ちえの樹「小泉茉莉花先生の『ルネーション占星術』」講座

昨日は、久しぶりに早稲田へ行きました。
あまりに久しぶりで、「前に来たのはいつだっけ?」と考えるほど。

ほんの数年前までは、MistyやMyBirthdayの企画記事のために、毎月のように足を運んでいたのに、遠ざかったものです。進行中のお仕事もありますが、以前ほどの頻度、つながりはないですね。寂しいけれど、これも時の流れ、時流、人の縁の動き、仕方がないのだと思っています。

さて、目的は小泉茉莉花先生の『ルネーション占星術』の講座です。
三回企画の第一回になります。

三回は、ちょっと時間的、予算的に厳しいので、とりあえず、一回だけ参加しました。昨日は、『自分のことを知る』がテーマです。

カギになるのは、月齢。私は、新月から一週間以内、月齢5あたりで生まれています。

1、ニュームーン……………………いわゆる新月。月齢0~月齢3
2、クレセントムーン………………イメージは、三日月。月齢4~6。
3、ファーストクォーター…………三日月から半月、上弦の月。月齢7~10。
4、ギバウスムーン…………………上弦の月から満月直前。月齢11~14。
5、フルムーン………………………満月。月齢15~18。
6、ディセミイティングムーン……満月の後から半月へ。月齢19-22。
7、サードクォーター………………半月、下弦の月から二十六日月へ。月齢23~25。
8、バルサミックムーン……………二十六日月から新月へ。月齢26~29。

ざっくり、こんな分け方だそうです。
ルミネーション、いろいろな先生が提唱なさっていて、それぞれ
呼び名が違ったりするそうですよ。

月の満ち欠けを8つの段階にわけて、それぞれの性格のお話をうかがいました。
次回は、運勢の流れ。運気の活かし方だそうです。

この講座によい刺激を受けて、私もイメージが膨らみました。

8つではなく、4つの段階。
新月、満ちる月、満月、欠ける月。

これを太陽の星座と月の星座にフォーカスして読んでいくのです。

また、月の満ち欠けは、光と闇の捉え方で考えると、かなりわかりやすくなります。
闇から光へ。
光から闇へ。

楽しい講座でした。
連続講座ですが、途中参加も可能ですし、茉莉花先生は優しい方ですから、
「一回目、来てなくて」でも、「あなたの月宮はこれ、性格はこちら」から説明してくださいます。間違いない!

なので、「へえ、そんなのがあったのかー。行きたかった。知りたいよ、自分のこと。運勢のこと」ならば、二回目からの参加も大丈夫ですし、三回目だけ行くもアリです。

月の満ち欠けは、神秘的で興味深いですね!

 

楽しー!!!

ヤバイです。楽しい!!!

faniconの「きょう、どんなことがありました?」に、公約特典であるココだけでしか読めない【星の未来予報】を書きました。
正直、なにをやるのか、忘れてましてねえ。あはは。
あ、内容の管理は、基本、私の仕事です。ロボじゃないのよー。手動、人力です。

星占いは、Sho-Comi、増刊フラワーズ、毎日キレイ、占いストリートさんで連載させていただいていますから、わざわざ載せるのもおかしな話なんですよ。

自分で企画を立てておきながら、「この【星の未来予報】ってのは、なんだろう? 何を書く気なんだろう?」がずっとありまして。

エレメンツ別とかかなー?
それとも、違う切り口かなー?ってぼんやり考えて、でも、登録してくださった方のために、もう出さなきゃ!で書き始めたら、あっという間に、スラスララ~とまとまりまして。

なるほど、ブログでは、書きにくいんですよ。たまに似たようなのを書いていましたが。星占いはいうならば商品なので、その種明かしとか、違う角度とか、書きにくいんですよ。自分で自分の営業妨害、価格破壊みたいになっちゃいますから。

でも、クローズドの場所ならば!
一週間無料なわけで、完全クローズではないのですけれど。

私自身の場でもあるのかもしれません。
本当に、よい機会をありがとうございます。

本日配信の星の未来予報を書いて、気づきました。
今年の裏テーマになる火星の水瓶座執着、これ、3月に木星との決着はついているんですね! 逆行して、同じところグルグルしますが、木星との直接対決は、3月上旬に終わっています。
へええ、そのころ、何していたかなー???

わあああ! わかっちゃった!!!
わあああ! アレかああ!!!

 

ずぅぅぅぅん!ときました。

いや、ちょっと、ご確認くださいな。3月上旬の事件やわだかまりが、今年のあなたに陰を落としているかもしれませんよ?

わああああ!!! びっくり! 星、ウソつかない。

というわけで、連動して、こちらも占い師ブログっぽくなっております。
楽しいナー!

オンラインサロンのこと(3/3)

3日に渡る告知におつきあいいただき、ありがとうございます。

というわけで、本日、正午にオープン予定です。

「しゃあねえなあ、のぞいてやるか」と慈悲をかけてくださる方、いらっしゃるのかなー?

1.アプリを落とします(えー、ヤダ???)。

こんなマークのやつです。

App Store fanicon-THECOO

Google Play fanicon

2.本日正午過ぎに、「章月綾乃」を探してください。
なんと、タレント枠にいます。タレントじゃないけど!

3.無料お試し1週間で、のぞいてねー。

4.しゃねえな、300円だけつきあってやるよ!の人は、300円コースへ。

加入した日からの一か月カウントで、清算です。なので、10/9に解約すれば、
もうお金はかからないですよー。

ま、ファンなんていないしさ!
知名度も、PVもないしさ!

でもさ、加入してくださったら、大事にしますよ。
お金儲けにはならないんですよね。こういうの、中間マージン、めっちゃ抜かれるので。
では、なんでやるのかなーって言ったら……。

運営会社の名前が……。あはは、それも、大きいんですけれどね!

オンラインでつながるのって、場が必要だと思うからです。
で、対、私だけでなく、私をキーにして集まってきた方々が、それぞれでつながって、そこが循環していくと、それはそれで、楽しい気がするからなんですよ。

以前やっていた木曜会で、何度も顔を合わせるうちに、参加者同士が仲良くなって、ごはん食べたり、婚活したり、いろいろやっているってうかがって、なんだかうれしくなりました。

そういうきっかけの場になるといいですよねえ。

そうそう、昔、BBSで交流していたみたいな。クローズの世界でこそ、話せることってあるので。だから、すぐには、動かないと思うし、有料なのが、ちょっと申し訳ないのですが、そこは、場を借りるイメージで。
一日の終わりに、ぐったりした時、「みんな、どうしているかな?」で遊びにきていただいて、「そっか、みんなも頑張っているんだ!」で、ちょっと気分を持ち直して次へ行く……みたいなのが、理想なんですよねえ。

そういうことなら、出来そうな気がしたんです。
さて、では、私にしてはちょっと珍しい三部作告知、終わります。
よろしくお願いいたします。

オンラインサロンのこと(2/3)

あっというまに、お昼になってしまいました。
きょうは、重陽の節句ですね。
いつもちえの樹さんの占国祭をのぞきたいと思いつつ、どうもタイミングが合いません。おかげさまで、土日も稼働しております。平日にみなとみらいに行っているからだって? その通り、面目ない!

さて、オンラインサロンの話の続きです。

俳優やアイドルなどは、ファンコミュニティ、機能しますよね。
オフショット、ボイス、動画、どれも特別です。

文化人枠では、放送作家さんがいらっしゃるんですって。
放送作家さんは、アイデアのネタ出しなどをなさっているとのこと。これも、なるほどなあ!でした。

が、占いって、難しいですよね。

最近の世の中の傾向として、1対マスではなく、1対1のコミュニケーションに変わってきていると、あちこちでうかがいます。ただねー、占いの場合、それ、ただの個人鑑定になっちゃうんですよ。
そうお伝えすると、「なんですよね!」みたいな反応で、また、ちょっと面白かったのですが。

別件でお声がけいただいたイベント運営の会社の方には、「開運ツアーをやっていただけたら」って言われたのですが、開運ツアーも、すでにいろいろな方がやっていらっしゃいますしねえ。

2008年は、スピリチュアルな目覚めが多かったらしく、まんまと私もそこで、神社が好きになって、あちこちうかがったのですが、日本各地の有名神社に行くことで、わかったことがあります。神社は、土地の人のものです。
伊勢神宮は、また、ちょっと別な働きがあると思うのですが、どちらの神社さんも、土地の縁で動いています。

なので、遠くの有名神社よりも、地元の氏神様ですよ! それに、今、媽祖様しかマメに行ってないですし。媽祖様、神官のみなさま、親切ですから聞けば、参拝の作法は教えてくれますし。神社参拝ならば、もう神職さんについていくのがいいわけですよ。埼玉神社庁とか、めっちゃマメですから、そういうところに乗っていけばいいんじゃないでしょうか? アヤシイ占い師とか、スピリチュアル系の人の教え、丸呑み危険ですよねえ?

と、また、自分で道を塞いでおりますが。あはは。
余談ですが、その別の会社さんに「会社帰りに夜の参拝プランがあるといいなあ」ともお願いされたのですが、こちらは、即座にお断りしました。
「大晦日やお祭りでもないのに、夜の参拝、ありません」と。
17時を過ぎたら、たいていの神社の業務は終わりです。その後は、神様の領域です。
不思議な体験をしたい方は、また、話が別でしょうが、ご利益や加護を求めるなら、午前中ですよー。人間の都合に合わせてはいけません。

さて、そんなわけで、個人鑑定でも、開運ツアーでもないわけです。また、日々の占いは、お仕事ですから、こちらを出すのも難しいのです。もっとも最近は、世の中にライトな占いがはびこり過ぎていて、ホント、過剰でいらない感じがしますよね。

で、いきついた先は、「オンラインの止まり木」みたいな場所はどうだろうでした。
一日の終わりに、ちょこっと立ち寄っていただく。日常の中で、感情があふれそうなときに、吐き出していただく。きょう、こんなことがあったんだよ! 嬉しかったんだよ、悲しかったんだよ、悔しかったんだよ、微妙だったよ……ってお話していただく。これに対して、「星の動きから言うと、この時期の失恋、アリですよー」みたいにフォローを入れていく。

3000円の高額コースの方は、ちょっとしたご相談に乗りますし、ご希望があれば、星の通知表もお届けします。

という感じで、やってみようと思っています。

オンラインサロンのテーマ「きょう、どんなことがありましたか?」に対し、
「きょう、こんなことがありました」な世界です。

ご参加いただくみなさまに名前をつけなくてはいけないらしく、えっと、ももいろクローバーのもののふみたいなやつですね、これ、相当悩んだのですが、
ずっとSho-Comiに占いを書かせていただいたおかげでひらめきました。
「きょうこん」でいいんじゃんと。

きょう、こんなことがありましただから、きょうこん。

という大枠で、明日正午からスタートいたします。
我こそは、第一号に!という奇特な方がいらっしゃいましたら、よろしくお付き合いくださいませ。1週間無料体験コースもご用意しております。
明日の告知に、続きます!

オンラインサロンこと(1/3)

2018年9月10日の乙女座の新月の日の正午、章月綾乃のオンラインサロンがオープンします。月額300円と3000円の2コース、ご用意しております。

システムとしては、有料制のファンコミュニティサイトになります。
有料!!!
ファンコミュニティ????
なんじゃい、そりゃ?でしょー? ですよねえ。わかります! 章月のくせに生意気だ!ですよねえ。野比のび太くんにシンパシーを感じます。

最初にお話をいただいたのは、春だったような気がします。あるいは、夏になる前のこと。まず、最初の顔合わせで、「私にファンなんていませんよ!」で、さんざん抵抗しました。
「知名度ないですよー」
「PVも、集客力もないですよー!」と。

一体、どこで私に気づいてくれたのかさえ、よくわかりません。

先行するコミュニティは、2.5次元の俳優さんだったり、声優さんだったりして、
「ああ、そりゃ、価値があるよねえ!」でした。もし、お好きな方のファンコミやプライベートオンラインサロンを見かけたら、ぜひ、入会するべきです。サンプルで見せていただいただけでも、相当萌えましたよ。わくわくしました。

が、こちとら、そういうのは、まったくないわけです。誰も私のオフショットとか、見たくないと思うんですよねえ。世界一いらない、ニーズなし!

「ビジュアル売りはないわけですよ。若くも、美しくもないですよ? 鑑賞に堪えませんよ!」とまた、ダダをこねて、「いや、そもそも、まるで違う切り口で!」と取りなしていただき、それでも、抵抗感がぬぐえずに、あっというまに、2ヶ月が経過しました。ほぼほぼ自然消滅するかに見えましたが、ひとつ、重要なひっかかりがあったのです。それは、運営会社様の名前が、うちの黒猫さんと同じだったんですよ。運命を感じてしまいました!

若くも美しくも、有名でもない私が、一体何をやったら、みなさまのお役に立てるのか、楽しく続けられるのかを考えてみました。自分がまったく興味がなかったせいですが、占い師の方のオンラインサロンは、結構流行っていることにも気づきました。開運、引き寄せ、星の解説、エトセトラ、エトセトラ……(この表記、昭和っぽくない?)、いろいろ見ていて、「うーん、いまさら私がいるかしら? いいじゃん、もう他の先生で。充足してるじゃない」とまた考えてしまい、また、折からの猛暑で、まったく頭が働かず、ずーっと呆けていて。でも、あるとき、急に「コレならいいんじゃない?」がひらめきました。

さて、その切り口とは……。

わはは、この話は、三部作で続きますのだ! 続きは、あ・し・た! まったねー!!

ビブリオマンシー×児童書

密かに今、アツイのが、ビブリオマンシーです。

昨日は、「漢和辞典はどうだろう?」でやってみて、かなりよくてびっくりしました。ただ、ポイントがあるようで、「明日の運勢」みたいにボヤッと聞くのではなく、「あの件はどうなりそう?」とか、「あの人との関係はどうなりそう?」など、スパッと聞くのがよいようですね。すると、ピタッと出してきます。すごいな、漢和辞典。色気はないけれど。

で、こちらは、千田歌秋さんにご提案しているのですが、
児童書でやるのもよさそうな気がするんですよ。

ねえ、どうしてこういろいろ思いつくんでしょうね?
自分でも、よくわかんなーい!

私は、一択。
『ナルニア国物語』です。
うちには、愛蔵版もありまして。数年前(といっても、2005年でした!)に
映画化に合わせて出たオールカラー版を思い切って買いました。

試しにやってみたんですよー!!!

コレ、萌えますよ!

ナルニア国物語

うちにある愛蔵版。買った時、「7,800円、高!!!」でしたが、
今、アマゾンを見てみたら、もう倍以上の値段になっていました!
きゃあ! まあ、そんなものですよね。
すでに13年前!!! ぎゃあ!
で、ナルニア映画、続編ないですよね?
だよなあ、麗しの君スーザン、意味わかんなかったしなー。
ルーシーは、黒髪なイメージだしなー。ホラ、挿絵だって、黒髪じゃん!
あ、すみません。ただの原作厨デス。

カスピアン王子の角笛

開いたのは、このページでした。
そして、ガラスペンに導かれたのは……。

「私たちがなくしたと思っていたものだわ」

どうです? 萌えますよね!!!
もううっとり!

あとは、ゲド戦記あたりかなー?
ゲドは、二巻が好き過ぎて。後半、ミッドライフ・クライシスになってしまいますが、それでも、その生々しさは、よくここまで書くなあ!で。
対象年齢のころには、「戦記」が怖くて、読めなくて。
大人になって読んで、「え、今まで読まなかったなんて!」と思いました。

あとは、こちらかなー?
解読するのに、シンボル辞典が必要になっちゃうかもだけど。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

『ファンタジーランドの観光ガイド』です。ファンタジーの巨匠によるガイド。
ファンタジーあるあるです。帯の紙ヤケ、気になりますねー。雑ですみません。

子供のころに愛してやまなかった本、大人になっても、戻りたくなる本には、人生のパターンが織り込まれている気がしますね。よさそうでしょう? 児童書で、ビブリオマンシー。

ビブリオマンシーがすごい!

ビブリオマンシー

書物から、運命を読み取るビブリオマンシー。

これ、すごいです。

私は、鑑定を受けられませんでしたが、千田歌秋さんにセッションをお願いした森冬生先生の体験を手掛かりに実践してみました。

切り取り方は、千田さんのやり方よりも、しっくりくるものを採用しました。ちょうど、秋山眞人先生の夢占いでも似た話が出ました。こういうのは、リンクしてますから。

ここ3日で、私は、あることに決着をつけました。失望と怒り、屈辱のターンをはねのけた今になると、なぜ、あんな強硬手段を取ったのか、自分でもよくわからなくなりました。私は、喉元を過ぎると熱さを忘れるタイプなんです。

そこで、何が起こったのか、占ってみました。主に、私の行動が正しかったかに焦点を当てて。

【手袋】

行為と実践の器

【手】

つかむしぐさは、肯定的な意味

【福音書記者のシンボル】

四つの枢要徳(賢明、剛毅、節制、正義)

【光】

最初の光は、来たるべき正しき民のものとしておこる

4回キーワードを拾いますが、2つ目までは、すでに起こっていることです。3つ目が、これからの成り行き、あるいは、アドバイス。4つ目は、結果と考えるのが妥当でしょう。

実行、選択、四つの福徳、光。

強硬手段は、正しかったようですね。

今は、一線を画すべきなのでしょう。

写真は、イメージシンボル辞典とガラスペン。

占うときに、ガラスペンで、ちょっとした儀式をします。

手相の指し棒候補として買いましたが、ビブリオマンシーに使う役目で、うちに来たようです。

余談。いまのネイルです。愛用ネックレスカラーと色が酷似しています。すごいですよね。ネイリストさん。

ネイル

2018年、占いウロウロ

改めて考えてみると、今年の私は、めっちゃ勉強しております。

久しぶりの暦の仕事から始まったため、すっかりサビついていた知識をひっぱってきて、
二十八宿、二十七宿をさらい、そこから、カラダ占い、カワイイねえと流して。

暦は、九星、四柱推命、干支、もろもろ被ってきますから。なんだか大変だったのを覚えています。
大変なわりに、伝えきれなくて。次回があれば、もうちょっと頑張りますが。

立春は、カルト商法に「ギャッ!」なりましたねえ。あはは、クソ寒かったです。

それから、春分の日は、紅茶占い。

のびのびオカルトで、前世療法など行きまして。
スキマに、トートタロットなんかが入ってきて。まあ、積ん読なんですが(笑)
積ん読シリーズに、インド占星術本もあります。

仕事で開運メイクのための人相もさらいましたっけ。ふー。

目下のテーマは、手相でございます。
手相!!!

きっかけは、のびのびオカルト、モノホンに会いに行く……で、
酒席で「手相」が話題に出てたこと。

あ、その前に、節分のイベントで、お客様から「手相を見て欲しい」と言われ、
誰も見れなかったこと、で、すごく悔しかったんですよ!

で、昨日は、手相の勉強会へ。
が、これは、不発でした。
とにかく、何か言うと、上から被せられてしまう。
断片的な知識で、あれもある、これもある言われて、その度に、場が乱れます。
久しぶりに、相当イライラしました。
「きょうの綾乃ちゃん、厳しすぎる」と何度もたしなめられましたが、
止まりゃしません。だって、私は、つかみたいんだもん。手相を。
勉強会でご一緒した人たちとシェアしたかったんですもん。

途中、すっかりイヤになり、ビブリオマンシー、書物占いで休憩しましょうと提案したら、
これは、場に合っていたらしく、盛り上がりました。
メンバー的に、シンボルには親しみがあるため、示唆に富み、楽しく刺激的でした。

まー、ぐちゃぐちゃな手相パートも、キーワードは拾いまして。
また、気になっていた和式の手相の本も取り寄せ、
これがなかなか実用性が高く、面白いので、当座のテーマになりそうです。

だって、手のひらの盛り上がりで、易を立てたりするんですよ。
イカしてますよ!

そうそう、癒しフェアで聞いた高橋圭也さんの媽祖様の占いも
少し掘っております。やーん、やること、いっぱい。

そして、易も学んでいるという! どんだけ、勉強熱心なんだ?
ちょっと、木星丘に向上線が何本も立っているのが気になります。
「いろいろな学校に入学することに生きがいを感じている人」の手相ですって。やべえ!!
当たりますよねえ。手相。占い、全般、おもしろいのですが。
年末、どこに着地をするか、自分でもよくわかりません。どうぞ、お楽しみに!

 

 

寒川神社&占いカフェ&バー燦伍(sango) 

友人と待ち合わせ、寒川神社さんへうかがいました。なかなかうかがえず、初めての参拝です。着いて思いました。しまった、一ノ宮ご朱印帳を忘れた!と(笑)。

寒川神社

古い鳥居に比較的新しい橋。

堂々たる御神殿。とにかく、広い!です。

方位盤と渾天儀。

龍たちは、左腕で支え、右脚で立っています。

寒川神社

こちらの狛犬さんたちは、愛嬌がありますね。かわいい。

末社の宮山神社さん。

非常に居心地がよいのです。まるで、実家のようwww

そう言ったら、「そんな感じ!」と友人に伝わりました。寒川神社さんは、婚家みたい。実家でくつろぎました。

そして、

八福蕎麦

2日続けて、蕎麦!

大雨なので早めに撤収し、大雨だからこそ、あえて占いカフェ&バー燦伍さんへ。

太陽と月の魔女にちなみ、太陽のカクテル。月のカクテルは、メニューになかったのですが、千田歌秋さんに作っていただきました。

やっと年末のお約束「飲みに行きますね」を果たせました! また、千田さんの良心的なこと! チャージ取らないし、内税なんですよ。すご過ぎない? 偉過ぎ!

そして、

さらに、蕎麦www
入ってから、「有名店だ」と気づく占い師三人(笑)
しかし、ご注目ください!

ようやく天プラの呪縛から抜けました!

お茶は魔女さまたちにご馳走になりました。

マリィ・プリマヴェラ先生、小泉茉莉花先生、ありがとうございました。おつかれさまでした。

昨日の名言と迷言

昨日の名言、「営業はウソをつかない」。

同い年の女性の言葉です。かっこいー!!!

数年前の迷言「恥を知れ!」。
これは、私が捨て台詞として吐いたらしいです。
もう忘れていました。

その節は、すみません。

でも、本当に迷惑していて、うんざりしていて。
私が必死に隠していた問題は、「いや、みんな、気づいていたよ」で。
「えー、そうでしたか! でも、当時、『聞いてくださいよぉ、実は、あの人がー!』をするほど、仲良くなかったですしねー」で、「うん。そうだよねえ」みたいな終わり方をしました。

「章月さんみたいな人がいないと、グループの推進力が失われるんだよね」と言われ、
ああ、そういうのは、あるかもしれないなあ。ノリやすいからなあと思いました。
村人Aポジションというか、「そうだ、そうだ!」で、話がまとまりやすいというか。
ブチ切れて離れたということが、数年ぶりにわかって、「おお、それは失礼しました」でしたが。きれいさっぱり忘れていました。失礼しました。

ま、人間、ガマンはダメよ。
秘密は、自分で抱えるべきよ。人を巻き込んではいけませんよ。特に、章月、そんなにキャパないですよ? 占いで「実は」聞いても、わりとすぐに忘れますよ。「え、そうだっけ?」みたいに、また、事情を新鮮な気持ちで聞くことが出来たりしますよ。あはは。全然、ダメか、それ?

でもね、自分の暴言は気持ちよく忘れていましたが、いや、ネタにされましたが、
あの空間は大好きだったんですよね。子供のころに戻ったような、
「おい、家にランドセル置いて、空き地に集合な!」みたいな懐かしい空間。
大好きだったから、身勝手な事情のカモフラージュにされて、裏事情を打ち明けられて強制的に共犯にされているのが耐えられなくて。

「恥を知れな章月さん」とからかう人も、「ああ、そうそう、そんな感じだったねえ」と懐かしい記憶をたどってくださって。
戻れないけれど、貴重な時間、体験でしたねえ。
たぶん、時間にしたら、5年とか、6年前の話なのですが、感覚的に10年くらい経っているんですよね。これも面白いですね。時間の流れ方が、ちょっとおかしいんです。

昨日は、あちこちで、ダイス占いとジオマンシーをやってみたのですけれどね。
もう私はジオマンシーのセオリーから外れているのだと思いました。
要は、真逆が出るのです。

水の意匠とルベウス、天地がひっくり返ります。
うん、ひっくり返していますからね。ダイス占いで(今、ルベウスも忘れていて、調べました)。

サザレ石で占う時も、私は地から立てていきましょう。
もう磁場が変わっていて、自分のものになっているみたいですね。よくわかりました。
うわあ、面白い。面白すぎますね、コレ。要は、占者のものなのよね!

ヴィトンのサイコロが5個なので、5個使う占いも、そのうち系統立ててみたいなと思います。