知らなかった世界。

帝劇でかかっているミュージカル「モーツアルト」を見ようと思ったのですが、
チケット争奪戦なんですねー。
知らなかった!!!

当日券もなかなか並ぶみたいですが、タイミングを合わせていけたらいってみようと思います。

あとは、「シークレットガーデン」も気になっているんですよね。
昔、演舞場で来日公演を見たときに、心に残るナンバーがあったのです。
庭師のディコリー(だっけ?)のちょっとしたフレーズなんですが。

舞台鑑賞の習慣が戻ってくると、時間もお金も足らなくなりますね。
ずっと見続けている演劇畑のひとたちは、すごいです。

昨日、こんな本を買いました。

旦那に笑われました。

そして、昨日、こんなものも買いました。

レモンチェロは、初夏のイメージ。味見したら、予想外に濃くて、コテンと寝てしまいました。
ランチタイムに味見するなって話でもありますね。

うちの黒猫さんは、リクエストが多いのですが。きょうは昼寝していたら、濡れた鼻を手に押し付けられ、起こされました。「ああ、ごめんごめん。寝ちゃっていたね」で起きて、「なにか食べる?」で、ちゅーるとかをあげたのです。

で、スマホに急ぎ仕事が入っていたので、ぼーっとしながらパソコンに戻って作業していたら、
「ナーン」とちょっとこっちに来てと呼ばれました。
ごはん、というか、おやつだけど、さっき食べたよねえ? 用事ないはずなんだけどで、「なーに?」て戻ったら、「ジジに出してあげて。食べるって」って態度なんですよ。
ジジは、あんまりおやつを欲しがらないので、言われなければ上げないんだけど。
「ごめんね。ジジも食べたかったの?」とジジにおやつ出したら、嬉しそうに食べます。
黒猫さんは、用事が済んだといわんばかりに、ベランダに出ました。

そこで、ふっと我に返り(基本、寝ぼけてます)、「なんで、私、黒猫さんがジジに出してあげてって言ったとわかったんだろう?」とひとりでびっくりしました。

すでにテレパシーのレベルです。
ジジは鳴いてないから、ジジと黒猫さんの間で、「くぅちゃんいいなあ、私も食べたいなあ」「なら、言えばいいんだよ」「アタシ、言えない」「しゃあないな、呼んでやるよ」みたいな展開があったということですよねー???

そして、「ナーン」だけで、「ジジも欲しいの?」の私もいて。
うーん、なんだかわかんないレベルに到達していますねえ。

よし、息抜き終わり。仕事しまーす。頑張りまーす!

 

満月と黒猫さん

昨日は台風だったので、黒猫散歩は中止でした。
マンションの共有部分には出たがり、抱っこで連れて行ったら、
手足に雨がかかって怒っていました。猫っぽい!

きょうは、うまく晴れたので、「さあ、パトロールだ!」と張り切っています。
が、一日ブランクがあるだけで、恐る恐るになるんですね。猫って面白いです。

黒猫

犬の散歩と違って、基本、たいして動きません。
ハタから見たら、完全な不審者です。ご近所さん、すみません。
相当怖いと思います。だって、真夜中、ただずんでいるんですよ。暗闇に人が!

で、一生懸命、地面の匂いを嗅いでいる猫には悪いのですが、非常に退屈です。
「まあ、気が済むまで嗅ぎなさい」と物わかりいいフリはしていますが。

唯一よかったのは、満月を眺められたことでしょうか?
雲がかかっていましたが。

地域猫のグルさま散歩も続けています。今、イベントの設営で、グルさまを取り囲む環境は、
人の出入りが多くて大変なのですが、肝っ玉が据わっているため、通常営業のニャーです。
花火が上がろうが、飛行機やヘリコプターが飛ぼうが、気にせず、ニャーです。
最近、コミュニケーション能力に磨きがかかってきたのか、グルさまってば、
「うちの子になるって決めたら、言いなさいよ?」
「ただ、私、バカだから、ちゃんとわかるように言ってね?」
「基本は、グルが好きなように生きればいいんだからね。でも、味方だからね」と
話しかけると、イチイチ、サイレントニャーをします。サイレントニャー、結構グッときます。

地域猫
さらに最近は、じゃれつくように、甘噛みをさせろとねだられます。
もう帰るよとか、明日は来られないんだとかで、ちょこっとだけ、噛むんですよ。
可愛いんです。

ハーネスつけて散歩している黒猫さんと、呼べば来てくっついてくる地域猫のグルさま、
猫さんたちは、非常に賢いです。
たぶん、想像しているよりも心を通わせることは出来ると思います。
ま、ハタから見たら、「猫に本気で話しかけている怖い人」ですけれどね。
すべての人と仲良くは出来ないように、すべての猫とコンタクトを取れるとは思ってないのですが縁のある猫、人間以上に近い存在だなあと思っております。

地域猫
ただ、グルさまで2時間、黒猫さんで1時間は、なかなかキツいっすね。あはは。

あ、そうそう。
体調が悪いのは、台風の接近による気圧の変動のせいでした。
喘息持ちなので。

また、パソコンのchromeは、結局復活せず。
アンインストールまでは出来たのですが、再インストールでフリーズします。
もう諦めましたー。ま、これも調整ですかね???

 

 

ちび猫のこと。

子猫

昨日出会った猫です。顔の右側に問題を抱えています。
おそらく、猫風邪にかかり、適切なケアをしていなかったせいでしょう。このままでは、片目が潰れてしまいます。
しかも、この子オッドアイでした。先天的に片方しか見えないことが多いんですよね?

野良猫

このちび猫も、やはり右側がおかしいのです。

野良猫

牛みたいな模様ですよね。君はモーちゃんだね。

野良猫

さらに、子猫。三匹います。母猫にしっかり守られています。

野良猫

昨日、猫の餌やりさんにつかまり、案内されました。ホームレスさんが世話をしている猫たち。ホームレスさん、少し病んでいて「いま、45匹。100匹まで増やす」と言っています。が、春先に話を聞いたときは、50匹くらいいたような? 私は直接の知り合いではないので、餌槍さんたちが話しているところに遭遇すると、ぼんやり話を聞く立場でした。

何匹か、虹の橋を渡っています。で、猫ボランティアさんが介入しようにも、「放っておいてくれ」と拒否するらしいです。

野良猫

ホームレスさんの猫たちは、野生の目をしています。緊張と猜疑。同時に、好奇心。

避妊、去勢は無理かもしれませんが、目は抗生物質投与で、なんとかなるかもしれません。また、このちび猫、あまりの事態にあぜんとして座りこんでいた私になつきましたよ。トコトコやってきて、スリスリして、コロンとなり、甘噛みしてきます。野生の本能で、見分けたんでしょうか? 僕のおめめ、助けてくれる?

帰り道、餌やりさんに「子猫の目が」と言っても、「あー、おかしかったよね」くらいで、まったく気にしていません。ねえ、なんでわからないの? 放置したら、潰れて見えなくなっちゃうってば! 野良猫を見ると、かわいそうだから……と餌を与えるだけの餌やりさん。フードを与えるなら、去勢避妊まで視野に入れないと、際限なく増えちゃうのに。

ホームレスさんによると、ちび猫は、生後1ヶ月くらいだそうです。母猫はいるみたい。9匹が産んだんですって。9匹生まれたんじゃなくて、9匹が生んだんですよ? スケールが違い過ぎて、頭が働きません。

ちび猫ちび猫

かつらちゃん(仮)にしてあげられること、ある気がして。去勢までは無理でも、目は治せる気がします。はあ、そのためには、ホームレスさん、説得しないと。難問。しかも、お盆。手をこまねいているうちに、動物病院が閉まっちゃいますよね。同時に、関わらないほうがいいという防衛本能も働きます。放っておけ、放っておけ、そこまでキャパないだろう? お前に。
やせっぽちの子猫。ちび猫。あなたの目が、パッチリと開いて、フェアな条件でこの世界を生きていけますように。昨日からずっと考えています。

森のねこトイレ

癒しフェアで出会った猫砂は、和歌山県のヒノキの間伐材を使ったものでした。
また、嗅覚が死んでいるため、友人に匂いを嗅いでもらって、
「うん、ヒノキ」と確認の上、一袋だけ買ってみました。

うちは、「にゃんとも」を使っているのですが、形状が似ているので、
イケるんじゃないかなと、2つあるトイレのひとつを森のねこトイレに
してみたところ、どうも、気に入っている気配があります。

ちょいと猫トイレにお金を掛け過ぎている気がするので、代用品を
探していたのですが、価格はそう変わらず、でも、なんだか自然っぽいのが
いいような気がします。

ホントは、おしっこも固まる系のやつがコスパがいいと思うんですけれど。
猫の學校でも、そういう固まる系でした。
が、最初に「にゃんとも」を選んでしまったので、簡単には変えられません。

安くする、と同時に、快適にする、
まあ、矛盾したら、快適を取ってあげようと思うのです。
猫の一生は人間に比べて、短いですもんね。
黒猫さんが気に入ったようなので、追加で3袋買いました。
夏場ですから、人間にはわからない匂いでウンチがでなくなっちゃうとか
避けたいので。

黒猫さん

きょうは、目覚めたら、横にいて、すやすやしているのを見て
幸せな気持ちになりました。

イライラを外す。

ずっとイライラしていました。
何にイラついているのか、自分でわかっていませんでした。

今朝、やっと思い当たりました。
グルさまです。

グルさまに会いに行くために、1日2時間半かかります。
ウォーキング自体は、1万歩程度。急げば、片道40分で、80分あれば足ります。
が、グルさまに会ってからが、意外に長いのです。

ちょこっとおやつをあげて、「グル、トントンする?」と声をかけると、
グルさまが動き出して、高いところから地面に降りて、スタンバイします。
「さあ、私を叩きなさい」

この信頼関係が嬉しくて、幸せで。

叩き出すと、ここはもうエンドレスで、軽く20分。私が切り上げなければ、何時間もそばにいます。
もううちのコになっちゃえばいいのに、youです。

で、グルさまスポットに規制がかからなければ、問題がないのですが、わりと気楽にかかるんですよね。
今月なんて、半分以上、潰れます。
そこに、私の私用も被ってきます。

うちから都心までがだいたい90~120分移動に見ないといけないので、逆算してスキマでグルさまに会いに行きます。
自転車だとかっとばせば、片道15分程度。でも、それは通行人がいないときの話なので、自転車でもだいたい
1時間は見なければいけません。

さあ、だんだん、ご理解いただけたと思います。
つまり、この時間の調整&捻出にクタクタになっているというわけです。

今は日が長いので、ギリギリ行けそうと思うと、気持ちが焦ります。
「19時までに駅につけば、なんとか行けるかも?」的に。
また、グルさま、待っていてくれますから。
今週、ずっと空振っていますが、待っていると思います。

この生き物相手の張りつめた感じ、さらに、そこで終わらず、帰宅後は黒猫さんの機嫌を取るという
ミッションもございます。このWパンチ&外歩きニャーニャー騒ぎにやられているのです。

「なぜ、猫にそこまで」

なぜでしょう?
でも、わかるんですもん。グルが待っていてくれることも、黒猫さんが拗ねていることも喜んでいることも。
猫アンテナがあって、「猫はだいぶわかっているぞ」と気づいてから、猫たちのほうも
「こいつ、人間なのに、結構話せるじゃん?」みたいな空気があって。

で、イライラしていたら、世話がないのですが。ただ、まあ、ご想像ください。
毎日の暮らしの中で、2時間半を捻出するのがどれほど大変かを。

いいこともあります。
「グルさまが待っている」から、サボらないのです。
グルさまに会いに行く! 会いたい! その一念で歩き続けます(自転車をかっ飛ばします)。
持病の腎結石が収まっているのは、グルさまのおかげです。ありがたやー。

グルさまを保護したい!
いつでも迎えられるようにしたい!
だから準備をしたら、そこにするっと黒猫さんが入ってきました。
黒猫さんと暮らすうちに、初手からグルさまと暮らすのは難しかっただろうなあと理解しました。
黒猫さんの様子を見ていると、ここに後からグルさまを連れてくるのは、相当な覚悟がいると
感じます。我が家は黒猫王国になっているので。
すべてが連鎖していて、すべてが私にとっては必然なのですが。

あまりイライラしないように気を付けたいと思います。
ただ、ホント、規制がちょっとズレてくれるといいのになあと思います。
ピンポイントで、グルさまスポットなんですよねえ。で、イベントがやけにあるわけ。夏だしね。
まあ、仕方ないですね。私も夜行かれない時、イベントや自分の私用がある日は諦めればいいんですが。
諦めが悪くて。

いつもニコニコ、ご機嫌元気。ご機嫌元気は猫の學校のキャッチコピーですが。
ホント、猫たちは、人間の感情を読み取りますから、清らかないい人間になれるように頑張ります。
きょうは、用事を16時で切り上げれば、ギリギリ間に合います。正直、人間よりもグルさまに会いたいです(笑)。

 

猫ライフ

このところ、規制にひっかかってしまって、グルさまに会えません。
イベントがかかると、立ち入り禁止になってしまうんですよね。
規制回避で昼間出かけますと、暑いせいでどこか違う場所にいるらしく、
空振ります。

海

朝、猫ボランティアさんがいる時間に行けば、確実に会えるのですが、
いかんせん、グルさまも困ってしまうみたいなんですよねー。
猫って、そういうところがありませんか?

「この人によくしてもらっているのに、こっちの人と仲良くしているのを見られたくない」みたいな。
グルさまを困らせるのは本望ではないので、猫ボランティアさんタイムは避けています。

グルさまのお世話をしているメインの女性ではなく、彼女のお手伝いをしている男性には、
「結構、仲がいいね」とバレているのですが。

一方、我が家の黒猫さんは、もう外に出たくて、出たくて、大変です。
ただ、昼は騒がないんですよね。とにかく、夜です。

夜、40分くらいクンクン、ウロウロした後でも満足せず、「行こう、行こう」大騒ぎです。
昨日は、夜中に2時間鳴きっぱなし。
「行こう」「行きません」
「行こう」「行きません」
「行こう」「寝ます」
「行こう」「寝なさい」

放置していたら、朝、喉が枯れてました。すごい執念です。

ただ、「そんなに騒ぐならもう外に出せませんよ。全部なしか、ちょっとだけか、あなたが決めなさい」と
言ったら、むーんってなっていました。

まあ、そんなこと言ったって、聞き分けるわけなく、鳴くんですけれどね。あはは。

ただ、「毎日、ちょっとだけ。そんなに長くはいかないよ。でも、毎日ね。約束するよ」って言ったら、
それは、気に入ったみたいで、ちょっとだけ、機嫌が直りました。

きょう、ちょっと面白かったのは、敷地内の茂みに潜ってしまって、さあ、困ったぞとなりまして。
リードを引っ張っても、びくともしないので、これは持久戦だと考え、呼びかけつつ待ってみました。
すると、思いもよらない方向かが、にゅっと顔を出して、「ニャー」します。か、かわいいじゃないか!
要は、探検なんですよね。好奇心が猫を殺す……まさにその通りかも。

完全室内飼いが理想ですが、でも、茂みをくぐって、ニャーいう幸せもあると思うんですよね。
大事に大事に守って、災害時に縮こまってしまい、保護が出来ない猫ではなく、ある程度、人に慣れ、外界に慣れ、たくましく生き延びる子になって欲しいのです。

ああ、また、「行こう」と呼んでいます。持久戦ですね。こりゃ。でも、ちゃんと通じると信じています。

夜と海と雷と。

最近、うちの猫が体験したことです。

夜10時になると、玄関で待機です。で、まずは、抱っこでマンションの共有部分を見学、
歩きたくなるので、「じゃあ、ハーネスをつけるよ」で、ハーネスをつけてにゃんぽタイムへ。

迷彩柄のハーネスなので、うちではソルジャーと名をつけているのですが、
本当に兵士のように匍匐前進で進みます。ちょっと面白いです。いや、猫の本能と警戒心の現れですが。

気づいたら、習慣になってしまったので、動物病院に連れて行き、虫除けをしてもらいました。
「ダニはいいんじゃないかな?」
外を歩くなら、ダニ避け必要な気がしますが、より強い薬になってしまうので、ここは、よしとしましょう。

先生としては、完全室内飼いが理想だそうですが、ハーネスでちょこっとは、容認ってところでしょうか。
私がハーネスにゃんぽをさせるのは、災害時対策です。
少し、外を知っておかないと、生き延びられないと感じるからです。
人に慣れて欲しいし、車が怖いと知って欲しい。
結果、猫のテリトリーは広がってしまったわけですが、脱走リスクも考えつつ、でも、これはよいことだと
思っております。

獣医さんに連れて行ったついでに、海も見せました。
今まで見たことがない風景に、ぶるぶる。
すぐに撤収。でも、いつかまた行きましょう。

そして、今朝は雷です。うちの近くで鳴っていたので、「大丈夫だよ」と言って聞かせました。
だいぶ落ち着きましたが、旦那を送るときに、玄関で雷の閃光を見てしまい、猛ダッシュで家の中に逃げました。
そうそう、おうちは安全、それを学んでくれれば、いいのです。

夜と海と雷と。
黒猫さんの世界、広がっております。

余談ですが、もう5.38あるんですって。
「この猫の体格としては、4キロ前半に抑えたいところ」と獣医さんに言われたので、
ゆるゆるダイエットの開始です。
気になるのは、歯肉炎。これはもう一年前から持っていて、今も、歯茎が赤いです。
「3歳になったら、歯垢を取ることを考えましょう」と言われましたが、それ、全身麻酔なんですよねー。
ハミガキチャレンジしなければ!ですね。頑張ります。頑張りましょう。