章月綾乃のホームページ

 占い、心理テスト、開運メソッドの研究、執筆など。

  お仕事のご依頼、お問い合わせは、こちらへ shouzuki.ayano@gmail.com

アート

『パリ♥グラフィック展』『MOOMIN パペット・ アニメーション展』

あまりの詰まり具合に、土曜から意識が飛びかけています。日曜以降バタバタするから、前倒しでいろいろやりたいのに、土曜は母が来て、半日潰れました。

土曜の夜に、前からやっていた企画書をまとめ、翌日は、早稲田、浅草。月曜は、昼までに原稿を書き、昼から人に会いまくり、易の教室にも行き、倒れるように寝ました。

人に会えば、その分、やることも増えますよね。朝9時から11時までメール、メール、メール!12通も出していました!  出かけに、予定より早く品物が届き、バタバタしていたら、打ち合わせに遅刻しました。

打ち合わせ帰りに、『MOOMIN パペット・ アニメーション展』と『パリ♥グラフィック展』をのぞかました。招待券をいただいたのです。

ムーミンは、ウィンドーショッピング程度。

パリ・グラフィックも、「あー、ここの館長さん、こういうの、お好きよね」で、なんてことなく、流しました。最後の部屋で、やっと「お!」がありましたが、図録に載ってませんでした。ジョルジュ・ド・フールの『神秘的で官能的なブルージュ』のシリーズ、あと、最後のケースの中の絵葉書みたいなやつ! 三枚あるうち、一枚なかった気がするし、ケースの中のは、まったく扱われてなかったように見えました。チケットいただいたから、図録買っても良かったんだけど、「あれ? ないじゃん」でした。まあ、いろんな制約があるのかもしれませんね。

三菱一号館は、混まなきゃいい空間ですが、人がいっぱいだと、バカじゃないの?という気分が募ってしまい、非常に微妙ですね。角にある絵が見たいのに、次の絵の順番待ちで、ベストポジションが潰れていて、そこにいる人は、作品に背中を向けています。狭すぎなんですよ!

個人の邸宅で、ゲストとして見せていただく〜みたいなコンセプト。なのに、実際は、人いっぱいだから。

でも、死都ブリュージュ、読み返したくなりました。忘れていたので、よかったです。

怖い絵展

怖い絵展

混雑必至な『怖い絵展』、頑張って見てきました。

狙って、土曜日の夜間公開に行きましたが、読みが甘すぎました。しまった、これ、若い世代のカルチャーみたい!

デートスポットかよ! で、己の読みの甘さを悔やみましたよ。

美術館とカップル、無駄な混雑しか生みませんから、軽く絶望しました。だって、考えてもご覧なさい。美術鑑賞は、マイペースで完結しますが、デートでバラバラに見ます? 見ないでしょ? かくして、無駄な待ち時間だらけになり、手をつないだり、身体寄せ合ったりで、動かない山があちこちに生まれるのです。むーん。

とりあえず、30分待ちだったので、椿屋さんで、素直に30分待ちました。1100円もした男前パンダラテは、こちらです。

パンダラテ

時間調整が功を奏し、10分待ち表示、正味5分待ちで入れました。入れましたが、まあ、混んでいました。前半は後で空いたときを狙って見ることにして、後半から攻めてみました。

まあ、でもね〜、混雑を耐えるほどではないわけ。

目玉の《レディ・ジェーン・グレイの処刑》は、確かにキレイです。キレイですが、これだけ持ち上げられちゃうと、感動の押し売りに近く、んーと、になります。自分で出会ったら、違う感想を持つかもしれませんが。

他も、このモチーフなら、もっとグッとくるやつ、見たことあるよなあ〜が大半で。たぶん、アート好きで、マメに美術展に足を運ぶ方は、同じように感じるはずです。

見たことなくて、「いいなあ」は、チャールズ・シムズ《ワインをたらふく飲む僕と君にこれがなんだというのだ》でした。いいなあ!

セイレーン

ま、かくして、話題の企画展に乗ってみました、混んでいました的な印象しか残らなかったわけですが、それでも、セイレーンもあったし、キルケにも会えたし、楽しかったですよ。ミュージアムショップ企画にも、乗ってみました。

美術好きな人は、脳内で手前勝手に、補完するとして。

問題は、メインターゲットの「話題だから来ました」層なんだけど。混雑で、嫌にならないかな? 期待した怖さに会えたかな?

ちょっと心配しちゃいますよ。

Twitterでもつぶやいたけど、私は、久世光彦さんの『怖い絵』が本当にぞくぞくして。美術館に行く習慣の前に出会ったせいかもだけど。

無意識に探している気がします。暗闇とほの灯り、死の島、死の都の怖さを。

心穏やかな金曜日

昨日、美術展5つハシゴという、大変贅沢な、大変アホな、どうかしている
企画を実行に移したおかげで、きょうは、スッキリしております。

昨日も書いたのですけれど、まず、運慶の菩薩像にやられました。
「あなたね、慈悲ですよ。そして、寛容ね。生きるということは、悲しいことですよ」

博物館展示で、魂を抜かれているはずなのに、びんびんと伝わるものがあります。
また、運慶のお父さまの作品も味わい深くてよいですねー。

相変わらず、仏教アンテナ、寺アンテナはないのですが、でも、今回は「去ね」言われなくて
よかったなあと思いました。前に、仁王像に「去ね!」言われた気がしたので。
あれ、薬師寺展だったかな?
ああ、興福寺属性なのかな? あるいは、私?(結構な対立があると、現地で教わりました)

あ、ボストンが飛びました。
んー、ボストンはねー、入場の段階で行列が出来ていて、鑑賞のコンディションがよくないんですよ。
でも、会期終了間際だから、これは、のんびりしていた私の責任です。

展示も、少々、凡庸でした。
全部、どこかで見たことがあるような気がしてしまって。
南宋の龍の絵だけ、真剣に見ました。

で、楽しみにしていたマジカルアジアは、常設展示に色をつけたようなものでした。
基本、遺跡からの発掘モノなので、非常に疲れるんですよ。
で、ビンビンくるのが、墓絡みのものばかり。
友人に、旅に出ると墓に呼ばれる子がいて、報告を聞くたびにからかっているのですけれど、
私も、あまり友人のコトを笑えないみたいです。
「ん?」って思うと、墓なわけ。
剣を見ると、戦いの終わりを連想します。疲れ切って帰ってきた戦士たちのイメージ。

本当は、ボストンとマジカルアジアだけのつもりでしたが、
お口直しに、突っ込んだのがフランス人間国宝展でした。

これは、大当たり!

まず、会場に流れる音楽、照明が尋常ではありません。建物全体に響く水琴窟のようなBGM。
これがもう、墓石、棺、墓門、ミイラに呼ばれて、グッタリの体に沁みるのです。
墓ばっかだから、左の肩が重くてイヤで、ブンブン腕を振りながら歩いていたのですが、
あまりの清らかさ、美しさに、いつのまにか邪は抜けたようです。

焼き物、アジアがベースなのでしょうけれど、フランスの洗練ですよ。
で、建物の美しさ!
表慶館、初めてじゃないはずだけど……で、記憶を探ったら、
踊るサティロスでした。

調べたらねー、2005年ですって。12年前!!!
マジか!!!

で、踊るサティロスで、辻口博啓さんの一粒1000円のショコラがコラボしていて、
清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったのを思い出します。
うーん、私の脳みそ、もうちょっといいこと覚えていればいいのにね!
でも、まあ、素敵な企画でした。

入ったことがあるのに、建物の記憶がないのは当然で、下のスペースで展示していて、
人がいっぱいで、空間的な良さなんて、さっぱりわからなかったのです。

が、今回は、本当に素敵ですから!!
光と影、音、美しいカーブを描く階段、階段の中段から振り返ってみてくださいね。
そこに、炎のような赤と、黒の中に浮かぶ青がきらめきます。
上に上がると、部屋一面の白。
どの壁紙にしようかしら?
オブジェと家具はすごいのでしょうが、よくわからないので、スルーです(見る目がなくてすまん)。

心が弾むのは、扇と傘のコーナーで。
でも、これ、ちょっと悔しい気がするんですよね。
結構、折り紙のバリエーションでしょう?
その後の折布も含めて。
日本の職人さん、アーティストさんたち、技術はあるはずでしょう?
でも、奇抜なもの、独創的なものを持つ文化がないのよね。我が国には!

めっちゃ、もったいない!

エンボスの美しさ、羽根細工、そして、波や風を連想させるガラスで終わります。
最後のガラスは、美しいけれど、まあ、ボストン展の仲間でありきたりっちゃありきたり。
でも、全体のイメージで、非常によくまとまっていて、これは、企画者の勝利です。

心が洗われました。
菩薩の慈悲、包容から、フランスの威信とプライド、美意識に洗練。
ちょいと高次の自分に引き上げられたというか。

で、樋上公実子さんからご案内をいただいたので、ギャラリーへ。
初めてのギャラリーで、「小伝馬町ってどこ?」の世界でしたが、
非常に力のある場所だと伝わってきました。
少女たちがいっぱい。
なんとなくですが、もうちょっと方向性が絞られているともっとよかったかなー?
清らかさと棘、和と洋が混在でした。
樋上さんの作品の中では、青い海のドレスの波が心に残りました。

全体だと、和風の着物の子の後ろに鳥居がある絵が妙にひっかかりましたが、
それは、「恵比寿神社が近いんだ。べったら祭なんだ」があったせいかもしれません。
メインの4階よりも3階のほうが、空間的には落ち着く気がしました。
おそらく、作品の方向性が揃っているせいだと思います。

壁によって、絵のタイプが変わればいいのかなあ?
でも、それも、つまらないかもだから、きっとプロが並べた現在の形がベストなのでしょう。
「こでんまちょう」なんですね。昨日、初めて知りました。
帰りは、新日本橋に歩くつもりが、三越に向かっていて、焦りました。
どうも疲れが限界だったっぽいです。

そうそう、面白かったのは、微妙に日本橋界隈で迷子になっている時に
ご注文いただいた仕事、きょう、もう公開されるんですって!
半日で納品した私も私ですが、即日公開のクライアントもクライアント。
ちょっとスピード感があって面白いですね。
それは、こちらです。

ペットトゥモロー「あなたが猫になるなら、どんな毛並みがいい?」心理テスト

お楽しみいただけると幸いですニャー。

 

ソール・ライター展

ソール・ライター展

知っていましたが、スルーしていた企画展です。

森冬生先生が行くとおっしゃるので、調べてみたら、かっこよかった!ので、なんとか組み込みました。

で、実際に行ってみたら、かっこいいではなく、かわいかったです。

心に残ったのは、靴屋の靴、パリのウェイター、マネキン、雪や雨、バーバラ。猫と犬、事故も。事故、うかつにも笑っちゃっいました。不謹慎だけど。本当に事故だったから。

バーバラは、モデルのひとりで、だらしなく寝ているのとセクシーに誘うのと、アンニュイにたそがれるのと3~4ショットあり、みんな別人みたいに見えました。同じモデルのイネスやフェイには、驚きがないの。バーバラだけ、変幻します。

いい女だなあと思った次第。

ボナール好きがわかる構図でした。むーん、三菱1号のナビ展、行くべきだったか?

グラビアを捨て、撮り始めたスケッチ風の写真は今見ると、別になんてことなく、ただ懐かしい感じですが、これは、ソール・ライターが作った世界、文化なのかと思うと、素直にすごいなあと感服しました。

風景の切り取り、ぼかし、映り込み、プロが狙った日常のヒトコマ。いまは、当たり前にある切り口ですよね。

色彩だけの絵は、すごく好きでした。わかるなあ、私も、世界を似たように感じます。光とぼんやりとした輪郭。ディテールではなく、色で捉えています。

かっこいいものを見にいったつもりなのに、素直で汚れがなく、すっかりなごみました。

「葬式みたいな結婚式」、幸せになるといいなと思いました。

森おやびん、よいきっかけをありがとうございます!

ちなみに、きょうが最終日です。bunkamura、ザミュージアム。1400円。

レダに会いに行く

能を捨て、帰りがてら、三菱一号館美術館へ。

三菱一号館美術館

ミケランジェロとダ・ヴィンチの素描シリーズです。貴重なものでしょうが、展示としては、かなりスカスカ。美術館というより、博物館が似合う企画かな?と思いながら進みました。

目指すは、レダ。

でも、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチの模写で、一目で「違う」とわかる仕上がり。いや、構成を楽しむ、調べる手掛かりとわかっていますが。

1700円は、高いなあ。1200円が妥当じゃないかな? 美大で描いている人には、よいと思いますが、芸術性より学術的構成でした。

売店も縮小されていて、つまらなかったです。7/11から展示の作品だけ見れるチケットをもらいました。

ロブションで、休憩。

ロブションロブション

おまけでつけたガスパチョがおいしくて、泣きそうになりました。私、たぶん、疲れてますね(笑)。

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国展へ。

東京駅で、寿司清のまかない丼を食べた後、体が空きました。ネイルサロンは、予約でいっぱい、横浜まで行く気力はない。帰るか迷い、「ステーションギャラリーがあるじゃないか」と改札を出ました。

うん、用事なかった!(笑)

草間さんにも、用事がないんだから、気づけよ、私!

医師の気分で、眺めました。根気に圧倒されかかりましたが、そこ、フォーカスすると、ウサギの穴に落ちるので、必死に抵抗しました。

お前は、オールドマスター見てろと、自分につっこみいれました。余談ですが、うち、ロシアやエルミタージュ系の図録、4、5冊ありました。古くさい絵が好きなの。エカテリーナのネズミになりたいの。チュウ。

ランス美術館展へ

ランス美術館へ。

期待したほどではなく、そのくせ、普段あまり興味のない画家が響きました。前半が特によそよそしい作品が多く、居心地が悪くて。

響いたひとりは、ゴーギャン。

ポスターにもなっている一枚ですが、ポスターだとさっぱり響かないのに本物には、足が止まります。

なんだろう、この独特の透明感。セルロイドの花のような懐かしさ。

ランス美術館展

ゴーギャン、初めてよいと思いました。

もう一人は、レオナール・フジタ。木炭画、画家の思いがダイレクトに伝わり、いいですね。フジタの白はないけれど、木炭画、いい。下絵だから、消したり描いたりの痕跡も素敵です。また、《好色》の女性の胸が、「あー、男性の気持ちがわかるなあ」で、よかったです。イイネ、おっぱいおっぱい!みたいな感じ(笑)。

画家で好き嫌いせず、作品で見るべきなんだなあと意識が変わりました。わりと好きなコローとか、退屈だったし。

鑑賞タイミングのこちらのコンディションもありますが、面白いですね!

大エルミタージュ展&ミュシャ展へ

六本木ヒルズ

大エルミタージュ展に行きました。呆れるほど、客層が悪くイライラしました。監視の人がインカムで「ヤバイ人がいます(意訳)」申し送りをしていて、んなの、はじめて見たよ~と思いました。

奥様たちは、小鳥のようにさえずり続け、定年後フェミニズムに目覚めたらしい旦那様は自分の妻のことしか見えてなく、係員預かれよなカートつきの鑑賞とか、もうカオスでした。

極めつけは、資料映像コーナーで前後左右がご歓談中でございます。

「お口にチャック!」と言いたくなりましたが、人生の大先輩だらけでしたから、ぐっと我慢しました。

それから、大黒屋経由で、新国立美術館へ。前売り券ないと、チケット買うだけで大変と聞き、本当に買ってよかったです。途中、神社に出たりしました。

神社

ミュシャのスラブ叙事詩は、

1、音声ガイドなしで

2、音声ガイドのみで

3、音声ガイドつきで、

3段階にわけて真剣に鑑賞しました。感動が大きかったのは、1です。情報を得た後だと、「ふむふむ」で終わってしまいます。

情報なしだと、熱狂と狂信、疑いや諦めが伝わってきます。あのミュシャが!

情報がつくと、挿し絵的ニュアンスになり、私の中で価値が下がりました。そういうこと、ありますよね。

ムハ

草間さんは、最終日で大行列でした。しかし、私は、用事はありません。

買ったのは、大エルミタージュ展の図録。オールドマスター、大好き。

ニコラ・ランクレの《夏》がすごいんですよ、さりげなく、精霊が描かれています。うっとりしました。あと、「おっ」と思ったら、レンブラントでした。むふふ。

ひさしぶりに図録、買いました。

「農民の踊り」

バベルの塔のブリューゲルは、農民の生活を描く画家でもあり、
作風は、もったりしていて私は、それほど好きではありません。
嫌いじゃないけれど、どうでもいい……みたいな?

でも、昨日、ふとした瞬間に死んだ友達の言葉が浮かんで、
それが、「農民の踊り」で、ブリューゲルさん、ありがとうと思いました。

細かい事は忘れてしまったのですが、高校時代、外の光が強すぎて、
暗く見える教室で、死んだ友達のかんちゃんが、
「農民の踊り」と言い出して、そういうのがいいんだよ的に
だらだら話して、それがなんだか幸せで、楽しくて、いい思い出で、
昨日まで忘れていたのでした。

もし、かんちゃんが生きていたら、「ブリューゲルの農民は踊るね」と
メールなり、LINEなりしたと思うのです。

たくさんの異形のものが詰め込まれた版画は、
「うむ、異文化の地獄だ」という感じで、面白いとは思うけれど、
反芻はしないなあと考え、図録を買うのはやめました。
図書館に行って、ブリューゲルで探せば、いろいろ見えると思うしね。

アメブロにも書いたのですが、ネーデルランドの宗教観は、重くて重くて。
木製の法王とか、聖人とか、権威が先にきちゃって、怖くて怖くて。
ぼんやりと「遠いエルサレムの地で起きた物語をここまで遵守出来るのはすごいなあ」と
感心しちゃいました。
時代が時代なら、狩られますね。間違いなく。
あるいは、狩られたから、こういう感想なのでしょうか?

聖と俗、バランスが非常に難しく、自分の中での節制はありでも、
人への強要、戒めのように働くと、非常に怖いと、なんだかそっちに気持ちが動く展示でした。

個人の感想ですよ? もちろん。

「バベルの塔」展は、混んでいて(でも、比較的空いている日だと思いますが)、
フラストレーションが感動よりも勝ってしまうというダメパターンですが、
それでも、いろいろ感じられて、よかったです。

「バベルの塔」展へ

いやいや、とんでもないですわ。

バベルの塔

無理ですわ。

絵のサイズと人の多さがあまりにも、アンバランス!

無理、無理、無理。

 

でも、特別映像はわくわくします。

ギャラリースコープも、ちょっとあの混雑だとわからないなあ。

バベル二世は、住んでませんでした。脳内超能力少年~♪になっちゃうのは、仕方ないの。ロデオは、地を駆けるの。