アメリカの風

アメリカから友人がやってきて、ランチをしました。

三年ぶりの日本は?と聞くと、みんな、つらそうだと。たしかに!

三年の間に、すっかりスピリチュアルな人になっていて。日本にいたころは、霊障に悩まされていましたが、今はコントロール出来るようになったようです。よかったねー。

かなりスピリチュアルなイベントで来日し、帰国前の滑りこみで会いました。

なんだか久しぶりに、スピリチュアルな世界の話を聞きました。面白かったのは、スピリチュアルイベントの感想でした。参加者に、エゴを感じたんですって。

ココにいるオレ、すごいだろ?的なやつ。

わあ、スピリチュアル、あるある!

私は、映画を通じ、かなりアメリカのヤバさに気づきましたが、彼女からは感じませんでした。まだ、トラベラーだからかな?

日本の貧困は、深刻。あっという間に、転落しましたね。で、たぶん、今、お金を持っている層は、層で、なんか豊かじゃないの。つまり、お金じゃないんだよね、この先は。

彼女とは、嫉妬の話、龍の話をしました。セドナの話も。フラットでいることの大事さも。

今朝は、黒猫さん脱走で大変でした。

ペンデュラムで呼びかけた直後に、リアルに呼んだら、帰ってきました。びっくり!

スピリチュアルな一日に。

2019年6月27日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

ジジちゃん、膀胱炎再発!

うー、慢性化してしまったようです。

膀胱の中が、酸性に傾いてしまい、石も出来ているそうで。

ジジちゃん!!!

治療費は、二万円。チーン! いいよ、稼ぐよ。安心して、病みたまえ。任せて。

2019年6月25日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

自転車置き場の人間模様

昨日、大荷物で最寄り駅につき、さ、自転車に乗せて帰りましょう……の段で、
流れが止まりました。
精算機が故障していて、自転車が出せないのです。なぬう?

キレ気味の女性に説明され、男性が交渉の電話をかけていて、
かなり高圧的に交渉しましたが、「遠隔操作はできない」の一点張り、
メンテナンスが到着するまでに、90分と聞き、ありえんわけですが。

大荷物過ぎて、徒歩は無理、明日、自転車を取りに来るのは面倒くさい、
そこに新しい人がやってきて、すぐにクレーム電話を入れました。
こちらは、よどみなく、理詰めでスマート。

あとから、コールセンターで働いていると教えていただきました。

なるほど! ツボを心得ている! 上席という言葉も新鮮でした。

なんだかんだで、「きょう出せないのは仕方ないけれど、故障の超過分払うのはイヤですよねえ」になって、今度は私がかけることに。

なんとか無料にすると言質を取り、じゃあ帰ろうとしたら、コールセンター嬢が、「張り紙をしておきましょうか」みたいになって。

適当な紙に書きだすので、書き終わるまで待つかーになり……。

また、数人増えて、数人帰り、その場にいた男性がバッグからセロテープを出してきて、「すごい、よくお持ちでしたね」と言ったら、「アイドルの追っかけをやっていると必要なんで」とおっしゃいます。おお、身に覚えがあるぜ。

が、しゃらっと教えてくれるあたり、何かがおかしくて面白いです。

張り紙を書き終わらないうちに、人の好さそうなメンテナンスの人がやってきて、「すみません、すみません」になりました。料金精算機ではなく、一台一台出してくれるのです。一番に出してもらいましたが、なりゆきで張り紙さんとセロテープさんの出庫も待って……。

そこへ男性がやってきて、「あ、今」と話しかけたら、「あれ、まだいたんですか?」で、最初の男性でした!
「えええ? おうちに帰られたのですか?」と聞くと、「違うんですよ。だいぶ行ってから、『自転車にカギ、差しっぱなしだった』に気づいて」とのこと。
だいぶ、どちらまで? 本当にだいぶ、でした!!!

なんだか不思議な演劇的な体験でした。帰宅は、40分くらい遅れました。

2019年6月23日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

占いとキャンドルナイト

夏至の日にかけるおまじない。

昔、My Birthdayで読み、ずっと心に残っています。

二個倒れてますね(笑)

夏至へのこだわりは、たぶん、My Birthdayから始まっています。

優しいみなさんにおつきあいいただき、章月綾乃の「占いとキャンドルナイト」は無事に終了いたしました。お忙しい中、また、お足元が悪い中、お運びいただき、誠にありがとうございました。

今回、ご用意したのは、星の読み解き、シェイクスピア「夏の夜の夢」によるビブリオマンシー、タロットとルノルマンカード、ジオマンシー用さざれ石、カルマカード。あはは、ホロスコープリーディングとビブリオマンシーで、時間いっぱいになりました。

会場選びにしくじり、冷蔵庫はない、お湯も沸かせない、で、かなり苦労しました。夏至だから、サンドイッチがムードですが、冷やしておけないから、ないわけ!

また、ホワイトボードが邪魔!

やらないとわからないですね、これは。

ビブリオマンシー

素晴らしかったのは、ビブリオマンシーで!

小泉茉莉花先生、高橋桐矢先生、占いを勉強中のお客様、業界の有名人とメンバーも資質もよかったのでしょう。

素晴らしいクオリティでした。こんなに、わかるの?で。シェイクスピア、すごい!

幸せな一夜になりました。みなさま、ありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

冬至もやりたいんですが、タイミング的に難しいんですよねー。うーむ、むーん。

2019年6月23日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

神道文化会

神道文化会の講演会、なんか好きなんです。

清らか

テーマは、「皇位継承儀礼を考える」。

神道文化会ならではの視点。もちろん、國學院、皇學館大学の生徒さんたちは、がっつり取り組んでいるテーマだと思いますが。

一般の人間には、なかなか触れることができない世界です。雅楽がテーマのときにお誘いいただき、以後、ご案内をいただき、行かれるときは、拝聴しています。ま、聞いても、忘れちゃうんですけどね。

一般には耳慣れないこと、噛み砕いた説明があるときと、わからないまま進んでしまうときが混在していて。ある意味面白く。

解説していただき、初めて御譲位に際し、上皇様のお心を拝察することが出来ました。

神代の昔に遡り、散りばめられたフレーズの中から世界を構成するものを再構築していく、地道で真摯な作業です。

西洋のシステム、ルールにハメると、はみ出すのが、日本文化です。神道も、仏教も、私たちの意識、価値観のベースにあり、他文化の基準では、割り切れない部分もあります。

痛みなしには、この世界は回らず、痛みなしには、進化はなく。

また、明治天皇に関する逸話は、大変興味深かったです。もっと知りたくなりました。あと、応仁の乱! そうか、そういうことなのかー!で、目からウロコが! 面白かったです。

2019年6月23日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

本日、私の身の上に起こった不幸の数々

きょうは、朝から仕事をしまして。

お昼に美容院、夏至のイベントがあるために、予約通りに行きました。

で、出かけに、ネックレスをつけたのが、あかんかった!!!

あっけなくなくしました。留め金、留めるの、甘かったみたい!

さらに、トイレの便器の中に愛用の地元用バッグを落としました。チャポン。

不思議なことに、スマホもお財布も中身は無事でした。

メゾンカイザーで、カンパーニュを買って食べたら、歯が負けました。
入れ歯、割れました。歯医者はきょうは、お休みでした。

気を取り直して、ネックレスを探す旅に出かけたのですが。
イレーネ(ル・シネマでなくし、出てきたブレスレッド)ではなかったからか、出てきませんでした。ただ、コンビニにも寄ったけれど、聞き忘れたので。
また今度聞いてみようかと思います。

トイレの便器に、バッグがダイブ、聞いたことないですよねー?
びっくりしましたよ!! 三回洗って、使います。ウイ、マダム!

2019年6月20日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

映画14『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』

これは、チラシで見かけてから、ずっと見たくて、見たくて!

きょうは、朝から易の研究クラス、さっさと帰って仕事しなきゃ!なんですが、ついつい、映画館に吸い込まれました。

評判がいいんですよ。だよね、でしょー?で。

見ちゃった!(笑)

昔、読んだホラ話みたいな。かわいいかわいいお話です。

インドムンバイからパリへ。イギリス行かずに、バルセロナ、ローマでリビア、あちこち行くよー!なアジャの旅。

かわいいかわいい映画。気が済んだので(ホントは、「メモリーズ・オブ・サマー」も観たい! 我慢!)、頑張って働きます!

1.名探偵ピカチュウ2.東映まんがまつり3.憶えてる?4.RBG 最強の85才5.初恋 お父さん、チビがいなくなりました6.ホワイト・クロウ7.コレット8.僕たちは希望という名の列車に乗った9.パラレルワールド・ラブストーリー10.アラジン11.ガルヴェストン12.誰もがそれを知っている13.旅のおわり世界のはじまり14.クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅

2019年6月19日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

打ち合わせ

打ち合わせに行きました。うまく、まとまるといいなあ!

自覚しました。私、風邪ひいてました! きゃあ!

2019年6月19日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

「ピピン」考

「ピピン」は、サーカス仕立ての自分探しの物語。ファンタジック、かつ、ノスタルジックに進んでいきます。

心の世界、空想のフィールドだから、失敗したら、やり直せます。これじゃない、あれじゃない、繰り返し、シミュレーションして、充実感のある人生を模索するのです。

ピピンは戦争、セックス、王位、平凡な暮らしに身を身を投じ、どれでもない、これでもない、もっと違う何かを求めていきます。

やがて、特別な僕、ピピンのためのグランドフィナーレの時間が近づき〜。

今回の日本公演、アクロバティックな群舞の動きは、見事なのですが、全体に健全で、道徳の教科書みたい。

違うよね?

足らないのは、危うさ。

享楽が一瞬で反転し、破滅に向かうみたいな、狂気と刹那的な空気、笑顔を剥いだら、そこに空虚があるような恐ろしさ。

キャンデーカラーの夢の向こうに潜むのは、何者にもなり得ない自分、空っぽの怖さ。

映画ならば、『天国でまた会おう』なんだよ。バカバカしく、豪華で、懐かしく美しく、怖くて悲しい。

なんじゃ、この薄っぺらさ。

城田優さんも、クリスタルケイさんも、頑丈すぎて、壊れない。健全でピュアで、まったく、脆さがない。

なんでこのカンパニー、「ピピン」が危うい話だと気づかないの?

遊園地にサーカス、反転したら、怖いものだと、悲しいものだと気づかないの?

見ながら、終始退屈し、悪くはないけど、パーツがハマってない、好きなはずなのにつまらない、何がいけないのかわからない、のは、わかりました。

ご清潔、クリーン、迷いがなく、健全だから。

底辺に狂気が、絶望が、狂おしさ、やるせなさ、閉塞感がないまま、単なるエンターテイメントに仕上げているから、子供っぽいわけ。

もっとわかんなくていい。もっとはみ出していい。もっとヒリヒリしていい。

役者にはわからない視点。城田さんやクリスタルケイさんに、狂気が備わっていたら、自然に出るけど、彼らは健全、ならば、演出家が引き出さなきゃ!

が、今回のカンパニー、フォッシーニュアンスを踏襲し、アクロバティックな組み立て考えて、「ピピン 」完成!ってなっています。型は整っても、魂入ってないじゃん!

これ、最近の病んでいるアメリカ、案外、うまくやってるんじゃないかな? ブロードウェイは、たぶん、危うさ、脆さ、出ていると思います。

日本人、まだ、意識眠っているから。

世界は、壊れようとしている。その中で、不変なもの、確かなものを、特別なもの、自分だけのものを探そうとしているのがピピン 。

もっとヒリヒリしていい。しなきゃ、ニュアンスが生きない。甘いだけのお菓子なんて、もたれるでしょ?塩味、スパイス、人生はやるせないもの。だからこその夢。

「蜘蛛女のキス」で、ドラックで飛ぶシーンあるじゃない? アレだよ、アレ。あの浮遊感、わけわかんない幸福感、それに、コットンキャンディーカラーがついて、わさわさサーカスな人たちがいて、子供返りしている話が、ピピンなんだってば!

なに、子供の価値観、大人の話にすり替えてるのさ?

なに、甘口仕上げにしているのさ?

やばいよなー、白痴化進んでるぜ? 日本カルチャー。かくいう私も、この仕掛け、違和感の理由に気付くまでに時間がかかりすぎ。見ながら、わかんないとダメだわ。精進します。ハイ。

2019年6月18日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃

ミュージカル「ピピン」

んーと、作風は、嫌いではない。色彩は好き。

が、終始退屈。一幕の中尾ミエさんで、持ち直し、後半は、興味深く見ました。

二幕は、長い。狙いはわかるが、長い。

一緒に見た友人は、楽しかったと。

何がいけないのか、ずっとわからなくて。

小屋のサイズ? サルティンバンコやシルクドソレイユに慣れすぎた?

易のクラスで瞑想をしまして、ひらめきました。

狂気が足らない!と。

半ば、夢みたいな世界だから、もう少し危うさがないと魅力が半減します。毒気がなく、ご清潔、超クリーン!

それだ!

主演ふたりが、優等生すぎ。もうちょいクレージーさがないと! たぶん、そういう話、ピピンって。

シアターオーブは、広過ぎるのかも。

2019年6月17日 | カテゴリー : 日々のこと | 投稿者 : 章月綾乃