったら、消滅の危機を背負い、それが、自由の代償だったのに、後半は、再起動への備えもバッチリというわけ。

クールで、クレバーなシャンクすら、ヴァネロペが責任と役割を放棄している事実を指摘しません。

メーカーが倒産し、パーツの交換が困難なシュガーラッシュは、やがて、交換が出来なくなくなるでしょう。滅びゆく旧世界、時代の推移につれ、やがて消えていく危険性が高いのに、我らがプリンセス・ヴァネロペは、目先の変化と刺激を求め、懐かしい世界、自らの居場所を捨てます。

安いチャレンジ、イージーな転身。やがて、また、飽きがくるでしょう。シャンクのゲームは、シャンクのもの。紛れ込んだヴァネロペは、主役には、なれませんから。

親友との別離を受け入れたラルフは、リハビリをし、現実に対応していきます。喪失からの再生は、アメリカが抱えるテーマのひとつで、ディズニーらしい観客総ざらいのフックです。

自由と刺激、それを求めるなら、ケジメが必要ではないかと。ただ、私のやりたいことは、これじゃない!で、飛び出すのは、子供のすること。

プリンセスたちは、ドレスを脱ぎ捨て、カジュアルファッションを楽しみます。ガラスの靴は、叩き割られ、王子様を待ち、従う古き生き方は、否定されます。

が、プリンセスたちがやっているのは、ディズニーワールドのキャスト。ただのエンタメ、おもてなしです。王子に背を向け、城を捨て、ガラスの靴を叩き割り、自立したのはいいけど、居場所は、大部屋の楽屋と触れ合いステージ?

新しい刺激と自由を求め、懐かしい世界を捨て、親しい人に寂しさを強要し、リセットの効く毎日を選択?

かっこ悪くない?

脱いでしまったアイドルみたいに、もう魅せるもの、なくない?

どうするのかしら? このかっこ悪さ!

プリンセスたちに、新しい物語をプレゼントする?

ヴァネロペは、シリーズ3作目で、滅びゆくシュガーラッシュの世界を救うために立ち上がる? あるいは、シャンクのレースにも、飽きて次を探す?

友達なら、友達の夢を応援するべき。これは、正しい。が、友達なら、友達の間違いを指摘するべき、じゃないかな?

要は「ないものねだりのワガママVS執着」の話なんだけど、執着は醜悪と声高に糾弾され、ワガママはスルーされ、自立と美化されていきます。

あなたをあなたたらしめる要素、んな、簡単に捨てていいの? ガラスの靴も、お菓子の国のレースも、壊すのは、一瞬。失ったら、消えてしまう。破壊と否定の先に、なにをつかむの? いまどきディズニープリンセスよ。

自虐&自立の果ては、ファンふれあいアトラクションと大部屋楽屋。自由を求めて、再起動可能な新しいフィールド。

闇があります。本当は怖いシュガーラッシュ。

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋7.シュガーラッシュオンライン

春、苦丁茶

花粉、キテますね。

微量ながら飛んでやがります。

というわけで、春認定で、苦丁茶を買ってきました。

デトックスモードなのかもしれません。少しずつ、ゆっくりと、ひとつずつ。

苦丁茶、文字通り苦いんですよ。が、なんか好きなんですよね。なぜかしら?

2019年1月9日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

鼻鍼96回目/川崎MUZA 日本の音で迎える初春

川崎へ。目当ては、「MUZAランチタイムコンサート1月 日本の音で迎える初春」。

笙の先生ご出演の公演です。川崎MUZA、初めて行きましたが、15周年なんですって。先生にお会いするのは、二年ぶりにくらいでした。

それから、中華街へ。

鍼で、褒められました。浮腫んでない!と(笑)。

また、鼻鍼が、ヤバいくらい、出血します。瘀血だらけ! 事件性があるほど、血塗れに! 二回、手を洗いに行きました!(笑)

いやー、普段、どれくらいブヨブヨしているか! いかに、鈍化しているか!

酒かー!

ヤバいなー! きょうはいいですよね、褒められて。しかし、もう飲めなくなっちゃうじゃん!(笑)

媽祖さまにお参りをし、悟空に向かったら、まさかの喫茶お休みでした。むーん!

元町へ流れ、SAND GRASSさんへ。

前から気になっていましたが、おいしいお店でした!

映画6/100『マチルダ 禁断の恋』

これ、本当にロシアで、大ヒットしたの???

先帝が一番魅力的で。あとは、よくわからなかったです。

ミハリーナ・オルシャンスカ演じるマチルダの魅力がまず、わかりません。男性目線だと、小悪魔なの??? 美人カテゴリーなの? すまん、ちょっとわからなかった。

頭が???なまま、でも、まあ、ロケ地、衣装は、ゴージャスだったから、そこは、よかったかな?

初めて行った新宿武蔵野館、キレイでびっくり。かなり奥行きがある映画館でした。親切にしてくださり、ありがとうございます。

追記

なるほど、調べると、結構大変な背景なんですね。ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世が聖人だから、国内で反発が起こっていた、と。

どこまで史実で、どこからフィクションで、なにが大人の事情なのか、さっぱりわからないから、?になるんでしょうね。

ニコライ二世こと、ニキは、最愛の愛人マチルダが死んだと思い込み「太陽のような姫、アリックス」を失わずに済んだとあっさり乗り換え(というか、皇帝とバレリーナとのルートはないよね?)、そのくせ、戴冠直前に死んだはずだよ、マチルダさんを見て、気絶したり、いや、あれは、妄想??? リアルにはなかったこと?

マチルダは、「踊りたいだけ」なのに、戴冠式に気楽に侵入するし。お前は、惨めに老いるだけと言われたから? でも、警備も厳しいよね? なんでチョロチョロ入れちゃうの?

マチルダは、密使に捕らわれたのに、どうやって逃れたの?

炎に包まれたように見えたけど、火傷しなかったの?

悪者はディズニー映画風だったけど、やること、手ぬるくない?

ニコライ2世皇后は、なんでマチルダに一喜一憂してるの? 身分が下の者に対し、感情をさらすなんておかしくない?

いろいろ、知りたいことはあるけど、二回見たいとは思わないのがすごい。敷いて言えば、先帝アレクサンドル3世の登場シーンだけかな? 先帝だけが、魅力的に見えました。

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!6.マチルダ 禁断の恋

粗いエネルギー

昨日、鑑定が入って、私だけビブリオマンシーが出来ませんでした。

なので、自宅でひとりでやってみたところ……。

ざっくり言えば、「キメが粗いよ」でした。

そうか、キメが粗いのか。やっぱり、一週間程度休んだくらいじゃ、整いませんね。でも、少し自覚をして。休息しつつ、スピードとクオリティを上げて!

ポジティブ、明るさ、スピーディー。

最近、あちこちでいただく言葉です。このあたりを軸にして、人生を組み立てていこうと思っています。

パワーを溜める、感性を磨く、自分を見つめる……。この辺りが、当面のテーマで。きっと、人よりも展開が早いと思うんですよね。どんどん進む、次々に動いていく。なので、感度を研ぎ澄まし、集中を途切れさせないように……。

やっていこうと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

2019年1月7日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

ガレット・デ・ロア×ビブリオマンシー

燦伍(さんご)さんにて、ビブリオマンシーの会なぞ。

ガレット・デ・ロアも。今年のクイーンは、天城映先生。森冬生先生ピックアップのサワムラのガレット・デ・ロアです。

一度もクイーンになれないのが悲しく、自分用にも買いました(笑)。

燦伍さんは、日曜は待機の先生がいらっしゃらないため、私もちらっと鑑定なぞ。

その後は、新年会へ。しゃべって、しゃべって、笑った一日でした。

映画5/100『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』

映画100本ノック中。予告で見て、グッときたのが、こちら。

『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』

bunkamura ル・シネマへ。

面白かったあ、初めてパンフレットを買いました。

ポップカルチャーの復習になります。ビートルズ、ローリングストーンズ、ザ・フー。ミック・ジャガー! おー、なるほど!

ツイッギーのチャーミングなこと!

マイケル・わんちゃんじゃない、ケイン、何人女を泣かせた? みたいな。

マリー・クワントが、コンサバではなく、攻めていたブランドであったこと。ヴィダルサスーンが、ヘアスプレーメーカーでは、なかったこと。

くだらないけど、いろいろな発見をしました。

ブランコって、日本にあったのかなあ? やはり輸入された文化なのかな? いろいろ、かわいい「手に負えない人たち」。

三部構成もわかりやすく、カルチャー誕生、全盛、衰退と続きます。これ、うちの母の世代なんですよね。

なんかいろいろ考えちゃいますよ。面白かったです。

ポップカルチャーのおさらいになるので、ピンと来た方は、ぜひ!

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生5.マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!

『幸運を引き寄せる 神秘のムーンオラクル』

年末に入手した『幸運を引き寄せる 神秘のムーンオラクル』。誕生日におろしました。

が、これ、扱いづらいかも。

カードのサイズ、枚数、紙の厚みのバランスがよろしくありません。女神カード抜けばいいかなー?

ちょい模索が必要かも。使えるかなー?

51歳の私のカード。メラメラ燃えるぜ! 上がっていくぜ!(笑)

ホントかな?(笑)

映画4/100『アリー/スター誕生』

野暮ったいタイトルからして、普通ならスルー。が、100本ノック中なので、時間が合えば行きます。時間が合いました。行きました(笑)。

リメイクだけに、いろいろ昔で。安心して見れる反面、重くも感じます。時代、題材を現代に寄せたほうがよくない?

ガガさま、ブラッドリー・クーパー氏、みんな、悪くない。魅力的だし、色気があります。が、絶望的に設定が古く、ノスタルジックの範囲に引っかからない。

また、アルコール中毒はねー。もうリアルすぎて。いや、もう解決できない、もうひとつの問題ですから。

ワンコが胸に迫ります。ワンコ、批評家の猫より、圧勝!


エンディングよかったなー。『私は、マリア、カラス』のエンディングと同じで、いいギフトになってます。

【映画100本チャレンジ】1.メアリーのすべて2.私は、マリア・カラス3.ボヘミアン・ラプソディー4.アリー/スター誕生

2019年1月5日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃