『豊穣の海』

新宿サザンシアターへ。

建物自体久しぶりすぎて、いろいろ戸惑いました。劇場のカフェをアテにしてましたが、なんか胸騒ぎがして、駅ナカでおにぎりを買いました。セーフ! ドリンク自販機しかありませんでした。びっくり! 私の知らない世界!

チケット取りに張り切りすぎて、これ、もう一枚持ってるんですよ。ストレートプレイ二回は、厳しいなーと思ってましたが、あら、びっくり!

めっちゃ、素敵でした!

演出も、脚本も、出演者も素敵!

三島美学ですから想定される美は、きっと若き日の美輪明宏さんで、東出昌大さんは少しジャンル違いなのでしょうが、高慢さがよくお似合いで、いや、異次元でしたね。あー、あの異次元っぷりに、普通のヒロイン芝居じゃ安くなるから、あのキャスティングなのかもしれません。宮家っぽいというか。

ヒロイン、登場シーンとラストシーンが秀逸で! すごいね、持って生まれた何かがないと成立しません。

久しぶりに、セリフでちゃんと落ちる芝居を見ました。脚本、センスありますね。妬ましいくらい(最大級の褒め言葉です)。

いや、上質! 素敵でした。うっかりグリーンのツーピース買っちゃいそう! (笑)

上質な時間でした。あ、トイレの行列は、むごいので、高島屋さんや駅で済ませてくるのが正解です。しゃれにならん。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です