頼れるナイト

昨日は、Gが出ました。
うわああああ!となりました。

旦那は、「やっつけろよ」と他人事でした。

ここ十数年見てなかったので、どう対処するんだっけ? になりました。
「ホウ酸団子、買ってこなきゃ」
「猫がいるのに?」
「猫の手が届かないところに仕掛けるよ」
「チョイチョイ案件だろ、それ」みたいなやり取りがあり、なすすべもなく、寝たのですが。

夜中3時、ガサゴソガサゴソ。

「どうした?」と猫に声をかけたのですが、なんとなく、わかっていました。
わかっているけれど、認めたくなくて。

黒猫さんは、風呂敷入れと格闘しています。
そこか!!! そこに入ったのか!!!

ガサゴソガサゴソ。
「どっか行っちゃったんじゃない?」

ジーッ!

「どうしたの? わあああああ!!!」

仕留めてました。しかも、「ホレ、これだろ」と言わんばかりに、わかりやすく、見せてくれます。

「あ、ありがと」

すぐに、キッチンペーパーとゴミ袋で処理をしました。
よかった、バラバラ事件じゃなくて。
ちゃんとわかっているっぽいんですよね。
「これ、イヤなんだろ?」って。

退治の過程では、手とか、口とか、まあ、いろいろあったのでしょうけれど。
でも、私の「うわああああ!」から、シャキーン!となって、侵入者退治をしてくれた実行力をたたえたいと思いました。仕方ない、G退治キスも、あまんじて受けよう!とハラを決めたのですが、キスはなかったです。

どんだけ、ナイトなのでしょうか?

風呂敷は、もちろん、全洗いです。縮緬が4、5枚あって、迷ったのですが、
イチイチクリーニングに出していたら、高くつきます。
ミニチュア風呂敷でいいことにして(ホントに縮みますよね)。

洗いあがったようです。干してきます! うちのナイトは、午睡に入りました。
旦那よりも、よっぽど頼れます。すごいなあ、猫って。

 

ダイナミックシンメトリーと愛について

昨日は、スマホの写真の上手な取り方を習いにいきました。

伊勢丹のイタリア展にも、行こう話が出て(正確には私が出して)、
夕方から飲みました。

間、スキマが空いたので、この前大雨で行きそびれた
日本橋高島屋の「黒柳徹子×田川啓二コレクション もっと SU・TE・KI!展」をのぞいてきました。これがまあ、すごいったら! 黒柳徹子さん、おひいさまですよ!

 

言われてみれば、確かに、ザ・ベストテンは、相当ファッショナブルでしたよね。
でも、玉ねぎ頭に気を取られて、ファッションにあまり目がいかないというか。
まあ、私も、もっさい子供だったしなー。
明治でも、大正でもない、昭和の豊かさ、
あの時代の美意識が、ぎっしりと詰まっています。

ちょっと奥さま集団がワサワサなので。
時間を外して、夜とかに、もう一度見に行きたい気がします。

最後がananのパンダのニットで、「おお!」っと思いました。


あの時代、そう平凡出版社からマガジンハウスに変わって、バブルを迎えて……、

あのころ、ホント、キラキラ、ギラギラしていましたよねー!!

ここ10年で出会った年上の方を思うと、「そういうことかー」なのですが、
今は、ナチュラルライフに転向していても、かつては、そういう時代の最先端で
働いていた人ばかりなんですよね。パルコやら、西武やら……。
その広告部、アートシーンで。

ちょっとあなどれない催事なので、よかったら!

で、三回目のイタリア展は、友人3人と行きました。
調子に乗って、めちゃお金を使いました。反省。でも、美味しかったです。
昨日の反動で、「あれ、きょう、食べるものがないじゃん!」になっています。バカだね。

しこたま買い込み、友人宅へ。

カメラマンさんに会ったので、「きょう、こういうの、習った!」って自慢気に言ったら、「ダイナミックシンメトリーだね!」って教えてもらって、さらに高度なワザを聞かされました。むーん、出来るとおもえない!
友人のお子様がハマッている魔女×戦士マジマジョピュアーズをエンドレスで見せられて……。
「愛について今日も誰かが歌うよ」が頭から離れません。た、助けて!

さっき、いただきものの味噌煮込みうどんで、和のおいしさで戻ってきました。

黒猫さんの足がおかしく見えて、獣医さんに連れて行ったら、
ただの古いツメが抜けただけ診断で、相当マヌケで、

でも、キャリーに入れてから大暴れした黒猫さんの目が赤く傷ついていて、
「ケガならいいけれど、自己免疫の病気だと厄介」と言われしまい、
えー!でした。まあ、昨日までなかったから、中身入りでキャリーが落ちたせいだと思うんですよね。ごめんよ、私が悪かったよ。

きょうは、初校の嵐! お仕事の戻りをどんどんお返しして、今から心理テストをいっぱい作ります。頑張ります!

では、金曜の午後も頑張りましょー。オー!

猫エステ、お腹の贅肉を容赦なく揉みほぐしていきます(笑)。

 

ちびっこ黒猫さん

黒 野良猫 黒

劣悪な環境の中にいて、「子猫が死にそう」で保護しにいきました。
ミルクとフードで、なんとか捕獲。

ちびっこの黒猫さん。

黒 ピンくー

黒猫 こちらは、二か月後。
猫 2015年暮れ。

 

グル グル

かわいいグルさま。2015年9月、幸せな猫時間。

思考の深みへ。

黒猫

朝、起きて、飛び込んできたのは、こんな景色です。

飼い主に似て、ちょい太りすぎな黒猫さん、普通のキャットタワーでは、どこかがはみ出すため、大型猫用を買いました。おかげさまで、すっかり、すっぽり、居心地よさげにしています。が、我が家、部屋の数よりキャットタワーがある家になりました。猫カフェやるか?な勢いです。

きょうは、遠方から友きたる、で、水道橋に行きますよっと。ちょい時間を勘違いして、諦め気分で向かっています。

最近食べたボーノボーノ!

リゾット リゾット

これは、美味しかったです! 伊勢丹、イタリア展。

新規でいただいた仕事が、わりと深く、いつも使わない脳みそをフル活用しています。フルフルフルルー!

では、秋分の日、みなさま、充実の一日を!

大事なことはみんな猫に……

おはようございます。

易の先輩に「あなた、人間、5時間寝ればなんとかなるのよ」と熱く説かれ、
そうか、そういうものかと気を付けている毎日です。

が!!!

5時間って、難しい!

もともと、私は、ロングスリーパーだったのですが、猫にナーナーいわれるうちに
ショートスリープを覚えたらしく、体が3、4時間で起きてしまうようになりました。

寝ようと思っても、5時間ぶっ続けが出来なくなっているのです。

なんだこれ?

さて、今朝、ひらめいたことを2つほど。

1つめ。
毎朝、グルさまに挨拶をしております。
ずっと「私がしてしまった間違いについて。ごめんなさい」と話しかけていました。
ありがとね、も言っているけれど、ごめんなさい、子供たちと引き離して、は、わりと欠かさずに。

でも、今朝は、自然に「あなたも、あの時間が気に入ってくれていたら、また、いつか会いにきてね」って言えて、似たようなことは、ずっと言っているのですが、前提が違うというか。

そしたら、合わせている手の内側がふわっと暖かくなって。
ああ、グルさまは、私に会いに来たがっていたのだと、やっとわかったのです。

メロドラマみたいだけど、会えたら、きっとわかります。ああ、グルだ、グルが帰ってきたって!

小さな、かわいいグル。しげみのなかで、どこにいるか、すぐにわかったグル。
遠くにいても、呼びかけると、ひょこっと顔を出してくれたグル。
海が似合う猫。

私の大親友。

もうひとつは、好奇心と認知について。
この前、白ちゃんのケリケリで気づいたのですが、黒猫さんは大人になっていて、
旦那が不在の夜は、それほど、ワガママを言わなくなりました。気を使ってくれているのがわかります。

今朝も、朝4時近くに、ふと目覚めてしまって、「あーあ、5時間に届かなかった」って思ったのですが、トイレに行って、また寝直すために、長袖長ズボンに着がえたのですね。安眠を狙って、すると、するっと黒猫さんがやってきました。

「おはよー」で、きっと外に行くって言うだろうなあと思っていたら、何も言わずにベランダに出ていきました。ので、とりあえず、ベッドに入ったら、静かなんですよ。あれー?

でも、「あー、コレ、二度寝できないやー」って気づいて、ベッドから出たら、また、「ニャー」になって。でも、外に行く前に、猫トイレ掃除して、待機しているジジのごはんを出して……、ああ、きょうは不燃ごみの日だから、絶対に出さないと!でゴミをまとめていると、「行くの?」って玄関までついてくるので、「うん、ゴミだしたらね」で戻ってきて、すると、うにゃうにゃ逃げるので、「まてー」って乘ってあげて。

行きたいくせに行かないって感じになるから、無理やり抱いて、外を見ていたら、くしゃみと鼻水が止まらず、「すまぬー」で一回戻ってきて、そしたら、「もういい」って感じで去って行ったんですね。

すると、今度は最近、玄関の前のスペースがお気に入りのジジちゃんが
「アタシの番よね?」みたいになって、ジジは遠くにはいかないので、玄関だけあけてあげて、いつ黒猫さんが「なんだ、フリータイムか?」って来ても、すぐに抱けるように体制を整えて、ちょっと外気浴みたいにさせているのですが。

すると、上の階から早出のおじさんが「おはようございます」で降りてきて、ジジが「有事、有事!」みたいな感じですっ飛んで戻ってくるので、「おはようございます」してから、玄関を閉めて、ようやく、今朝の行事は終わったのでした。ア、テーブルの上の猫フード、取り換え忘れているけど、これ書き終わったら、やりましょうっと。

ダラダラ書いておりますが、要は、黒猫さんが落ち着いているという話なんですよね。

クシャミ、ハナミズで一回家に戻って、「うん、もういい」になるなんて!
前だったら、「行く、行く、ハナ、かんだでしょ? 僕、行く」だったのに!
外みて、「ふーん」って思って、「OK」になったんでしょうねえ。

好奇心の強さは、若さに関係があり、「知っているもの」になった途端、興味は失われます。

知らない!
何々?
面白そう!

これって、若さが原動力で、年齢と経験で落ち着いていきます。
黒猫さんの認知は、ラクはラクですが、ちょっと寂しい気もして。

というわけで、今朝は、「悔恨と謝罪ではなく、感謝と愛」、
「好奇心が大事」かな? 猫ねこネコライフ。おっと、ジジが来たので、この辺で。
まだ、朝行事が終わってませんでした、約15分膝にジジをのせるのです。頑張ります!

あー、そうそう、黒猫さん抱っこで思ったこと。
この季節になって、「わあ、猫ってあったかい」と。で、このあたたかさが、生体エネルギーなんですよねえ。あったかい。私も、暖かい人間になりたいです。ほわーん、ずっしり、猫。

2018年9月19日 | カテゴリー : 日々のこと | タグ : | 投稿者 : 章月綾乃

白ちゃんケリケリ

一昨日、「わあ、うちの黒猫さん、もう4歳だった!」と気づいて、相当びっくりしたのです。

なんとなく、まだ、3歳だと思っていました。
どうも、その間違いが黒猫さんのプライドを傷つけたらしく、ちょっとギクシャクしております。

2015年9月、黒猫さんは我が家に来ました。
2016年11月、グル様を保護し、
2017年2月、グル様が旅立ってしまいました。
その二日後、黒猫さんの様子がおかしい、旦那がメソメソメソメソしているので、
シェルターから、黒猫さんと同い年のジジをもらってきました。

黒猫さんも、ジジも4歳です。去勢していますので、やっぱり子猫風味なのです。

が、昨日、正確には、今朝、あくまでも「風味」であることに気づきました。

それは、ご近所猫の白ちゃんが「かまって、かまって、僕カワイイでしょ?」で
ゴロンゴロンしたときに、わかりました。

黒猫さん、ちょっと世間知らずなので、猫を見ると、「おい、尻のニオイかがせろや」をするんですよね。偉そうなわけ。
猫のマナーとして、まず、鼻チョン、それから、尻確認だと思うのですが、最初の鼻チョンを気楽に破ります。

で、これまでは、白ちゃんも、はっちゃんもチビっこだったので、黙って嗅がれていましたが、最近は彼らも大きくなって自我も発達し、「やなこった」をするわけですね。
黒猫さん、自分が無礼なくせに、「シャー」言ってます。
あんた、それじゃ、モテない男だよ……。

仕方ないので、最初に私が、ご近所猫をあやして、スキを見て尻嗅ぎに持ち込む姑息な手を使っているのですが。まあ、成功率は30%くらいです。そもそも、黒猫さん、私に抱かれてますしねえ。そう簡単には参りません。

で、ここが本題なのですが、昨日、白ちゃんをあやしていたら、じゃれながら、私にケリケリをかましてきたんですよ。

ケリケリ!!!!

ついぞ、見てないぞ、そんなの!!!

もう懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

ケリケリ!!!

子猫っぽさが抜けないなーと感じていましたが、黒猫さんも、ジジも、人間に換算したら、もう30代、それなりに落ち着いているんですねえ。

まもなく、黒猫さんと暮らす4年目に入ります。
ジジちゃんは、2年目。

ずっと一緒にいられるといいのですが。睡眠2時間、3時間で起こされても、
旅行に行けなくても、猫との暮らしを選びます。相当、削られていますが、もらえるものも大きいです。

猫は猫に生まれ変わる、は、本当なのでしょうか???
ずっと猫のまま、まあ、人間になるなんてまっぴらさ!って思っていそうですが。

ベローチェのふちねこ、欲しかった箒に乘ったベビーを手に入れました。
今回は、そんなに萌えません。だって、うちの黒猫たち、コスプレなんてしないもの。裸で勝負! まあ、キャンペーン中は、見つけたら入りそうですが。ベローチェやシャノアールに。わざわざ遠回りしても好んで入ります。とんだ猫バカですね。あはは。

 

腹黒化。

8月のジジちゃん

 

 

 

 

 

 

たまには、カワイイやつを。

ジジは、よくぬいぐるみのように床に落ちています。
大昔に流行ったくったりぬいぐるみの質感です。

上から見てみましょう。

ジジ上部

アンニュイ。

ジジ下部 

下半身。

ハゲハゲ
2017年春の画像と比較してご覧ください。見事に、腹黒化が進みました。

というか、驚きました。

こんなに真っ白だったのかー!!!

 

本当は、黒猫さんのお腹も撮りたいんですよ。

うちの黒猫さん、おなかに顔があるの! スマイルマークがあるの!

なかなか撮らせてもらえません。

朝、仕事部屋に行くと、たいてい椅子の上はこんな風です。

ジジ バンザイ

では、きょうも頑張っていきましょう。バンザーイ!

だれです? 私の足が気になるとおっしゃるのは? 映りこんじゃったね。あはは。

どういうことなのだ? NECよ!

えっと、二台続けて、PCは、NECです。

最新のものは、廉価版を試しております。
まだ、使い始めて、半年経ってないと思うのですが、
プリンターに接続が出来なくなり、ファイルを落とせなくなりました。
なんだ、これ?

仕方ないので、もうぶっこわれかけている先代のNECも出してきて、
やってみましたが、こちらもダメ。

プリンターがダメなの???

でも、急を要するプリントがあったので、試しにサブの東芝を
引っ張り出してきました(何台あるのだ?)。
もっとも、サブは、悪名高きWindows8でございます。

使いにくいのです。

東芝は余裕で使えました。
つまり、NECがダメってこと!

ウィルス感染とかしたのでしょうか? ちょっとわかんないんだけど。

午前中は、これで飛びました。

午後は、雑務のかたまり。途中、ちょっと寝て(まだ、疲れが取れません)、
修正、メール、メール、メール、告知……。

仕事が出来なーい!!! 今からやりますが、すでに22時回っています。
黒猫さんが真横にスタンバイしています。

で、今年一番の幸せ仕事、きょう、発売です。
an・anのにゃんこ特集号、お猫様の写真にコメントをするなんて、
なんという幸せでしょう。かわいいがいっぱいです。
ぜひ、ご覧くださいませ。シールも、かわゆいのです。ニャー!

趣旨を変えたら

私、長時間電車移動が多いため、折りたたみ傘派なんですね。電車の中で、長傘邪魔ですから。

が!

目が合ってしまいました。カレン・マボンの猫の目が光る茂みシリーズ。ジジ! ジジがいます!

松屋さんからのDMで知り、行かねば!と思っていたのですが、出掛けにリアル猫の引き止めに合い、出そびれてしまい、銀座に行けませんでした。

広告と色違いがあるはずだから(スカーフに同じデザインがありました)、問い合わせて、取り置きか、取り寄せしてもらおうかなーと思っていたら、伊勢丹にありました。3秒で買いました。

かなり派手です。この傘を生かすコーディネートは、大変です。そして、やはり電車の中では、長傘は、邪魔なのでした!

ご近所傘になることが、決定! 安くないのに!

ま、仕方ないの。だって、ジジなんだもーん。

きょうは、猫の馬跳びを見ました。ジジが黒猫さんを飛び超えました。ジジは、断尾しているので、たいしてジャンプ力がありません。が、気楽に飛び超えました。

たまたま目撃した私は、びっくり。

馬にされた黒猫さんも、びっくり。

黒猫さん、怒ってました。猫の馬跳び、ググりますと、画像が上がってます。すごい! よくぞ、あんな瞬間芸を!

最近、ジジちゃん、運動神経よくなっています。前は出来なかったことも、出来るようになってます。相変わらず、利かん気で、すぐに噛むんですが。でも、だいぶ、心が通じてきました。

傘にもなったしね!

ネイルサロンに行きまして、お任せしていたら、指先が和菓子になりました。

「和だねー」

「そうですか?」ネイリストさんは、少し、不服そうでしたが、和菓子にしか見えませぬ。抹茶の水羊羹とか、わらび餅といいますか。なんかお腹が空きます(笑)。

本店前、素通りできませんでした。

 

本日の野望。

寝冷えで風邪をひきかけたり、なかなか間抜けな連休を過ごしております。
まあ、連休とは名ばかりで、働いています。ここで一気にやらないと、あとがつらいので。

今朝は、黒猫さんのご機嫌がななめで、ちょっと苦労しました。
夜、呼ばれても起きなかったのかもしれませんね。

連休中は、とても静かです。
人がいないみたい。

本日の野望は、海まで歩くこと。ついでに、スニーカーを新調することです。
でも、夕方までに仕事が片付けば、という話。

友人が大きい舞台に戻ることになって、本当によかったなあと思います。
でも、奇跡とかではなく、当然かも。本当に舞台の上でキレイなので。
たゆまぬ努力や積み重ねがあっての今なのでしょう。
彼女を見ていると思います。きちんと条件を満たしていても、自分でアピールしないといけない。しかるべき手続き、人生にエントリーする作業みたいなのは、必要なのねって。じゃないと、誰も認めてくれない。気づいてくれない。ここにいるのに。

やりたいことがいくつか。
少し、家から離れて、頭を整理したい気もしますが。
ま、もうちょっと、グツグツ煮ておきましょう。濾すのは、もう少しいろいろ煮詰めてから。

夢ばかり見ます。とりとめのない夢、ハッとするけれど、流れていく夢。
ああ、そうそう、昨日、ディズニーの『魔法にかけられて』を10年ぶりにくらいに見直しました。
笑っちゃうほど、くだらなくて。あれ、昔、コレ、すごくいいって思ったのになあと。
何がよかったのか、もう思い出せないです。ディズニーのB級仕上がりというか。
でも、上映当時は、すごく好きでした。
あの当時、心に穴が空いていたから、ポンッとハマッたのかもしれません。

仕事をしていたら、「トントン」という音が聞こえて、きっと何かの加減なのでしょうが。
昔、星新一さんの『ノックの音が』という作品があったなあと。
そこから、ショートショートの全盛期、ハヤカワ書房ばかり選んで読んでいたことを思い出しました。
いっぱい読んでいたら、担任の先生が「このクラスによく本を読む人がいる」と言い出し、
え、なんで先生知っているの? 見てくれていたの?と幸せに満たされた次の瞬間、
「〇〇くんだ。彼は、星新一を全部読んだ」みたいな話が続いて。

喜んでバッカみたい。
私、バッカみたい。と傷ついたことを、たまに思い出します。
〇〇くんは、イチイチ報告していたのでしょうね。先生、先生、これを読みました、あれも読みました。
ああ、うざったい。と思ってしまうあたりが、私の限界でございます(笑)。
あ、でも、〇〇くんは、ちゃんとエントリーしていたのかー。

他にも、ブレもあって。
小学校5年、6年と校外で絵で賞もらい、それなりに自信があったのに、学校の図工は、五段階評価の3とか、4とか、全然ホメられない。いくら子供の絵が審査員の主観で選ばれているとはいえ、あれは、本当にバランスが取れなかったです。

そうそう、こうやってモノを書いて暮らしていますが、一度も、そう、一度たりとも、
学校で賞をもらったことはないんですよ。

たまに思いますが、先生とのご縁ですよね。
いい先生に出会えれば、未来が変わっていきます。
先生に限らず、大人でもいいのかも。

今朝、目覚めて、「そうだよなあ。自己肯定が出来ないまま、大人になっちゃったんだよねえ」と
思い出しました。非常にアンバランスで、普通の人が出来ること、当たり前に享受していることが
欠けていて、まわりには大変迷惑をかけたと思います。

タイミング的に学級崩壊、校内暴力の時代だったとはいえ、本当に運がよろしくない。
おさななじみと話した時に、「よりによって、あの学校。地域でも評判悪かったんだよね」と
言われて、そうだったのかーと妙に腑に落ちました。

環境は、本当に選べなくて。
親も、選べなくて。

でも、それを超越して、生まれる前に「OK、初動運はなしでいいや。そこからどこまでやれるか、
試す人生にしてみる」だったかもしれないので。んな、ハードモード、選ぶなよー!!!ですが。

何が言いたいのか、さっぱりわからない日記になっていますが。
学校での評価なんて、あんまりアテにならないよーってこと。
ただ、断片的に校外に手掛かりがあっても、本人の強い意志とか、親の助力とかがないと、つなげていくのは難しいですね。意志を持つためには、自信や自己肯定が必要なんだけど、そこがぶっ壊れて機能しない場合、まわりが歯がゆい思いをしても、うまくかみ合っていきません。

ま、いくつかのチャンスをダメにしてもいいんじゃないでしょうか。
それぞれ、実をつけるタイミングというものがあると思うので。

私が「えー、それはどうなの?」って思うのは、「もう〇〇歳だから」というブレーキです。
年を重ねたからこそ、出来ることもあると思うのです。
いや、満足していればいいんですよ? でも、そうじゃないじゃない?
だいたい、家族のこと、仕事なんかにいろいろ吸い取られて、時間の経過で一段落して、ふと自分を顧みて「あれ、もう残り時間が少ないぞ?」と焦りだし、「そっか、もう〇〇歳だからな」みたいな納得をしようとしているだけ。

過去には戻れないし、若さとか、体力とか、万全な体とか失ったものもあるだろうけれど、まだ、私たちはここにいて、なにかの役目を担って生きていて。

きっと、ここまでの時間があっという間だったように、ここからの時間もあっという間ですよ。
次の瞬間には死んでいるかもしれない。ただ、生きている間は、自分のことを好きで、楽しくて、幸せで、というのがいいですよねえ。

何をしている時、自分が幸せなのか。
達成ではなく、たぶん、過程の中に幸せはあって。

絵は、中学で出てきたデッサンであっさり挫折し、高校になって美大を目指すコたちのレベルに打ちのめされました。あ、もう絵を得意なんて言えないって。でも、大人になってから、なぜか美術展を見るようになりました。
そうやって、諦めたり、捨てたりしたものが繰り返し、繰り返し、戻ってくるというのが、私の人生のパターンなのかもしれません。所詮、狭い範囲でしか生きられないんですよねえ。範囲は狭いのですから、あとは、レベル上げかもしれませんね。

黒猫さんの爪を切ったら、逆襲され、顔をかまれました。ジジの番なのに、ジジはソファの陰に隠れています。黒猫さんがニャーと鳴くので見に行ったら、ジジがちゃっかりソファの下から出ていました。「ジジ、出てきたよ。ツメ切れば?」と教えてくれているのでしょうね。あはは。
とりあえず、顔の痛みと共にきょうは働きます。いいお天気、みなさまも、楽しい一日を!